ホーム 無責任トーク 予想 データ ニュース 相場ひとひねり よそうかい横丁 リンク サイト案内

はやみみニュース アップデート



6月

2018


          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


カテゴリーリスト

検索




最近のはやみみ


2018年06月11日(月)

2018年ロシア小麦生産見通し、アナリストの下方修正相次ぐ
  [穀物・大豆]

ロシアの主要アナリストによる同国の2018年穀物生産見通し下方修正が相次いでいると報じられた。農業顧問SovEconは、2018年の穀物生産見通しを1億1960万トンと、従来の1億2620万トンから引き下げ、ロシア農産物市場研究所(IKAR)は1億1700万トンから1億1470万トンに改定。いずれも背景にあるのが小麦の生産見通し下方修正である。春小麦の主要生産地であるシベリアやウラル地方で多雨と気温低下による影響が指摘されている。

SovEconの小麦生産見通しは7310万トン、IKARが7150万トンでそれぞれ390万トン、200万トンの下方修正となった。SovEconはまた、春小麦だけで1910万トンの生産をみており、2220万トンから引き下げた。このほか、冬小麦は80万トン引き下げて5400万トン。ただ、ボルガ地方の天候が改善するなら上方修正もあり得るとした。

Posted by 直    6/11/18 - 10:19 

ページのトップへ ページのトップへ

WEB会員




当ウェブサイト上で提供している内容は、信頼に値すると判断した情報を基に作成されていますが、
あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。
投資の決断は、投資家自身の判断に基いて下してください。
先物取引はリスクの高い取引であり、多大な損失をもたらす場合があります。
投資を行う前には 十分な考慮が必要です。

Copyright © 2017-2019   Yosoukai Global Investors, Inc.,  All rights reserved
無断転載、引用は固くお断りします

会社概要サービス広告掲載 プライバシーポリシーお問い合わせ