ホーム 無責任トーク 予想 データ ニュース 相場ひとひねり よそうかい横丁 リンク サイト案内

はやみみニュース アップデート



6月

2018


          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


カテゴリーリスト

検索




最近のはやみみ


2018年06月07日(木)

FX:ドル安、貿易摩擦への懸念や米長期金利の低下が重石
  [場況]

ドル/円:109.70、ユーロ/ドル:1.1798、ユーロ/円:129.44 (NY17:00)

為替はドル安が進行。米国の強硬な通商政策を巡る懸念が改めて高まる中、ドル売りが優勢の展開となった。米長期金利の低下もドルの上値を重くした。ドル/円は東京から売りが先行、110円をやや割り込んだあたりまで値を切り下げての推移となった。ロンドンに入っても特に新たな動きは見られず、NY朝には110円台まで買い戻される場面も見られたが、中盤にかけては改めて売り圧力が強まり、109円台半ばまで値を崩した。午後には売りも一服、109円台後半でのもみ合いとなった。

ユーロ/ドルは東京から買いが優勢、1.18ドルをやや割り込んだあたりまで値を切り上げての推移となった。ロンドンに入ると改めて買い意欲が強まり、1.18ドル台前半まで上げ幅を拡大。NYに入ると買いも一服、徐々に売りに押し戻される格好となり、午後遅くには1.18ドルを割り込んだ。ユーロ/円は東京では129円台後半のレンジ内での推移、ロンドンに入ると買い意欲が強まり、130円をやや上回るまで値を切り上げた。NYに入ってもしばらくは130円近辺で方向感なく上下を繰り返す展開が続いたが、中盤以降は売り圧力が強まり、129円台前半まで値を下げた。

Posted by 松    6/7/18 - 17:30   

債券:反発、米国・主要国の貿易摩擦懸念強まる中買い進む
  [場況]

債券は反発。米国と主要国の貿易摩擦懸念が強まっている中、主要7ヶ国(G7)首脳会議の先行きにも警戒する格好となり、安全資産の需要が高まって買いが進んだ。夜間取引では前日の売りの流れを引き継ぐ形で10年債利回りは上昇、3%に迫る場面もあった。しかし、通常取引で買いが入り低下に転じ、午後には2.88%まで下がった。

Posted by 直    6/7/18 - 17:25   

ブラジルコーヒー輸出:7日現在8.91万袋と前月を57.9%下回る
  [コーヒー]

ブラジルコーヒー生豆輸出
出所:ブラジルコーヒー生豆輸出協会(CECAFE)、単位1,000袋(60kg)

6月7日 6月累計 前月(5/8) 前月比 前年比
輸出合計 40.315 89.094 211.807 ↓57.9% ↓28.4%
>アラビカ種 35.885 78.202 189.687 ↓58.8% ↓24.2%
>ロブスタ種 0.000 0.000 2.319 - -
>インスタント 4.430 10.892 19.801 ↓45.0% ↓49.1%

Posted by 松    6/7/18 - 17:17   

株式:ダウ平均が続伸となる一方、S&P500とナスダックは反落
  [場況]

ダウ工業平均:25,241.41↑95.02
S&P500:2,770.37↓1.98
NASDAQ:7,635.07↓54.17

NY株式はダウ工業平均が続伸となる一方、S&P500種とナスダック総合指数は反落。ここまでの上昇局面でやや出遅れ感のあるダウ銘柄などの大型株には引き続き買いが集まったものの、G7首脳会合で独仏が米国の通商政策などに対して異議を唱える意向を示すなど、政治的な先行き不透明感の高さが改めて懸念材料視される中、ハイテク株などにはポジション調整の売り圧力が強まった。ダウ平均は寄り付きからしっかりと買いが先行、早々に100ポイントを超える上昇となった。その後は買いも一服、中盤以降はナスダックなどが値を下げるのにつれて上値が重くなったものの、最後まで高値近辺は維持したまま取引を終了した。

セクター別では、石油サービスなどエネルギー関連が大きく値を伸ばしたほか、生活必需品や通信、公益株もしっかり。一方で半導体やコンピューター関連、素材、金間連やバイオテクノロジーは値を下げた。ダウ銘柄では、マクドナルド(MCD)が4.37%の上昇となったほか、シェブロン(CVX)は2.90%、プロクター・アンド・ギャンブル(PG)は1.90%それぞれ上昇。トラベラーズ(TRV)やホーム・デポ(HD)もしっかりと推移した。一方でインテル(INTC)は2.02%の下落、ビサ(V)ヤマイクロソフト(MSFT)、シスコ・システムズ(CSCO)も1%を超える下落となった。

Posted by 松    6/7/18 - 17:03   

大豆:続落、米中貿易摩擦懸念など重石で売り優勢
  [場況]

CBOT大豆7月限終値:974-1/4↓20-0

シカゴ大豆は続落。米中の貿易摩擦懸念に加え、朝方発表された週間輸出成約高が予想を下回ったことや米主要生産地の天候改善なども重石で、売り優勢となった。7月限は夜間取引で小刻みな売り買いによって前日終値を挟んでのもみ合い。朝方にいったん買いが進んだが、990セント台後半まで上がってすぐに値を消した。マイナス転落し、ほぼ一本調子で下落。取引終盤には973-0セントと1月12日以来の安値を付けた。

Posted by 直    6/7/18 - 16:58   

コーン:続落、大豆の下落に追随して売りの展開
  [場況]

CBOTコーン7月限終値:376-1/4↓2-0

シカゴコーンは続落。大豆の下落に追随する形で売りの展開になった。7月限は夜間取引で買いが先行し、380セント台に上昇。小じっかりと推移していたが、通常取引に入って売り圧力が強まり、下げに転じた。そのまま下落が進み、374-1/4セントと2月6日以来の低水準で下げ止まり。取引終盤にややマイナス幅を縮めた。

Posted by 直    6/7/18 - 16:50   

小麦:続伸、米国や黒海周辺地域などの乾燥懸念が買いを支援
  [場況]

CBOT小麦7月限終値:526-3/4↑7-0

シカゴ小麦は続伸。米国や黒海周辺地域などの乾燥懸念が買いを支援する格好となった。7月限は夜間取引で買いが進み、じりじりと上昇。530セント台に上がり、通常取引に入って537-0セントと5月29日以来の高値を付けた。ただ、上値で利食い売りもありその後は520セント台に伸び悩んだ。

Posted by 直    6/7/18 - 16:48   

4月消費者信用残高は前月から92.6億ドル増加、予想下回る
  [経済指標]

消費者信用残高
出所:連邦準備制度理事会(FRB)、NY15:00発表、季節調整値、単位10億ドル、年率換算

18年4月 前月比 (年率) 18年3月 市場予想
消費者信用残高 3882.54 ↑9.26 ↑2.9% ↑12.28 ↑13.90
>回転(Revolving) 1030.73 ↑2.26 ↑2.6% ↓1.10
>非回転(Nonrevolving) 2851.81 ↑7.00 ↑3.0% ↑13.38

続きを読む

Posted by 松    6/7/18 - 16:14   

天然ガス:続伸、冷房需要の増加や在庫の低さが買い呼び込む
  [場況]

NYMEX天然ガス7月限終値:2.930↑0.034

NY天然ガスは続伸。季節的な冷房需要の増加観測や在庫水準の低さが改めて材料視される中、大きく買いが先行した。7月限は夜間取引から買いが優勢、2.90ドル台を回復しての推移となった。朝方にかけては断続的にまとまった買いが入る格好となり、通常取引開始後には2.90ドル台後半まで一気に上げ幅を拡大。その後は上昇も一服、売りに推し戻される格好となったものの、プラス圏はしっかりと維持して下げ止まり。在庫統計は予想をやや上回る積み増しとなったものの、反応は特に見られなかった。午後からは値動きも一服、2.90ドル台前半でのもみ合いが続いた。

Posted by 松    6/7/18 - 14:55   

石油製品:反発、原油の上昇につれてテクニカルな買いが加速
  [場況]

RBOBガソリン7月限:2.1148↑0.0448
暖房油7月限:2.1799↑0.0533

NY石油製品は反発。原油の上昇が下支えとなる中で、それまでの下落の反動もあってテクニカルな買い戻しが集まった。相場は夜間取引から買いが先行、通常取引開始後は原油が一段高となる中で改めて買い意欲が強まり、中盤にかけて大きく上げ幅を拡大。その後も上昇の勢いは衰えず、引け間際にまとまった買いが入ると一段と値を伸ばす展開となった。

Posted by 松    6/7/18 - 14:50   

原油:反発、ベネズエラやイランの生産減少が改めて買い呼び込む
  [場況]

NYMEX原油7月限終値:65.95↑1.22

NY原油は反発。ベネズエラやイランの生産減少に対する懸念が改めて材料視される中、日中を通じてしっかりと買いが集まる展開となった。7月限は夜間取引から買いが優勢、早朝にかけては騰勢を強め、65ドル台半ばまで値を切り上げての推移となった。通常取引開始後も買いの勢いは衰えず、中盤には一時66ドル台を回復するまでに上げ幅を拡大。その後は上昇も一服となったものの、最後まで高値圏はしっかりと維持したまま取引を終了した。

Posted by 松    6/7/18 - 14:50   

インド主要給水所貯水量、北部や中部はじめ前年下回る
  [天候]

インド水資源省によると、91ヶ所ある主要給水所の貯水量は6月7日時点で最大能力の17%になった。前年同期の20%、過去10年平均の19%を下回っている。特に北部が14%で、前年の25%から大きくダウン。ウッタルプラデシュ州などの中部も22%になり、前年の31%を大きく下回った。このほか、マハラシュトラ州を含む西部の貯水量が前年の19%に対して14%に、東部では24%から21%にそれぞれ下がった。一方、給水所の数が31と最も多い南部では12%と、前年の7%を上回った。

CWCの高官は地元メディアに対し、モンスーン入りしたこともあって、現時点で警戒するレベルではないと述べた。インド気象局(IMD)の見通しでは、2018年のモンスーン(6-9月)の降水量は長期平均(LPA)の89センチメートルの97%。LPAの96-104%が通常量とみなされ、IMDは平均的な降雨を予想している。

インドの給水所は、飲用にはもちろんのこと、国内で灌漑農地が約半分しかないことから、大豆やコーン、砂糖きびなどの作付や生育に欠かせない。また、秋の作付の鍵も握るとされている。

Posted by 直    6/7/18 - 14:15   

金:小幅反発、長期金利の低下やドル安支えに買いが先行
  [場況]

COMEX金8月限終値:1,303.0↑1.6

NY金は小幅反発。米長期金利の低下やドル安の進行が下支えとなる中、ポジション整理の買い戻しが先行する展開となったものの、上昇局面では売り圧力も強く、値幅は限定的なものにとどまった。8月限は夜間取引から買いが優勢、1,300ドル台前半でのもみ合いとなった。朝方には商いの薄い中でまとまった買いが入り、通常取引開始後には1,307.8ドルの高値まで値を伸ばしたものの、直後には大きく売りに押し戻される格好となり、1,300ドルを割り込むまで急反落。中盤には値動きも落ち着き、ややプラス圏に入ったあたりの狭いレンジ内での推移が続いた。

Posted by 松    6/7/18 - 14:04   

コーヒー:大幅続落、ブラジルレアルの急落が投機的な売り呼び込む
  [場況]

ICE-USコーヒー7月限終値:115.70↓2.55

NYコーヒーは大幅続落。対ドルでのブラジルレアルの急落が投機的な売りを呼び込む格好となり、期近終値ベースで5月18日以来の安値をつけた。7月限は夜間の時間帯は前日終値近辺で方向感なくもみ合う展開、朝方からは徐々に売りが優勢となり、NYに入ると118セントを割り込んだあたりでの推移となった。中盤以降は改めて売り圧力が強まる格好となり、最後は116セントを割り込むまで一気に下げ幅を拡大して取引を終了した。

Posted by 松    6/7/18 - 14:02   

砂糖:大幅反落、レアル安の進行受けて投機的な売りが加速
  [場況]

ICE-US砂糖7月限終値:11.73↓0.47

NY砂糖は大幅反落。対ドルでのブラジルレアル安の進行が大きな重石となる中で投機的な売りが加速、終値ベースで5月18日以来の安値を更新した。7月限は夜間の取引開始時には買いが先行する場面も見られたものの、早々に息切れ。早朝にはマイナス転落しての推移となった。NYに入ると商いの薄い中で断続的にまとまった売りが出る格好となり、11.70セントまで急落。中盤にかけて売りも一服となったものの、押し目で積極的に買いを入れる向きもなく、最後まで安値近辺で上値の重い展開が続いた。

Posted by 松    6/7/18 - 13:13   

天然ガス在庫は920億立方フィートの積み増し、予想上回る
  [エネルギー]

天然ガス在庫統計
出所:米エネルギー省情報局(EIA)、NY10:30発表、単位10億立方フィート

天然ガス在庫 6月1日 前週比 市場予想 前年比 過去5年平均比
全米(48州) 1817 ↑ 92 ↑ 90 ↓30.94% ↓21.59%

続きを読む

Posted by 松    6/7/18 - 11:51   

ロシアの金及び外貨準備高は前週から13億ドル増加
  [メタル]

ロシア中銀が7日に発表した週次データによると、同国の金及び外貨準備高は6月1日時点で4,585ドルと、前週から13億ドル増加した。年初の4,327億ドルからは、258億ドルの増加となる。

Posted by 松    6/7/18 - 11:49   

17/18年ロシア穀物輸出、6月6日時点で前年47%上回る
  [穀物・大豆]

ロシアの税関データによると、2017/18年度穀物輸出(7-6月)は6月6日時点で4970万トンとなり、前年同期を47%上回った。このうち、小麦は48%増えて3850万トン、コーンが530万トンと前年から9%の増加。

Posted by 直    6/7/18 - 11:19   

6月米国債入札予定額、3年債を5ヶ月連続引き上げ
  [金融・経済]

米財務省は7日、11日に控えている3年債入札の予定額を320億ドルと、前月の310億ドルから10億ドル引き上げた。2月からこれで5ヶ月連続の増額である。来週はまた、5月に発行した10年債と30年債の銘柄統合入札(リ・オープン)を行う予定で、10年債を210億ドルから220億ドル、30年債は130億ドルから140億ドルにそれぞれ引き上げた。10年債のリ・オープンは11日、30年債は12日に行う。

Posted by 直    6/7/18 - 11:12   

18/19年度世界穀物生産見通し、300万トン上方修正・FAO
  [穀物・大豆]

国連食糧農業機関(FAO)は7日付のレポートで、世界の2018/19年度穀物生産見通しを26億1000万トンと、前月発表した初回予測の26億700万トンから300万トン引き上げた。それでも、前年は1.5%下回る。

2018/19年度の小麦生産見通しを7億4660万トンから7億5410万トンに上方修正した。アルゼンチン、カナダ、米国の見通しが天候改善を背景に引き上げられたのを反映しているという。しかし、前年との比較にすると0.4%減少。一方、雑穀生産が3.2%減少して13億4460万トンになる見通しで、これは初回予測の13億4980万トンから引き下げた。主にソルガムの下方修正によるが、コーンも中国の下方修正に伴い小幅引き下げとなった。

2018/19年度の穀物消費は26億2590万トンの見通しから26億4660万トンに引き上げた。前年比にして1.2%増加、過去最高も更新する。食用、飼料用、工業用揃って消費拡大が見込まれる。小麦の消費予測は7億4330万トンから7億4350万トンに改定で、前年からは0.7%増加。雑穀の消費は13億3938万トンとみており、13億3735万トンから上方修正、前年から1.6%増加する。

穀物の貿易見通しは4億620万トンから4億960万トンに引き上げ、当初見越していた前年比0.6%減少から0.5%増加に転じた。期末在庫は前年から5.5%縮小して7億7210万トンになるとの見通しを示し、7億3550万トンから引き上げた。

Posted by 直    6/7/18 - 10:57   

18/19年度世界小麦生産見通し、750万トン上方修正・AMIS
  [穀物・大豆]

農産物市場情報システム(AMIS)は月次レポートで、世界の2018/19年度小麦生産が7億5410万トンになると見通した。前月発表した初回予測の7億4460万トンから750万トン上方修正。アルゼンチンやインドなど複数の生産国を引き上げた結果という。ただ、前年比にすると0.4%と僅かにも減少の見方に変わらない。

2018/19年度の消費予想は前年比0.7%増の7億4350万トンで、飼料向けと食用の増加が全体を押し上げるとの見方を示した。初回予測の7億4330万トンから小幅修正。貿易は1億7410万トンから1億7500万トンに引き上げた。前年から0.5%増加し、過去最高を更新。欧州連合(EU)やロシア、米国の輸出増加がアルゼンチンとウクライナの不振を補う見通しとした。期末在庫は2億8340万トンと、過去最高の予想。中国とインドで在庫の積み増しが進むのが背景にあるという。また、初回予測の2億7900万トンから上方修正でもある。

AMISは、市場の透明性を高めることなどを目的に主要20カ国・地域(G20)が設立した。

Posted by 直    6/7/18 - 10:08   

18/19年度世界コーン生産4%減少見通し、僅かに下方修正・AMIS
  [穀物・大豆]

農産物市場情報システム(AMIS)は月次レポートで、世界の2018/19年度コーン生産が10億4650万トンと、前年の過去最高から4.0%減少する見通しを示した。初回見通しの10億4730万トンから僅かに下方修正でもある。2018/19年度の消費予想は10億7240万トンから10憶9000万トンに引き上げた。前年との比較で2.0%増加、中国、中南米、ロシアを始め飼料用の増加、また工業用でも上向く見通しという。

貿易は1億4700万トンの予想で、1億4360万トンから引き上げ、この結果前年の1億4540万トン(修正値)から1.1%増加の見方に転じた。アジアの輸入需要増加、輸出も増える見通し。期末在庫は2億2690万トンから2億6240万トンに上方修正したものの、前年から15.9%落ち込む。中国と中南米、米国で縮小の見通しとなっている。

AMISは、市場の透明性を高めることなどを目的に主要20カ国・地域(G20)が設立した。

Posted by 直    6/7/18 - 10:07   

18/19年度世界大豆生産、6.4%増加し過去最高更新見通し・AMIS
  [穀物・大豆]

農産物市場情報システム(AMIS)は月次レポートで、2018/19年度の世界大豆生産が3億5830万トンと、前年から6.4%増加して過去最高を更新するとの初回見通しを発表した。アルゼンチンの回復、ブウラジルでは一段の増産予想が背景にあるという。

2018/19年度消費は3億6040万トン、前年比で2.2%増加の見通しを示した。アジアで消費拡大が続き、ブラジル、欧州連合(EU)、米国で過去最高に近い水準か記録塗り替えの予想という。貿易は3.8%増えて1億5690万トンになると見通した。アジアの輸入増加、アルゼンチン、ウルグアイ、米国の輸出が伸び、全体を押し上げるとの見方である。期末在庫は3670万トンの見通しで、6.4%減少し、2010年代半ば以来の低水準になるとした。ブラジルと米国での在庫縮小がアルゼンチン、インドの積み増し以上になると予想する。から4080万トンに引き下げ、中国とアルゼンチンなどの下方修正を反映しているという。前年との比較で20.5%減少する。

AMISは、市場の透明性を高めることなどを目的に主要20カ国・地域(G20)が設立した。

Posted by 直    6/7/18 - 10:06   

輸出成約高:コーンは前週から増加、小麦と大豆は減少
  [穀物・大豆]

USDA輸出成約高
出所:米農務省、NY8:30発表、単位1,000トン

5/31/18 今年度 次年度 合計 前週比 市場予想 繰り越し 17/18年
小麦 250.9 0.0 250.9 ↓16.5% ▲50.0 〜350.0 1304.7 ▲19.4
コーン 838.6 418.3 1256.9 ↑10.0% 800.0 〜1200.0 - -
大豆 164.8 34.7 199.5 ↓80.9% 400.0 〜1000.0 - -
大豆ミール 131.2 3.9 135.1 ↓5.5% 50.0 〜450.0 - -
大豆油 10.0 0.5 10.5 ↑75.0% 5.0 〜25.0 - -

Posted by 松    6/7/18 - 08:35   

失業保険新規申請件数は22.2万件に減少、予想も下回る
  [経済指標]

失業保険新規申請件数
出所:米労働省、NY8:30発表、季節調整値、単位1,000件

6月2日 前週比 5月26日 市場予想
新規申請件数 222.00 ↓ 1.00 223.00 225.00
4週平均 225.50 ↑ 2.75 222.75 -
継続受給件数 1741.00 NA

続きを読む

Posted by 松    6/7/18 - 08:31   

6日のOPECバスケット価格は73.05ドルと前日から0.26ドル上昇
  [エネルギー]

OPECバスケット価格
出所:石油輸出国機構(OPEC)、単位:ドル/バレル

日付 バスケット価格 前日比
6/6 (水) 73.05 ↑0.26
6/5 (火) 72.79 ↓0.77
6/4 (月) 73.56 ↓0.68
6/1 (金) 74.24 ↓0.93
5/31 (木) 75.17 ↑1.45

Posted by 松    6/7/18 - 05:42   

6/7(木)の予定
  [カレンダー]

経済指標
・失業保険新規申請件数 (08:30)
・4月消費者信用残高 (15:00)

エネルギー
・EIA天然ガス在庫統計 (10:30)

農産物
・USDA輸出成約高 (08:30)

Posted by 松    6/7/18 - 05:40   

2018年06月06日(水)

ブラジルコーヒー輸出:6日現在4.88万袋と前月を33.4%下回る
  [コーヒー]

ブラジルコーヒー生豆輸出
出所:ブラジルコーヒー生豆輸出協会(CECAFE)、単位1,000袋(60kg)

6月6日 6月累計 前月(5/7) 前月比 前年比
輸出合計 33.268 48.779 73.265 ↓33.4% ↓60.8%
>アラビカ種 26.806 42.317 62.998 ↓32.8% ↓59.0%
>ロブスタ種 0.000 0.000 0.000 - -
>インスタント 6.462 6.462 10.267 ↓37.1% ↓69.8%

Posted by 松    6/6/18 - 17:54   

FX:ユーロ高、株高の進行で投資家のリスク志向強まる
  [場況]

ドル/円:110.17、ユーロ/ドル:1.1773、ユーロ/円:129.73 (NY17:00)

為替はユーロ高が進行。世界的に株価が上昇、投資家のリスク志向が強まる中で投機的な買いが集まった。ドル/円は東京では109円台後半のレンジ内での小動き。ロンドンに入ると買いが優勢となり110円台を回復、110.20円台まで値を伸ばした。NYに入ると一旦は110円を割り込むまで売りに押し戻されたものの、中盤以降は株高の進行につれて再び買いが優勢、午後遅くには日中高値近辺まで値を戻した。

ユーロ/ドルは東京では1.17ドル台前半でのもみ合い、午後からは買い意欲が強まり、ロンドンでは1.17ドル台後半まで値を切り上げた。NYに入ると1.18ドル台をうかがうまで値を伸ばす場面も見られたが、早々に息切れ。中盤以降は1.17ドル台半ばから後半のレンジ内での推移が続いた。ユーロ/円は東京では128円台後半での小動き、午後からは買い意欲が強まり、ロンドンでは129円台半ばまで値を伸ばした。NYに入ると買いも一服、129円台半ばから後半のレンジ内での推移が続いた。

Posted by 松    6/6/18 - 17:31   

債券:反落、ECB金融政策の正常化観測から売り
  [場況]

債券は反落。欧州中央銀行(ECB)の専務理事発言などを背景にECBの金融政策が正常化するとの見方からドイツ債などに売りが膨らみ、米国債にもつれて売りが広がった。10年債利回りは夜間取引でまず小動きだったのから、売り圧力が強まり始め、朝方には10年債利回りの上昇が進んだ。通常取引でもさらにレンジを切り上げる展開。午後に2.98%と5月25日以来の高水準を付けた。

Posted by 直    6/6/18 - 17:19   

大豆:下落、作付や生育順調なことや米中通商問題に着目して売り
  [場況]

CBOT大豆7月限終値:994-1/4↓7-0

シカゴ大豆は下落。作付、生育ともに順調なことや、米中の通商問題に着目し、売りの展開になった。7月限は夜間取引で買いが集まり、1000セント台後半まで上昇したが、早朝にはペースも鈍化。通常取引に入りいったん前日終値を挟んで上下に振れる展開となってから、売りに押されて下落が進んだ。990セント台で下げ幅拡大となり、引け近くに993-3/4セントと5月18日以来の安値を更新した。

Posted by 直    6/6/18 - 17:04   

コーン:反落、米中西部の生育に適した天候見通しから売り膨らむ
  [場況]

CBOTコーン7月限終値:378-1/4↓5-1/2

シカゴコーンは反落。米中西部で生育に適した天候見通しとなっていることから、売りが膨らんだ。7月限は夜間取引で買いが優勢となり、380セント台後半に上昇。しかし、買いが一巡して値を消していき、朝方には横ばい水準に戻した。さらに通常取引で売りが進んで下落し、378-0セントと3月23日以来の安値を付けた。

Posted by 直    6/6/18 - 17:00   

小麦:続伸、前日に続いて黒海周辺地域の乾燥懸念から買い集まる
  [場況]

CBOT小麦7月限終値:519-3/4↑9-3/4

シカゴ小麦は続伸。前日に続いて黒海周辺地域の乾燥懸念から買いが集まった。7月限は夜間取引で買い先行、510セント台半ばに強含んだ。通常取引が始まると買いのピッチが速まり、一気に520セント台に上昇。さらに530Nを超える場面もあったが、531-1/4セントと5月31日以来の高値を付けて買いも一服となった。その後は利食い売りもあって伸び悩み、取引終盤には510セント台後半まで戻した。

Posted by 直    6/6/18 - 16:57   

株式:大幅高、金融株主導で投機的な買いが加速
  [場況]

ダウ工業平均:25,146.39↑346.41
S&P500:2,772.35↑23.55
NASDAQ:7,689.24↑51.38

NY株は大幅高。ファンダメンタルズ面で特に大きな不安材料が出てこなかったこともあり、これまでの流れを継いだ投機的な買いが相場を主導した。ダウ平均は寄り付きからしっかりと買いが先行、中盤には2万5,000ドル台を回復しての推移となった。午後にはやや上値の重くなる場面も見られたが、引けにかけては一段高、上げ幅も300ポイント以上に広がった。

セクター別では、公益株が朝方まで値をされる展開となったものの、他のセクターは軒並みしっかりと上昇。中でも金融株には買いがしっかりと集まった。このほか、バイオテクノロジーなどもしっかりと値を伸ばした。ダウ銘柄では、ボーイング(BA)とダウデュポン(DWDP)がどちらも3%を超える上昇。JPモルガン・チェース(JPM)、キャタピラー(CAT)、ビサ(V)も良い感じで上昇するイメージとなった。一方でゼネラルエレクトリック(GE)、トラベラーズ(TRV)、ファイザー(PFE)、ウォルマート(WMT)の4銘柄は値を下げた。

Posted by 松    6/6/18 - 16:57   

天然ガス在庫は900億立方フィートの積み増し予想
  [エネルギー]

天然ガス在庫統計市場予想
7日 NY10:30発表、単位10億立方フィート、ダウジョーンズ社集計

予想平均 予想レンジ
天然ガス在庫 ↑ 90.0 ↑ 85.0 〜 ↑ 98.0
>前週 ↑ 96.0
>前年 ↑ 106.0
>過去5年平均 ↑ 106.4

Posted by 松    6/6/18 - 16:39   

天然ガス:小幅反発、中盤まで売り優勢もその後買い戻し集まる
  [場況]

NYMEX天然ガス7月限終値:2.896↑0.006

NY天然ガスは小幅反発。中盤までは前日の流れを継いだポジション整理の売りが相場を主導する展開が続いたが、在庫水準の低さが改めて下支えとなる中、最後はしっかりと買い戻しが集まった。7月限が夜間取引では買いが先行、2.90ドル台を回復してのもみ合いとなったが、朝方にかけては売りに押し戻されマイナス転落。通常取引開始後には2.90ドル台まで買い戻される格好となったものの、すぐに売りが膨らみ2.873ドルの安値まで値を崩した。中盤以降は改めて買い意欲が強まり、ジリジリと値を切り上げる展開。最後は小幅ながらもプラス転換して取引を終了した。

Posted by 松    6/6/18 - 15:06   

石油製品:続落、石油製品在庫の大幅積み増し受けて売りが加速
  [場況]

RBOBガソリン7月限:2.0700↓0.0362
暖房油7月限:2.1266↓0.0150

NY石油製品は続落。EIA在庫統計で石油製品在庫が大幅積み増しとなったことを受けて売りが加速した。相場は夜間取引では買いが先行する場面も見られたものの、その後売りに押され朝方までにはマイナス転落。通常取引開始後も軟調な展開が継続、在庫統計発表後は売りが殺到、一気に下げ幅を拡大した。その後は売りも一服となったものの、最後まで安値近辺でのもみ合いが続いた。

Posted by 松    6/6/18 - 14:58   

原油:反落、弱気の在庫統計嫌気し売りが加速
  [場況]

NYMEX原油7月限終値:64.73↓0.79

NY原油は反落。EIA在庫統計が弱気のサプライズとなったことを受け、これまでの流れを継いだポジション整理の売りが改めて相場を押し下げる展開となった。7月限は夜間取引では買いが先行する場面も見られたものの、ロンドン時間に入ると売りが優勢となりマイナス転落。朝方には65ドル台前半まで値を下げての推移となった。通常取引開始後はやや買いが優勢となったものの、在庫統計発表後は売りが殺到視64ドル台前半まで急落。売り一巡後は64ドル台後半まで値を回復、方向感なくもみ合う展開が続いた。

Posted by 松    6/6/18 - 14:50   

金:小幅反落、午前中買い先行するも最後は金利上昇が重石
  [場況]

COMEX金8月限終値:1,301.4↓0.8

NY金は小幅反落。午前中には対ユーロでのドル安の進行を手掛かりにポジション整理の買い戻しが相場を押し上げる場面も見られたが、その後は米長期金利の上昇が嫌気される中で売りに押される展開となった。8月限は夜間取引では売りが先行、早朝には1,300ドルの節目を割り込むまで値を下げる場面も見られた。通常取引開始後には一転して買い意欲が強まる格好となり、一気にプラス転換したものの、早々に息切れ。中盤にはしばらく高値圏を維持しての推移が続いたが、最後は売り圧力が強まり僅かながらもマイナス圏で取引を終了した。

Posted by 松    6/6/18 - 13:57   

コーヒー:続落、レアル安の進行重石となる中で売りの流れ継続
  [コーヒー]

ICE-USコーヒー7月限終値:118.25↓1.20

NYコーヒーは続落。対ドルでのブラジルレアル安の進行が重石となる中、これまでの流れを継いだ投機的な売りが相場を主導した。7月限はNYの時間帯から売りが優勢、ややマイナス圏に入ったあたりを中心としたレンジ内でのもみ合いとなった。NYに入ると買い戻しが集まりプラス転換したものの、早々に息切れ。中盤にかけては改めて売り圧力が強まる格好となり、最後は118セント台前半まで下げ幅を拡大した。

Posted by 松    6/6/18 - 13:47   

砂糖:続伸、インドの備蓄積み増しなど支えに買いが優勢
  [場況]

ICE-US砂糖7月限終値:12.20↑0.18

NY砂糖は続伸。インド政府が砂糖備蓄プログラムを承認したことが下支えとなる中、日中を通じてポジション整理の買い戻しが相場を主導する展開となった。7月限は夜間の時間帯から買いが優勢、ややプラス圏に入ったあたりでの推移となった。NYに入ってからも新たな動きは見られず、12セント台前半のレンジ内でのもみ合いが継続。引け間際には12.27セントの日中高値をつけるまで値を伸ばす場面も見られた。

Posted by 松    6/6/18 - 13:19   

EIA在庫:原油は207.2万バレルの積み増し、石油製品も大幅に増加
  [エネルギー]

EIA石油在庫統計
出所:米エネルギー省情報局(EIA)、NY10:30発表、単位1,000バレル

6月1日現在 前週比 市場予想 API発表(前日)
原油在庫 436584 ↑ 2072 ↓ 1882 ↓ 2028
ガソリン在庫 239034 ↑ 4603 ↑ 355 ↑ 3759
留出油在庫 116794 ↑ 2165 ↑ 864 ↓ 871
製油所稼働率 95.37% ↑ 1.46 ↑ 0.23 -
原油輸入 8346 ↑ 715 - -

続きを読む

Posted by 松    6/6/18 - 11:45   

4月の米国金輸入は前月から6.22%増加、商務省
  [メタル]

米商務省が6日に発表した貿易収支によると、4月の金輸入は5,035.644キログラムと前月の4,740.677キログラムら6.22%増加した。前年同月の6,294.045キログラムからは19.99%の減少となる。年初来の累計では2万1,938.365キログラムと、前年同期の3万620.545キログラムを28.35%下回っている。

Posted by 松    6/6/18 - 11:37   

ブラジルの5月フレックス車販売は前月から8.06%減少、ANFAVEA
  [エタノール]

ブラジル自動車製造業協会(ANFAVEA)が発表した月報によると、ガソリンとアルコール燃料を併用できるフレックス車の5月の国内販売台数は16万9,788台と、前月比で8.06%減少した。前年同月比では横ばいとなる。ガソリン車の販売は7,376台と前月から3.32%増加、前年比では23.90%の増加となった。年初来の累計ではフレックス車が前年同期を14.73%、ガソリン車が26.32%それぞれ前年を上回っている。

Posted by 松    6/6/18 - 11:26   

4月の米コーン輸出前月から18.8%増加、小麦は9.8%減少
  [穀物・大豆]

米商務省が6日に発表した4月の貿易収支によると、コーン輸出は771万2105トンと前月から18.8%増加した。一方、小麦輸出は194万2027トンで、9.8%減少した。

Posted by 直    6/6/18 - 10:38   

4月の米大豆輸出、前月から33%減少
  [穀物・大豆]

米商務省が6日に発表した4月の貿易収支によると、大豆輸出は216万7385トンと前月から33.1%減少した。大豆ミールが93万9851トンで、13.6%ダウン。一方、大豆油は5.37%増加し、9万6322トンとなった。

Posted by 直    6/6/18 - 10:38   

4月の米コーヒー輸入、前月から1.5%増加
  [コーヒー]

米商務省が6日に発表した4月の貿易収支によると、コーヒー輸入は9万176トン (約150万袋)となった。前月の8万8885トン (約148万袋)から1.5%増加した。

Posted by 直    6/6/18 - 10:31   

インド政府、300万トンの砂糖備蓄プログラムを承認・食料相
  [砂糖]

インドのパスワン食料相は6日、同国政府が300万トンの砂糖備蓄プログラムを承認したことを発表した。製糖所や砂糖きび農家の支援に向けて、国内供給の余剰分を買い取り、価格を押し上げる計画という。備蓄プログラムに加えて、エタノール生産能力引き上げを狙う製糖所に444億ルピーの融資も決定。また、小売価格の更なる下落を抑えるために最低支持価格(MSP)を1キログラム当たり29ルピーに設定した。

Posted by 直    6/6/18 - 10:29   

4月貿易収支は461.99億ドルの赤字、前月から縮小し予想下回る
  [経済指標]

貿易収支
出所:米商務省、NY8:30発表、季節調整値、単位100万ドル、▲赤字

18年4月 前月比 18年3月 市場予想 年初来 2017年度
貿易収支 (モノ+サービス) ▲46199 ↓2.14% ▲47210 ▲48800 ▲201825 ▲552277
>モノ(Goods) ▲68265 ↓1.48% ▲69287 ▲288783 ▲807495
>サービス 22067 ↓0.05% 22077 86958 255219
輸出 (モノ+サービス) 211245 ↑0.28% 210660 830489 2351072
輸入 (モノ+サービス) 257444 ↓0.17% 257870 1032314 2903349

続きを読む

Posted by 松    6/6/18 - 08:52   

1-3月期労働生産性は前期比0.39%上昇に下方修正、予想も下回る
  [経済指標]

労働生産性
出所:米労働省、NY8:30発表、季節調整値、年率換算、2009年=100

18年1Q 前期比 速報値 17年4Q 市場予想
労働生産性 ↑0.39% ↑0.69% ↑0.35% ↑0.6%
単位労働コスト ↑2.93% ↑2.66% ↑2.54% ↑2.8%

続きを読む

Posted by 松    6/6/18 - 08:42   

ブラジルMT州サフリーニャコーン収穫、1%終了で前年下回るペース
  [穀物・大豆]

ブラジル・マットグロッソ州の農業経済研究所(IMEA)によると、同州の2017/18年度サフリーニャコーン収穫が始まり、これまでのところ1%終了となった。前年同期の3%を下回り、最近のトラック運転手のストライキによる影響で作業開始に影響したもよう。このほか、パラナ州の地方開発局(Deral)のデータで同州のサフリーニャコーン収穫も1%ほど終わった。当局はパラナ州のサフリーニャコーン生産を1000万トン以下になると予想。前年の1300万トンから減少であり、しかも下方修正の可能性もあるという。

Posted by 直    6/6/18 - 08:17   

MBA住宅ローン申請指数は前週から4.13%上昇
  [経済指標]

住宅ローン申請指数
出所:米モーゲージ・バンカーズ協会(MBA)、NY7:00発表、季節調整値

6月1日 前週比 前年比 5月25日
総合指数 370.8 ↑4.13% ↓13.89% ↓2.89%
新規購入指数 252.8 ↑4.16% ↓3.47% ↓1.90%
借り換え指数 1007.3 ↑3.77% ↓26.40% ↓4.66%
一般ローン 472.9 ↑4.03% ↓11.71% ↓2.61%
政府系ローン 199.8 ↑4.50% ↓21.09% ↓3.87%
30年固定金利 4.75% ↓0.09 ↑0.61 ↓0.02
15年固定金利 4.21% ↓0.03 ↑0.82 ↓0.07
5年変動金利(ARM) 4.08% ↓0.03 ↑0.89 ↓0.01

Posted by 松    6/6/18 - 07:12   

5日のOPECバスケット価格は72.78ドルと前日から0.78ドル下落
  [エネルギー]

OPECバスケット価格
出所:石油輸出国機構(OPEC)、単位:ドル/バレル

日付 バスケット価格 前日比
6/5 (火) 72.78 ↓0.78
6/4 (月) 73.56 ↓0.67
6/1 (金) 74.23 ↓0.94
5/31 (木) 75.17 ↑1.45
5/30 (水) 73.72 ↑0.81

Posted by 松    6/6/18 - 04:11   

6/6(水)の予定
  [騰落率]

経済指標
・住宅ローン申請指数 (07:00)
・1-3月期労働生産性改定値 (08:30)
・4月貿易収支 (08:30)

エネルギー

・EIA石油在庫統計 (6/6 - 10:30)

Posted by 松    6/6/18 - 03:25   

2018年06月05日(火)

債券:反発、イタリアの財政悪化懸念再燃して買いの展開
  [場況]

債券は反発。イタリアの財政悪化懸念が再燃し、ドイツ国債が買われ、つれて米国債も買いの展開になった。夜間取引から買いが集まり、通常取引に入っても流れを継続。朝方発表された米供給管理協会(ISM)非製造業指数が予想も上回る上昇となったのを受けて売りの場面もあったが、長続きせず。10年債利回りは低下を進める格好となり、昼には2.9%を割り込む場面もあった。

Posted by 直    6/5/18 - 17:38   

FX:ユーロ小幅続伸、株式市場の堅調さ支えに買い集まる
  [場況]

ドル/円:109.78、ユーロ/ドル:1.1717、ユーロ/円:128.65 (NY17:00)

為替はユーロが小幅続伸。ファンダメンタルズ面で特に大きな材料も見当たらない中、ハイテク銘柄を中心に株が堅調に推移するのにつれて投機的な買いがユーロに集まった。ドル/円は110円をやや割り込んだあたりを中心に、軟調に推移。ロンドンに入っても上値の重い展開が続いた。NYに入ると買い戻しが集まる場面も見られたが、その後売りに大きく押し戻される格好となり、昼過ぎには109円台半ばまで下落。その後は再び買いが優勢となり、109円台半ばまで値を戻した。

ユーロ/ドルは東京では1.17ドルをやや割り込んだあたりでのもみ合い、ロンドンに入ると買い意欲が強まり、1.17ドル台前半まで値を伸ばしたものの、その後は売りに押し戻され、NYに入ると1.16ドル台半ばまで反落。中盤以降は再び買い意欲が強まり、1.17ドル台を回復した。ユーロ/円は東京では128円台半ばでのもみ合い、ロンドンでは買いが集まる場面も見られたが、その後は売り一色の展開、NY朝には128円台を割り込む前に値を下げた。中盤にかけては128円近辺でのもみ合いが続いたが、午後にまとまた買いが入ると128円台後半まで値を伸ばした。

Posted by 松    6/5/18 - 17:34   

ブラジルコーヒー輸出:5日現在1.55万袋と前月を69.4%下回る
  [コーヒー]

ブラジルコーヒー生豆輸出
出所:ブラジルコーヒー生豆輸出協会(CECAFE)、単位1,000袋(60kg)

6月5日 6月累計 前月(5/4) 前月比 前年比
輸出合計 10.511 15.511 50.766 ↓69.4% ↓75.7%
>アラビカ種 10.511 15.511 42.714 ↓63.7% ↓75.7%
>ロブスタ種 0.000 0.000 0.000 - -
>インスタント 0.000 0.000 8.052 - -

Posted by 松    6/5/18 - 17:11   

株式:ダウ平均小幅反落の一方、S&Pとナスダック続伸
  [場況]

ダウ工業平均:24,799.98↓13.71
S&P500:2,748.80↑1.93
NASDAQ:7,637.86↑31.40

NY株式はダウ工業平均が小幅反落となる一方、ナスダック総合指数とS&P500種は続伸。ナスダックは前日に続いて史上最高値を更新して終了した。ダウ平均は寄り付きからしばらくは売りが優勢、中盤には下げ幅が100ポイントを超える場面も見られた。昼にかけては買い戻しが集まったものの、一気にプラス圏を回復するには至らず。最後まで上値の重い展開が続いた。

セクター別では、金関連が大きく値を伸ばしたほか、情報やコンピューター関連もしっかりと上昇。生活必需品も値を切り上げた。一方で銀行株や運輸株は下落、公益やエネルギー関連も売りに押し戻された。ダウ銘柄では、ダウデュポン(DWDP)が1.13%の上昇、アップル(AAPL)やゼネラル・エレクトリック(GE)、マイクロソフト(MSFT)にもしっかりと買いが集まった。一方メルク(MRK)は1.02%の下落、ウォルマート(WMT)、コカコーラ(KO)、ゴールドマン・サックス(GS)、JPモルガン・チェース、インテル(INC)も下げが目立った。

Posted by 松    6/5/18 - 17:07   

大豆:小幅安、独自材料不足で買い一巡後に値を消す
  [場況]

CBOT大豆7月限終値:1001-1/4↓0-1/2

シカゴ大豆は小幅安。小麦やコーンの上昇を手掛かりに買いが入ったが、独自の買い材料が見当たらず、買いが一巡して値を消した。夜間取引では売り買い交錯となり、7月限は990セント台後半に下落してから上昇に転じた。1000セント台後半に上がりながら、朝方にはペースが緩んでマイナス転落。997-1/4セントと5月18日以来の水準まで下がってから持ち直した。プラス圏で推移も上値が重く、最後は小安く終わった。

Posted by 直    6/5/18 - 16:56   

コーン:反発、売られ過ぎの感から買いの展開
  [場況]

CBOTコーン7月限終値:383-3/4↑3-0

シカゴコーンは反発。売られ過ぎの感から買いの展開になった。7月限は夜間取引でまず売りに押されながら、すぐに買いが集まり、3月23日以来の安値である380セントちょうどまで下落した後は小じっかりの値動きにシフト。通常取引でも堅調に推移し、380セント台半ばまで上昇の場面があった。

Posted by 直    6/5/18 - 16:50   

小麦:反発、テクニカルな買いに黒海周辺地域の乾燥懸念も下支え
  [場況]

CBOT小麦7月限終値:510-0↑4-3/4

シカゴ小麦は反発。テクニカルな買いが進み、ロシアなど黒海周辺地域の乾燥懸念も下支えとなった。7月限は夜間取引で買いが先行してじり高。510セント台に上がり、通常取引に入って520セントに近付く場面もあった。ただ、この水準で急速に買いのペースが鈍って伸び悩んだ。

Posted by 直    6/5/18 - 16:46   

API在庫:原油は203万バレルの取り崩し、ガソリンは大幅増
  [エネルギー]

API石油在庫統計
出所:全米石油協会(API)、NY16:30発表、単位1,000バレル

6月1日現在 前週比 市場予想
原油在庫 ↓ 2028 ↓ 1882
>オクラホマ州クッシング ↓ 1038 -
ガソリン在庫 ↑ 3759 ↑ 355
留出油在庫 ↓ 871 ↑ 864

続きを読む

Posted by 松    6/5/18 - 16:43   

天然ガス:続落、弱気の天気予報受けて手仕舞い売り膨らむ
  [場況]

NYMEX天然ガス7月限終値:2.890↓0.040

NY天然ガスは続落。目先暑さが一服するとの予報が出る中、冷房需要が伸び悩むとの見方が引き続きポジション整理の売りを呼び込む格好となった。7月限は夜間取引から売りが優勢、ややマイナス圏に入ったあたりでの推移が続いた。朝方には買いが集まったが、僅かにプラス圏を回復したところで息切れ。通常取引開始後は一転して売りが加速、2.80ドル台後半まで値を崩した。その後は売りも一服となったものの、押し目で積極的に買いを入れる向きもなく、最後まで2.80ドル台後半のレンジ内で上値の重い展開が続いた。

Posted by 松    6/5/18 - 15:01   

石油製品:続落、原油の上昇も下支えとならず売りに押される
  [場況]

RBOBガソリン7月限:2.1062↓0.0162
暖房油7月限:2.1416↓.0109

NY石油製品は続落。原油にしっかりと買いが集まったことも下支えとはならず、前日までの流れを継いだポジション整理の売りが全体を主導した。相場は夜間取引では買が先行する場面も見られたものの、ロンドン時間に入ったあたりから原油の下落につれて売りに押し戻される展開。通常取引開始後は原油の反発につれて買いが集まったが、プラス圏を回復するまでの動きは見られなかった。

Posted by 松    6/5/18 - 14:56   

原油:反発、朝方まで売り先行もその後しっかりと買い戻し
  [場況]

NYMEX原油7月限終値:65.52↑0.77

NY原油は反発。朝方まではこれまでの流れを継いだ売りが相場を主導する展開となったが、その後はポジション整理の買い戻しがしっかりと集まった。7月限は夜間取引では買いが先行、ロンドン時間に入ってからは売り圧力が強まり、朝方にかけて64ドル台前半まで値を下げての推移となった。通常取引開始後は一転して騰勢を強める格好となり、中盤にはプラス圏を回復。午後に入っても買いの勢いは衰えず、最後は65ドル台半ばまで値を伸ばした。

Posted by 松    6/5/18 - 14:44   

金:反発、ドル安の進行支えにポジション整理の買い戻し集まる
  [場況]

COMEX金8月限終値:1,302.2↑4.9

NY金は反発。ドル安の進行が下支えとなる中、ポジション整理の買い戻しがしっかりと相場を押し上げる展開となった。8月限は夜間取引では売りが優勢、ややマイナス圏に入ったあたりでのもみ合いが続いた。通常取引開始後もしばらくは上値が重かったものの、中盤以降は一転して買い意欲が強まり1,300ドルの節目を回復。昼過ぎに1,304.8ドルの高値をつけたあとは買いも一服となったが、最後まで1,300ドル台を維持したまま取引を終了した。

Posted by 松    6/5/18 - 13:59   

コーヒー:続落、レアル安の進行重石となる中で売りが先行
  [場況]

ICE-USコーヒー7月限終値:119.45↓2.05

NYコーヒーは続落。対ドルでのブラジルレアル安の進行が重石となる中、前日の流れを継いだ投機的な売りが相場を主導した。7月限は夜間の時間帯からややマイナス圏に入ったあたりでの推移。早朝からは徐々に売り圧力が強まる格好となり、NYに入ると120セントを割り込むまでに値を崩した。その後一旦は買い戻しが集まる場面も見られたが、売りの勢いは衰えず、中盤には119セント台前半まで下げ幅を拡大。その後は下落も一服となったものの、最後まで安値近辺で上値の重い展開が続いた。

Posted by 松    6/5/18 - 13:58   

砂糖:反発、インドの価格支援策など支えに¥買い戻し集まる
  [場況]

ICE-US砂糖7月限終値:12.02↑0.12

NY砂糖は反発。インド政府が価格支援策を打ち出すとの見方が下支えとなる中、前日の反動もあってポジション整理の買い戻しが相場を主導する展開となった。7月限は夜間の時間帯から買いが優勢、ややプラス圏に入ったあたりでのもみ合いとなった。NYに入ると改めて買い意欲が強まり12セントの節目を回復、そのまま12.20セントの高値まで上げ幅を広げる展開。中盤には売りに押し戻され、小幅ながらマイナス転落したものの、早々に値を回復。引けにかけては12セントをやや上回ったあたりでの推移が続いた。

Posted by 松    6/5/18 - 13:28   

ユーロシステムの金準備高は5週連続で前週から横ばい
  [メタル]

ECBが6日に発表したデータによると、欧州圏中銀(ユーロシステム)の金準備高(受取勘定含む)は6月1日現在3,740億7,200万ユーロと、5週連続で前週から横ばいとなった。

Posted by 松    6/5/18 - 12:17   

5月のISM非製造業指数58.6、3ヶ月ぶりの上昇で市場予想も上回る
  [経済指標]

ISM非製造業指数
出所:米供給管理協会(ISM)、NY10:00発

ISM非製造業指数 18年5月 18年4月 市場予想
NMI/PMI 58.6 56.8 58.0
ビジネス指数/生産 61.3 59.1

続きを読む

Posted by 直    6/5/18 - 10:21   

4月JOLTS求人数、前月から6.5万人増加
  [経済指標]

求人・労働力異動調査(JOLTS)
出所:米労働省、NY10:00発表、季節調整値、単位1,000人

18年4月 前月比 求人/離職率 18年3月
求人数 6698 ↑65 4.32% 4.28%
離職数 5408 ↑86 3.64% 3.59%
>自発的離職 3351 ↓36 2.26% 2.28%

続きを読む

Posted by 直    6/5/18 - 10:07   

インド政府、早ければ6日に砂糖備蓄含む製糖所支援策承認見通し
  [砂糖]

インド食料相は5日、同国政府が早ければ6日に砂糖備蓄プログラムなど製糖所支援策を承認する見通しを示した。モディ首相率いる内閣経済諮問委員会(CCEA)は6日に会議を開く予定。300万トンの備蓄プログラムのほか、エタノール生産能力引き上げに向けて製糖所に450億ルピー相当の融資案も協議されるという。支援総額は800億ルピーになるが、詳細は政府が認可してからと述べた。

Posted by 直    6/5/18 - 09:46   

5月のチェーンストア売上高、前月比0.1%増加
  [経済指標]

米小売調査レッドブック・リサーチが5日に発表したレポートによると、5月の国内チェーンストア売上高は前月比0.1%増加した。前年同期と比べると4.1%の増加という。

Posted by 直    6/5/18 - 09:36   

2018年ウクライナ砂糖ビート作付、6月4日時点で95%終了
  [砂糖]

ウクライナ農務省によると、2018年の国内砂糖ビート作付は6月4日時点で28万2000ヘクタールになった。事前予の95%終了という。

Posted by 直    6/5/18 - 08:35   

ウクライナ春穀物・豆類作付、6月4日時点で97%終了
  [穀物・大豆]

ウクライナ農務省によると、同国の2018年春穀物・豆類の作付は6月4日時点で710万4000ヘクタールとなり、事前予想の97%終了した。このうちコーンの作付は455万5000ヘクタールで、99%終わったという。

Posted by 直    6/5/18 - 08:32   

ロシア春穀物・豆類作付、6月4日時点で83.2%終了
  [穀物・大豆]

ロシア農務省によると、国内南部で2018年春穀物・豆類の作付は6月4日時点で2580万ヘクタールと、83.2%終了した。前年同期の2870万ヘクタールを下回る。このうち、春小麦が80%、コーンが83.5%それぞれ終わった。

Posted by 直    6/5/18 - 08:27   

2017/18年度英小麦輸出、3月時点で前年から7割落ち込む
  [穀物・大豆]

英国の税関データによると、2017/18年度(7-6月)の小麦輸出は3月時点で38万4108トンになり、前年同期から70.9%落ち込んだ。3月の輸出が前年比43.3%減の4万380トン。ただ、前月に比べると7.9%、3ヶ月連続の増加になる。

2017/18年度の輸出で欧州連合(EU)向けが年初9ヶ月間で38万2110トン、非EU向けが1998トンで、それぞれ前年との比較にして62.9%、99.3減少となった。3月だけでEU向けが4万374トンで、前年から42.5%ダウン、前月からは8.0%増加。非EU向けは6トンにとどまり、前年、前月いずれの比較でも減少である。

Posted by 直    6/5/18 - 08:22   

17/18年度英国小麦生産見通し据え置き、前年比3.2%増・AHDB
  [穀物・大豆]

英農業園芸開発協会(AHDB)は、英国の2017/18年度(7-6月)小麦生産見通しを1483万7000トンで据え置いた。前年比にして3.2%の増加。一方、輸入予測は従来の150万トンから160万トンに引き上げた。期初在庫は175万4000トンとみており、176万6000トンから修正。2017/18年度の小麦供給は1819万1000トンの予想で、1810万4000トンからやや下方修正した格好になる。

国内消費は1537万1000トンの従来予想から1561万5000トン引き上げた。前年との比較で0.4%の減少。食用と工業用あわせた見通しを762万5000トンから781万7000トンに上方修正、前年を3.4%下回る。飼料用見通しは前年比2.9%増の744万6000トンで、739万4000トンから引き上げた。英国は2017/18年度に257万6000トンの小麦供給過剰になる見通しで、過剰幅が273万3000トンから下方修正。前年の336万トン(修正値)から縮小予想である。

Posted by 直    6/5/18 - 08:08   

小売チェーンストア販売指数、前週比5.6%低下
  [経済指標]

米小売調査会社リテール・エコノミストとゴールドマン・サックスが集計したデータに基づく週間小売チェーンストア販売指数(季節調整値)は、6月2日時点で前週から5.6%低下した。前年同期比にすると3.8%の上昇になる。

Posted by 直    6/5/18 - 07:48   

4日のOPECバスケット価格は73.56ドルと前週末から0.67ドル下落
  [エネルギー]

OPECバスケット価格
出所:石油輸出国機構(OPEC)、単位:ドル/バレル

日付 バスケット価格 前日比
6/4 (月) 73.56 ↓0.67
6/1 (金) 74.23 ↓0.94
5/31 (木) 75.17 ↑1.45
5/30 (水) 73.72 ↑0.81
5/29 (火) 72.91 ↓0.46

Posted by 松    6/5/18 - 04:35   

6/5(火)の予定
  [カレンダー]

経済指標
・4月求人・労働力異動調査 (JOLTS) (10:00)
・5月ISM非製造業指数 (10:00)

エネルギー

・API石油在庫統計 (16:30)

Posted by 松    6/5/18 - 04:33   

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

WEB会員




当ウェブサイト上で提供している内容は、信頼に値すると判断した情報を基に作成されていますが、
あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。
投資の決断は、投資家自身の判断に基いて下してください。
先物取引はリスクの高い取引であり、多大な損失をもたらす場合があります。
投資を行う前には 十分な考慮が必要です。

Copyright © 2017-2019   Yosoukai Global Investors, Inc.,  All rights reserved
無断転載、引用は固くお断りします

会社概要サービス広告掲載 プライバシーポリシーお問い合わせ