ホーム 無責任トーク 予想 データ ニュース 相場ひとひねり よそうかい横丁 リンク サイト案内

はやみみニュース アップデート



5月

2017


  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      


カテゴリーリスト

検索




最近のはやみみ


2017年05月16日(火)

債券:反発、低調な住宅指標手掛かりに買いの展開
  [場況]

債券は反発。朝方発表された米住宅着工と建築許可揃って予想を下回ったのを手掛かりに買いの展開となった。トランプ米大統領がロシアに機密情報を漏らしたとの報道を背景に米国政治を巡る不透明感も支援材料だった。夜間取引でまず買いが先行しながら、早朝には売り圧力が強まり、相場は小じっかりの動きから下落に転じた。この結果、10年債利回りが一時、2.36%に上昇。しかし、低調な住宅指標を受けて買いが集まり、利回りの低下が進んだ。朝方には2.30%と3日以来の低水準まで下がる場面もあり、その後は2.3%台前半で推移した。

Posted by 直    5/16/17 - 17:36   

FX:ドル安、政治リスクや米景気減速懸念背景に売り膨らむ
  [場況]

ドル/円:113.11、ユーロ/ドル:1.1082、ユーロ/円: (NY17:00)

為替はドル安が進行。トランプ大統領によるロシアへの機密情報漏洩問題を受け、政治リスクが改めて高まったことや、米景気回復ペースの鈍化に伴うFRBの利上げ観測の後退が重石となる中、日中を通じてドル売りが優勢の展開となった。ドル円は東京では113円台半ばを中心に、上値の重い展開。午後には113円台前半まで値を下げた。ロンドンに入ると一転して買い意欲が強まり、113円台後半まで値を伸ばしたものの、早々に息切れ。NYに入ると再び売り圧力が強まり、中盤には113円を割り込むまで一気に値を崩した。昼には一旦113円台前半まで値を戻したが、売りの勢いは衰えず、午後遅くには再び113円割れをうかがう値動きとなった。

ユーロ/ドルや東京では買いが優勢、1.09ドル台後半の水準で徐々に値を切り上げていく展開となった。午後からは改めて買い意欲が強まり、ロンドンでは1.10ドル台半ばまで一気に上げ幅を拡大。NYに入っても買いの勢いは衰えず、午後には一時1.11ドルをうかがうまで値を伸ばす場面も見られた。ユーロ/円は東京では124円台後半でもみ合う展開、ロンドンに入ると買い意欲が強まり、125円台半ばまで一気に値を伸ばした。NY早朝には125円台後半まで上げ幅を拡大、その後は買いも一服となり、中盤以降は125円台前半から半ばのレンジ内での推移が続いた。

Posted by 松    5/16/17 - 17:33   

ブラジルコーヒー輸出:16日現在78.29万袋と前月を0.9%下回る
  [コーヒー]

ブラジルコーヒー生豆輸出
出所:ブラジルコーヒー生豆輸出協会(CECAFE)、単位1,000袋(60kg)

5月16日 5月累計 前月(4/18) 前月比 前年比
輸出合計 126.236 782.854 790.263 ↓0.9% ↓19.3%
>アラビカ種 119.505 735.898 750.496 ↓1.9% ↓16.9%
>ロブスタ種 0.000 0.867 3.105 ↓72.1% ↓98.8%
>インスタント 6.731 46.089 36.662 ↑25.7% ↓36.5%

Posted by 松    5/16/17 - 17:18   

大豆:続伸、USDAへの輸出成約報告背景に堅調な需要着目して買い
  [場況]

CBOT大豆7月限終値:976−1/4↑11-0

シカゴ大豆は続伸。USDAに輸出成約報告があったと伝わり、需要が堅調との見方から買いが優勢となった。7月限は夜間取引で狭いレンジでもみ合い、960セント台前半に下落の場面もあった。しかし、朝方には買いがじりじりと進み、通常取引が開始すると上昇に弾みも付いて、970セント台前半に上がった。いったん値を消したものの、960セント台半ばに戻すとすぐに買いが集まり、改めて強含み。取引終盤にはテクニカルな買いが上げピッチを速目る格好となり、977-1/4セントと10日以来の高値を付ける場面があった。

Posted by 直    5/16/17 - 17:11   

コーン:横ばい、作付進捗確認して売りの後値ごろ感から買い戻し
  [場況]

CBOTコーン7月限終値:367‐3/4→0

シカゴコーンは横ばい。前夕に発表されたクロップレポートで作付の進捗を確認して売りに押されながら、取引終盤に値ごろ感から買い戻しが入った。7月限は夜間取引で売りが先行し、軟調に推移。通常取引開始後に回復の場面があったが、上値が重くすぐに値を消し、改めてマイナス圏で推移。一時は365-1/4セントと8日以来の低水準を付けた。この水準で買いも集まり始め、前日の終値水準に持ち直した。

Posted by 直    5/16/17 - 17:08   

小麦:小反発、前日の売りの流れ引き継いだ後値ごろ感から買い
  [場況]

CBOT小麦7月限終値:424-1/4↑1-0

シカゴ小麦は小反発。前日の売りの流れを引き継いだものの、値ごろ感から買いに転じた。7月限は 夜間取引で売りに押されて小安くなり、朝方には420-1/4セントと4月25日以来の安値を付けた。しかし、この水準で買いが集まり、通常取引に入っていったんピッチの速い上昇にシフト。上値ではすかさず売りが台頭し、マイナス圏に戻す場面もあったものの、取引終盤に回復。最後は小幅高で引けた。

Posted by 直    5/16/17 - 17:04   

株式:ナスダック最高値更新も、ダウ平均とS&P500は小幅反落
  [場況]

ダウ工業平均:20,979.75↓2.19
S&P500:2,400.67↓1.65
NASDAQ:6,169.87↑20.20

NY株式はナスダック総合指数が再び史上最高値を更新する一方、ダウ平均とS&P500は小幅反落。これまでの流れを継いだ投機的な買いが全体を主導する一方、トランプ大統領によるロシアへの機密情報漏洩問題が浮上する中、政治リスクと高まりに対する懸念が重石となった。ダウ平均は寄り付きから買いが先行、2万1,000の大台をあっさり上抜ける格好となったものの、買いは早々に息切れ。その後まとまった売りが出ると、マイナス圏まで一気に値を崩した。中盤にかけては再び値を回復、ややプラス圏に入ったあたりでのもみ合いが続いたが、午後には上値が重くなり、マイナス圏での推移が多くなった。

セクター別では、金鉱株や半導体、インターネット関連がしっかりと上昇したほか、バイオテクノロジー、銀行株もしっかり。一方で小売関連や公益株は下落、石油サービスや保険も軟調に推移した。ダウ銘柄では、 マイクロソフト(MSFT)が2%の上昇、IBM(IBM)も1.4%の上昇となった。マクドナルド(MCD)やジョンソン・アンド・ジョンソン(JNJ)もしっかりと値を伸ばしたほか、ホーム・デポ(HD)決算が予想より強気の内容だったことを受けて買いが集まった。一方、ユナイテッド・ヘルス(UNH)は2%の下落、ナイキ(NKE)は1.8%、ファイザー(PHE)とウォルマート(WMT)はそれぞれ1.6%の値下がりとなった。ディズニー(DIS)の下げも1%を超えた。

Posted by 松    5/16/17 - 16:59   

API在庫:原油は88万バレルの積み増し、ガソリンは取り崩し
  [エネルギー]

API石油在庫統計
出所:全米石油協会(API)、NY16:30発表、単位1,000バレル

5月12日現在 前週比 市場予想
原油在庫 ↑ 880 ↓ 2170
>オクラホマ州クッシング ↓ 500 -
ガソリン在庫 ↓ 1800 ↓ 853
留出油在庫 ↑ 1800 ↓ 1171

続きを読む

Posted by 松    5/16/17 - 16:39   

天然ガス:続落、月末にかけて平年以下の気温続くとの予報が重石
  [場況]

NYMEX天然ガス6月限終値:3.230↓0.119

NY天然ガスは続落。月末にかけて中西部や北東部で平年以下の気温が続くとの予報が出る中、冷房需要が思ったほどに増加しないとの見方からポジション整理の売りが加速した。6月限は夜間取引では買いが優勢、ややプラス圏に入ったあたりでのもみ合いとなった。早朝からは一転して売りが膨らみマイナス転落、通常取引開始時には3.30ドルの節目もあっさりと割り込む展開となった。その後も売りの中では衰えず、午後には3.20ドル台前半まで下げ幅を拡大。そのまま取引を終了した。

Posted by 松    5/16/17 - 15:03   

石油製品:小幅続伸、これまでの流れ継いだ買い戻しが相場を主導
  [場況]

RBOBガソリン6月限:1.6043↑0.0089
暖房油6月限:1.5164↑0.0068

NY石油製品は小幅続伸。相場は夜間取引からこれまでの流れを継いだポジション整理の買い戻しが先行、朝方にかけて大きく値を伸ばした。通常取引開始後は一転して売りに押し戻される展開、原油が軟調に推移するのにつれてジリジリと値を切り下げる格好となったが、プラス圏はしっかりと維持して下げ止まり。午後からは動意も薄くなった。

Posted by 松    5/16/17 - 14:55   

原油:反落、OPEC減産延長下支えもIEAの需要見通し引き下げ重石
  [場況]

NYMEX原油6月限終値:48.66↓0.19

NY原油は反落。OPECの減産延長観測が引き続き相場の下支えとなる中にも関わらず、IEAが月報で今年前半の需要見通しを引き上げたことなどが重石となる中で売りが優勢となった。6月限は夜間取引では買いが優勢、ロンドン時間に入ってからは49ドル台前半までレンジを切り上げての推移となった。通常取引開始後は一転して売りに押し戻される展開となり、中盤にはマイナス転落。その後は一旦買い戻しが優勢となる場面も見られたが、売りの勢いは衰えず、最後は日中安値を更新する形で取引を終了した。

Posted by 松    5/16/17 - 14:53   

金:続伸、トランプ大統領の機密情報漏洩疑惑で買い集まる
  [場況]

COMEX金6月限終値:1,236.4↑6.4

NY金は続伸。トランプ大統領が機密情報をロシア側に漏らしたとの報道を受け、政治リスクが改めて市場の注目を集める中、安全資産としての需要がしっかりと相場を押し上げる展開となった。6月限は夜間取引から買いが先行、1,230ドル台半ばまでレンジを切り上げての推移となった。通常取引開始後もしばらくは同水準での推移が続いたが、中盤にかけてはドル安の進行が下支えとなる中で改めて買いが加速、1,239ドルまで一気に値を伸ばした。その後は買いも一服となったが、1,230ドル台後半の水準は維持したまま取引を終了した。

Posted by 松    5/16/17 - 14:08   

コーヒー:続落、ブラジル生産推定発表を前に改めて売り膨らむ
  [場況]

ICE-USコーヒー7月限終値:131.45↓2.00

NYコーヒーは続落。需給面で新たな材料が出た訳ではなかったが、ブラジルCONABの生産推定発表を18日に控え、これまでの大きな流れを継いだ投機的な売りが改めて相場を主導した。
7月限は夜間の時間帯から売りが優勢、ややプマイナス圏に入ったあたりでのもみ合いが続いた。朝方にかけては買い戻しが集まりプラス転換、NYに入ると134セント台まで値を伸ばす場面も見られたが、その後は一転して売りに押される展開。中盤から引けにかけてほぼ一直線での下落となり、最後にまとまった売りが出ると131セント台前半まで下げ幅を拡大した。

Posted by 松    5/16/17 - 13:42   

砂糖:続伸、材料難の中ながら前日の流れ継いだ買いが先行
  [場況]

ICE-US砂糖7月限終値:15.88↑0.27

NY砂糖は続伸。需給面で新たな材料に欠ける中ながら、前日の流れを継いだポジション整理の買い戻しが相場を主導した。7月限は夜間の時間帯から買いが先行、15.80セントまで一気に値を切り上げての推移となった。NYに入っても新たな動きは見られず、何度か15.90セント台まで買いが集まる場面も見られたが、基本的には15.80セント台を中心としたレンジ内で上下を繰り返す展開が続いた。引け間際には商いの薄い中でまとまった買いが入り、16セントの節目をつけるまで値を伸ばした。

Posted by 松    5/16/17 - 13:20   

ロシア春穀物・豆類作付、5月15日時点で46.6%終了
  [穀物・大豆]

ロシア農務省によると、国内の2017年春穀物・豆類の作付は5月15日時点で2450万ヘクタールになり、事前予想の46.6%終了した。前年同期の2570万ヘクタールからはダウン。穀物だけで1450万ヘクタールとなり、前年の1540万ヘクタールを下回った。小麦の作付は370万ヘクタールで、27.4%終わり、前年の430万ヘクタールを下回る。一方、コーンの作付が事前見通しの76.4%に当たる230万ヘクタールで、前年の210万ヘクタールを上回った。大豆は41%終了して92万7700ヘクタール、前年の67万1100ヘクタールからアップ。このほか、冬穀物で作付されたうちの76.9%である1340万ヘクタールで追肥が行われたことも明らかにした。

Posted by 直    5/16/17 - 12:06   

ユーロシステムの金準備高は前週から2,100万ユーロ減少
  [メタル]

ECBが16日に発表したデータによると、欧州圏中銀(ユーロシステム)の金準備高(受取勘定含む)は5月12日現在4,041億200万ユーロと、前週から2,100万ユーロ減少した。減少はユーロシステム内の中銀1行が、記念金貨発行のため保有金を売却したことによるもの。

Posted by 松    5/16/17 - 11:20   

印南西モンスーン、ケララ州に予定より早い到達ない・IMD研究者
  [天候]

インド気象局(IMD)の研究者はタイムズ・オブ・インディア紙に対し、南西モンスーンが南部のケララ州に予定より早く到達する可能性が小さいとの見方を示した。アラビア海で高気圧の勢力が強く、モンスーンのケララ州西部への進行を妨げていると指摘。モンスーンは14日にニコバル・アンダマン諸島に平年より6日ほど早く到達したが、その後の動きがみられないという。モンスーンは、アンダマン海に入ってから約10日後に南部のケララ州に到達する。

同氏はこのほか、気象モデルがエルニーニョ現象の弱まりと、インド洋赤道域の西部と東部の海面水温差の影響で起きるインド洋ダイポード現象(IOD)の勢いが増していることを示しており、モンスーンの降水量が長期平均(LPA)の89センチメートルの100%近くになる可能性が強まっていると述べた。IMDは4月、降水量がLPAの96%になると見通していた。

インドの給水所は、飲用にはもちろんのこと、国内で灌漑農地が約半分しかないことから、大豆やコーン、砂糖きびなどの作付や生育に欠かせず、秋の作付の鍵も握る。

Posted by 直    5/16/17 - 11:18   

仕向け先不明で13.2万トンの大豆輸出成約報告・USDA
  [穀物・大豆]

米農務省(USDA)は16日、民間業者から仕向け先不明で13万2000トンの2016/17年度産大豆輸出成約報告を受けたことを発表した。USDAは輸出業者に対し、10万トン以上の成約について翌日までの報告を義務付けている。

Posted by 直    5/16/17 - 09:50   

4月の鉱工業生産、前月比0.98%上昇で市場予想上回る
  [経済指標]

鉱工業生産・設備稼働率
出所:米連邦準備制度理事会(FRB)、NY9:15発表、季節調整値、2012年=100

17年4月 17年3月 市場予想
鉱工業生産指数 ↑0.98% ↑0.41% ↑0.3%
設備稼働率 76.73% 76.06% 76.2%

続きを読む

Posted by 直    5/16/17 - 09:35   

5月のチェーンストア売上高、最初の2週間で前月比1.1%減少
  [経済指標]

米小売調査レッドブック・リサーチが16日に発表したレポートによると、5月の国内チェーンストア売上高は最初の2週間で前月から1.1%減少した。前年同期と比べると1.8%の増加という。

Posted by 直    5/16/17 - 09:13   

4月の新規住宅着工件数117.2万件、2016年11月以来の低水準更新
  [経済指標]

新規住宅着工・建築許可件数
出所:米国勢調査局、NY8:30発表、季節調整値、単位1,000戸

17年4月 前月比 17年3月 市場予想
新規住宅着工件数 1172 ↓2.58% 1203 1255
建築許可件数 1229 ↓2.46% 1260 1270

続きを読む

Posted by 直    5/16/17 - 08:51   

小売チェーンストア販売指数、前週比1.1%低下
  [経済指標]

米小売調査会社リテール・エコノミストと金融大手ゴールドマン・サックスが集計したデータに基づく週間小売チェーンストア販売指数(季節調整値)は、5月13日時点で前週から1.1%低下した。前年同期に比べると1.0%の上昇。

Posted by 直    5/16/17 - 08:04   

IEA、2017年前半の世界石油需要見通しを引き下げ
  [エネルギー]

国際エネルギー機関(IEA)は16日に発表した月報で、2017年度前半の世界石油需要の伸びを前月から11.5万バレル下方修正した。インドや米国、ドイツやトルコといった、これまで需要が堅調だった国の見通しを引き下げたことが背景にある。2017年通年では日量9,790万バレルと、前年比で約130万バレル増加するとの見通しを維持した。

続きを読む

Posted by 松    5/16/17 - 07:47   

15日のOPECバスケット価格は49.72ドルと前週末から1.45ドル上昇
  [エネルギー]

OPECバスケット価格
出所:石油輸出国機構(OPEC)、単位:ドル/バレル

日付 バスケット価格 前日比
5/15 (月) 49.72 ↑ 1.45
5/12 (金) 48.27 ↓ 0.10
5/11 (木) 48.37 ↑ 1.06
5/10 (水) 47.31 ↑ 0.48
5/9 (火) 46.83 ↓ 0.04

Posted by 松    5/16/17 - 07:06   

5/16(火)の予定
  [カレンダー]

経済指標
・4月新規住宅着工・建築許可件数 (08:30)
・4月鉱工業生産・設備稼働率 (09:15)

エネルギー
・国際エネルギー機関(IEA)月報
・API石油在庫統計 (16:30)

Posted by 松    5/16/17 - 06:59   

2017年05月15日(月)

債券:反落、米国株上昇や社債相次ぐ見通しから売り
  [場況]

債券は反落。米株式相場上昇、社債発行が相次ぐとみられることを背景に売り圧力が強まった。ドイツの州議会選挙結果が欧州の政治不安を後退させ、欧州主要国の債券が売られたのが重石。夜間取引で売りが先行し、相場は弱含んだ。早朝に買い戻しが進む場面もあったが、売りの流れが完全に切れず、通常取引で改めて軟調な相場展開となった。10年債利回りは2.3%台半ばに上昇した。

Posted by 直    5/15/17 - 17:45   

FX:円安、原油や株の上昇を受けて安全資産としての需要が後退
  [場況]

ドル/円:113.78、ユーロ/ドル:1.0975、ユーロ/円:124.88 (NY17:00)

為替は円安が進行。原油や株の上昇を受けて投資家のリスク志向が強まる中、安全資産としての円に対する需要が後退した。ドル/円は東京では113円台前半から半ばにかけてのレンジ内での推移、午後には買い意欲が強まり、ロンドン朝には113円台後半まで値を伸ばした。その後は売りに押し戻され113円台半ばまで反落、NYに入るとNY連銀指数が予想以上に悪化したことを受けて113円台前半まで値を下げたものの、NY株が上昇して始まるとすぐに値を回復、午後には113円台後半まで値を伸ばした。

ユーロ/ドルは東京では1.09ドル台前半のレンジ内での小動き。午後からロンドンにかけては買い意欲が強まり、NYでは1.09ドル台後半まで値を伸ばした。その後は買いも一服、中盤にかけてはやや売りが優勢となる場面も見られたものの、しっかりと下げ止まり。午後からは改めて騰勢を強めた。ユーロ/円は東京では123円台後半でのもみ合い、午後からロンドンにかけては買いが優勢となり、124円台半ばまで値を伸ばした。NYに入っても買いの勢いは衰えず、株高の進行を支えに124円台後半までレンジを切り上げての推移が続いた。

Posted by 松    5/15/17 - 17:30   

ブラジルコーヒー輸出:15日現在65.66万袋と前月を3.5%下回る
  [コーヒー]

ブラジルコーヒー生豆輸出
出所:ブラジルコーヒー生豆輸出協会(CECAFE)、単位1,000袋(60kg)

5月15日 5月累計 前月(4/17) 前月比 前年比
輸出合計 108.351 656.618 680.425 ↓3.5% ↓25.4%
>アラビカ種 105.008 616.393 641.525 ↓3.9% ↓23.4%
>ロブスタ種 0.867 0.867 2.238 ↓61.3% ↓98.6%
>インスタント 2.476 39.358 36.662 ↑7.4% ↓38.1%

Posted by 松    5/15/17 - 17:15   

大豆:反発、原油高やマレーシア・パーム油上昇手掛かりに買い
  [場況]

CBOT大豆7月限終値:965‐1/4↑2-1/4

シカゴ大豆は反発。原油高、マレーシア・パーム油の上昇などを手掛かりに買いの展開となった。テクニカルな動きも手伝い、7月限は夜間取引で買いが先行して960セント台半ばに上昇。通常取引開始後には買いに弾みが付いて上昇が進み、12日の高値を超えて970セント台前半に上がった。しかし、週間輸出検証高が低調な内容だったことやNOPA大豆圧搾高が予想を下回ったのを受けて売りも出始め、960セント台半ばに伸び悩んだ。

Posted by 直    5/15/17 - 17:13   

全米平均ガソリン小売価格は前週から0.3セント下落
  [エネルギー]

ガソリン・ディーゼル小売価格
出所:米エネルギー省情報局(EIA)、NY17:00発表、単位セント/ガロン

5月15日 前週比 前年比
レギュラーガソリン全米平均 ¢236.9 ↓0.3 ↑12.7
ディーゼル燃料全米平均 ¢254.4 ↓2.1 ↑24.7

Posted by 松    5/15/17 - 17:13   

株式:上昇、原油高の進行好感してしっかりと買い集まる
  [場況]

ダウ工業平均:20,981.94↑85.33
S&P500:2,402.32↑11.42
NASDAQ:6,149.67↑28.44

NY株式は上昇。サウジとロシアの減産延長合意を受けた原油高の進行などが支えとなり、投資家のリスク志向が強まる中で買いが集まった。S&P500とナスダック総合指数は過去最高値を更新した。一方週末の北朝鮮のミサイル発射や、新たなコンピューターウィルスの拡散、朝方発表されたNY連銀指数の悪化といったリスク要因は、ほとんど材料視されなかった。ダウ平均は寄り付きから大きく買いが先行、その後はペースこそ鈍ったものの、上昇の流れは継続、午後には上げ幅も100ポイントを超え、2万1,000台をつける場面も見られた。引けにかけては買いも一服、やや売りに押し戻される形で取引を終了した。

セクター別では、石油関連株が大きく上昇したほか、半導体やテクノロジー関連、住宅関連、銀行株も値を伸ばした。運輸株やヘルスケアもしっかり。一方小売関連は下落した。ダウ銘柄は、ジョンソン・エンド・ジョンソン(JNJ)とシスコ・システムズ(CSCO)が2%を超える上昇、キャタピラー(CAT)は1.7%上昇、アメリカン・エクスプレス(AXP)とゴールドマン。サックス(GS)も1%を超える上昇となった。一方で30銘柄中9銘柄は下落、ベライゾン(VZ)は1.0%の下落、ナイキ(NKE)とウォルト・ディズニー(DIS)も下げが目立った。このほか新たなコンピューターウィルス ”WannaCry” の拡散を受け、コンピューターセキュリティの開発会社は上昇、シマンテック(SYMC)は3.2%、パロ・アルト・ネットワークス(PANW)は2.7%、ファイヤー・アイ(FEYE)は7.5%それぞれ上昇した。

Posted by 松    5/15/17 - 17:10   

コーン:反落、米中西部の作付進捗見越して売り圧力強まる
  [場況]

CBOTコーン7月限終値:367‐3/4↓3-1/4

シカゴコーンは反落。米中西部で週末に天候が改善し、作付が進んだと見越して売り圧力が強まった。7月限は、夜間取引で売りが先行し小安くなった。通常取引に入っていったん売りが進みながら、370セントを下回るとすかさず買いが集まり、その後は12日終値を挟んでもみ合い。しかし、上値も重いのに着目して売りが台頭し、急速に弱含んだ。360セント台後半で軟調に推移し、取引終了近くで367-1/4セントと3営業日ぶりの安値を付けた。

Posted by 直    5/15/17 - 17:03   

小麦:続落、米中西部の天候改善や世界の潤沢な需給着目して売り
  [場況]

CBOT小麦7月限終値:423-1/4↓9-1/2

シカゴ小麦は続落。週末の米中西部の天候改善や世界の潤沢な供給に着目した売りが膨らんだ。7月限は夜間取引から売りに押され、420セント台後半に下落し、通常取引開始後に下げ幅を拡大した。420セント台半ばでいったんもみ合いってから改めて下げ足が加速。取引終盤に421-1/2セントと4月25日以来の安値を付けた。

Posted by 直    5/15/17 - 16:58   

3月対米証券投資は297.7億ドルの流入超、前月から流入拡大
  [経済指標]

対米証券投資
出所:米財務省、NY16:00発表、単位100万ドル

17年3月 17年2月
ネット流入額 債券・株式合計 59767 53126
純資本フロー(TIC) ▲701 13224

続きを読む

Posted by 松    5/15/17 - 16:25   

USDAクロップ:大豆作付、発芽ともほぼ平年並みのペースで進捗
  [穀物・大豆]

USDAクロップレポート・大豆
出所:米農務省、NY16:00発表

大豆作付進捗率 5月14日現在 -- 前週 -- -- 前年 -- 過去5年平均
主要18州平均 32% 14% 34% 32%
大豆発芽進捗率 5月14日現在 -- 前週 -- -- 前年 -- 過去5年平均
主要18州平均 8% - 9% 9%

Posted by 松    5/15/17 - 16:17   

USDAクロップ:コーン作付は平年並みのペース、発芽は遅れ気味
  [穀物・大豆]

USDAクロップレポート・コーン
出所:米農務省、NY16:00発表

コーン作付進捗率 5月14日現在 -- 前週 -- -- 前年 -- 過去5年平均
主要18州平均 71% 47% 73% 70%
コーン発芽進捗率 5月14日現在 -- 前週 -- -- 前年 -- 過去5年平均
主要18州平均 31% 15% 41% 36%

Posted by 松    5/15/17 - 16:16   

USDAクロップ:春小麦作付は平年上回る、発芽はやや遅れる
  [穀物・大豆]

USDAクロップレポート・春小麦
出所:米農務省、NY16:00発表

春小麦作付進捗率 5月14日現在 -- 前週 -- -- 前年 -- 過去5年平均
主要6州平均 78% 54% 87% 73%
春小麦発芽進捗率 5月14日現在 -- 前週 -- -- 前年 -- 過去5年平均
主要6州平均 40% 21% 57% 44%

Posted by 松    5/15/17 - 16:15   

USDAクロップ:冬小麦作柄は前週から悪化、出穂は平年上回る
  [穀物・大豆]

USDAクロップレポート・冬小麦
出所:米農務省、NY16:00発表

5月14日現在

冬小麦作柄 - 不良 - やや不良 平年並み - やや良- -- 良 --
主要18州平均 5% 12% 32% 43% 8%
前週 4% 11% 32% 43% 10%
前年 1% 7% 30% 51% 11%
冬小麦出穂進捗率 5月14日現在 -- 前週 -- -- 前年 -- 過去5年平均
主要18州平均 63% 50% 66% 57%

Posted by 松    5/15/17 - 16:12   

全米コーヒー生豆在庫、4月末時点で前月から2.46%増加

全米コーヒー生豆在庫
出所:米コーヒー生豆協会、単位1,000袋

4/30/17 3/31/17 前月比 (%) 前年比
全米合計 6890.354 6724.857 ↑ 165.497 ↑ 2.46% ↑ 14.40%

Posted by 直    5/15/17 - 15:50   

天然ガス:反落、天気予報が弱気に変化する中で手仕舞い売り優勢
  [場況]

NYMEX天然ガス6月限終値:3.349↓0.075

NY天然ガスは反落。この先当初の予想ほどには気温が上昇せず、冷房需要も限定的な伸びにとどまるとの見方が重石となる中、日中を通じてポジション整理の売りに押される展開となった。6月限は夜間取引から売りが先行、3.40ドルの節目を挟んだレンジまで値を切り下げての推移が続いた。早朝にかけては改めて売り圧力が強まる格好となり、通常取引開始時には3.30ドル台半ばまで下げ幅を拡大。その後は売りも一服となり、3.30ドル台後半まで買い戻されたものの、引けにかけては改めて上値が重くなった。

Posted by 松    5/15/17 - 15:17   

石油製品:続伸、原油の上昇につれて投機的な買い集まる
  [場況]

RBOBガソリン6月限:1.5954↑0.0193
暖房油6月限:1.5096↑0.0163

NY石油製品は続伸。ロシアとサウジの減産延長合意を好感した原油の上昇につれて投機的な買いが集まった。相場は夜間取引から買いが先行、早朝には4月後半以来の高値まで一気に値を伸ばす展開となった。通常取引開始後は買いも一服、じりじりと 売りに押し戻される格好となったものの、最後までプラス圏はしっかりと維持したまま取引を終了した。

Posted by 松    5/15/17 - 15:11   

原油:大幅高、ロシアとサウジの減産延長合意を受けて買い集まる
  [場況]

NYMEX原油6月限終値:48.85↑1.01

NY原油は大幅高。サウジとロシアが現在の減産を来年3月まで延長することで合意したことを受け、25日のOPEC総会を前に投機的な買いが改めて相場を押し上げる展開となった。6月限は夜間取引から買いが先行、サウジとロシアの減産延長合意のニュースを好感する形で、朝方には49ドル台半ばまで値を伸ばした。通常取引開始後は買いも一服、ジリジリと売りに押し戻される展開、中盤には49ドルをやや上回ったあたりでのもみ合いが続いたが、引けにかけては改めて売り圧力が強まり、49ドルを割り込んで取引を終了した。

Posted by 松    5/15/17 - 15:00   

6月の米シェールオイル生産は前月から12.2万バレル増加、EIA
  [エネルギー]

米エネルギー省情報局(EIA)は15日に発表した掘削状況レポートで、米国の6月のシェールオイル生産が日量540.1万バレルと、前月から12.2万バレル増加するとの見通しを示した。テキサス州西部のパーミヤンで7.1万バレル、南テキサスのイーグルフォード地域で3.6万バレル、ワイオミングからコロラドにかけてのニオブララで0.7万バレル、ノースダコタを中心としたバッケンで0.6万バレルそれぞれ生産が増加する。5月の生産量は日量527.9万バレルと、前月に519.3万バレルと推定していたのから引き上げられた。シェールガスの生産は、6月に前月から日量5億5,700万立方フィート増加する見通しとなっている。

Posted by 松    5/15/17 - 14:29   

金:小幅続伸、朝方まで買い先行もその後は株高が重石
  [場況]

COMEX金6月限終値:1,230.0↑2.3

NY金は小幅続伸。朝方までは地政学リスクの高まりなどを手掛かりに買いが先行したものの、その後は株高の進行が嫌気される中。ジリジリと上げ幅を縮小する展開となった。6月限は夜間取引から買いが先行、早朝には1,230ドル台までレンジを切り上げての推移となった。通常取引開始後は5月のNY連銀指数が弱気の内容となったこともあって1,230ドル台後半まで値を伸ばしたものの、株式市場が開くと一転して売りに押し戻される展開。最後は1,230ドル割れをうかがうまでに値を下げたが、プラス圏は維持したまま取引を終了した。

Posted by 松    5/15/17 - 14:26   

インドの南西モンスーン、6日早くアンダマン・ニコバル諸島に到達
  [天候]

インド気象局(IMD)によると、同国の南西モンスーンは14日にアンダマン諸島とニコバル諸島に到達した。通常なら5月20日までに到達することから、6日間早まった格好になる。また、モンスーンは、アンダマン海に入ってから約10日後に南部のケララ州に到達する。

インドの給水所は、飲用にもちろん、国内で灌漑農地が約半分しかないことから、大豆やコーン、砂糖きびなどの作付や生育に欠かせず、また、秋の作付の鍵も握る。

Posted by 直    5/15/17 - 14:25   

ブラジル、米産輸入から国内のエタノール産業保護が必要・農相
  [エタノール]

ブラジルのコエーリョエネルギー省は15日、国内のエタノール産業を米産の輸入から保護する必要があるとの見方を示した。ただ、米産に対する輸入金時には反対とコメント。関税賦課は報復措置につながる可能性があるという。 貿易省のデータによると、ブラジルは1‐3月期に米国から7億2000万リットルのエタノールを輸入し、前年同期の3億6300万リットルのほぼ2倍に膨らんだ。

Posted by 直    5/15/17 - 14:14   

コーヒー:反落、買い材料に欠ける中で投機的な売りに押される
  [場況]

ICE-USコーヒー7月限終値:133.45↓1.50

NYコーヒーは反落。新たな買い材料に欠ける中、これまでの流れを継いだ投機的な売りが相場を主導する展開となった。7月限は夜間の取引開始時には買いが先行する場面も見られたものの、早々に息切れ。早朝にまとまった売りが出ると、133セント台まで一気に値を崩した。NYに入ると買い戻しが優勢となったものの、プラス圏まで値を回復するには至らず。中盤以降は再び上値が重くなり、日中安値近辺まで値を下げて取引を終了した。

Posted by 松    5/15/17 - 14:00   

砂糖:反発、新たな材料に欠ける中で買い戻しが先行
  [場況]

ICE-US砂糖7月限終値:15.61↑0.10

NY砂糖は反発。需給面で新たな材料が出た訳ではなかったが、ポジション整理に買い戻しが相場を押し上げた。7月限は夜間の時間帯から買いが優勢、ややプラス圏に入ったあたりでのもみ合いが続いた。朝方には商いの薄い中でまとまった買いが入り、16セントの節目まで一気に値を伸ばしたが、それ以上の動きは見られず。中盤から引けにかけて、ジリジリと売りに押される格好となったが、最後までプラス圏は維持したまま取引を終了した。

Posted by 松    5/15/17 - 13:23   

4月NOPA大豆圧搾高は前月から9.10%減少、予想も下回る
  [穀物・大豆]

NOPA大豆圧搾高
出所:全米油種加工業組合(NOPA)、NY12:00発表、季節調整値、
単位100万ブッシェル、100万ポンド(大豆油)

17年4月 前月比 前年比 市場予想
大豆圧搾高 139.13 ↓9.10% ↓5.74% 147.20
大豆油在庫 1725.40 ↓4.94% ↓11.19% 1826.00

Posted by 松    5/15/17 - 12:59   

タンザニアコーヒー輸出、3月は前年比7.3%減少
  [穀物・大豆]

タンザニアの中央銀行によると、同国の3月のコーヒー輸出は5100トンとなった。前年同月から7.3%減少。ただ、金額ベースにすると前年を6.6%上回り1610万ドルだったという。タンザニアコーヒー局高官によると、同国の20116/17年度コーヒー生産は悪天候と生産周期の裏作に当たることを理由に前年から20%減少する見通し。タンザニアのコーヒー生産量はエチオピア、ウガンダ、コートジボワールに次いでアフリカで4番目に大きい。

Posted by 直    5/15/17 - 11:26   

輸出検証高:小麦とコーンは前週から増加、大豆は減少
  [穀物・大豆]

USDA輸出検証高
出所:米農務省、NY11:00発表、単位1,000トン

5月11日 前週比 前年比 期初来 前年比
小麦 691.2 ↑ 5.0% ↑ 87.1% 25750.5 ↑ 33.6%
コーン 1395.9 ↑ 65.5% ↑ 23.1% 40721.9 ↑ 53.9%
大豆 281.5 ↓24.2% ↑ 33.4% 50096.3 ↑ 15.8%

Posted by 松    5/15/17 - 11:20   

中国主要生産地で地元大豆農家にコーン農家以上の補助金計画
  [穀物・大豆]

中国の主要穀物生産地である黒竜江省と遼寧省の政府が地元の大豆農家に対し、コーン農家以上に補助金を支給する計画が報じられた。ロイターによると、いずれの小でも補助金の詳細は後日発表になる見通し。中央政府は2016年に、コーンの備蓄プログラムを廃止、またコーンの作付を減らして大豆の増反を促進する方針を打ち出した。2020年までに大豆の作付を2015年9800万畝(1畝=0.066ヘクタール)から1億4000万畝に拡大を目指す。

Posted by 直    5/15/17 - 11:01   

5月住宅市場指数(HMI)は70に上昇、予想も上回る
  [経済指標]

住宅市場指数(HMI)
出所:全米住宅建設業協会(NAHB)、NY10:00発表

17年5月 17年4月 市場予想
住宅市場指数(HMI) 70 68 68

続きを読む

Posted by 松    5/15/17 - 10:05   

16/17年ロシア穀物輸出、5月10日時点で前年上回る3151.6万トン
  [穀物・大豆]

ロシアの税関データによると、同国の2016/17年度穀物輸出(7-6月)は5月10日時点で3151万6000トンとなり、前年同期を1.1%上回った。コーンが前年比2.5%増の435万2000トン、小麦は8.3%増えて2436万9000トンになった。

Posted by 直    5/15/17 - 09:44   

ウクライナ春穀物・豆類作付、5月12日時点で事前予想の88%終了
  [穀物・大豆]

ウクライナ農務省によると、同国の2017年に収穫となる春穀物・豆類の作付は5月12日時点で635万4000ヘクタールとなった。事前予想の88%終了。前年同期に比べると20万2000ヘクタールダウンという。このうち小麦が96%終了して17万1000ヘクタール、コーンの作付は事前見通しの86%に相当する38万9300ヘクタール。このほか、大豆の作付けが134万7000ヘクタールで、69%終わった。

Posted by 直    5/15/17 - 09:42   

5月NY連銀指数はマイナス1.0に低下、7ヶ月ぶりの低水準
  [経済指標]

ニューヨーク連銀指数
出所:ニューヨーク連邦準備銀行、NY8:30発表、季節調整値

現況指数 17年5月 17年4月 市場予想
総合 ▲1.0 5.2 7.5

続きを読む

Posted by 松    5/15/17 - 08:32   

12日のOPECバスケット価格は48.27ドルと前日から0.10ドル下落
  [エネルギー]

OPECバスケット価格
出所:石油輸出国機構(OPEC)、単位:ドル/バレル

日付 バスケット価格 前日比
5/12 (金) 48.27 ↓ 0.10
5/11 (木) 48.37 ↑ 1.06
5/10 (水) 47.31 ↑ 0.48
5/9 (火) 46.83 ↓ 0.04
5/8 (月) 46.87 ↑ 0.31

Posted by 松    5/15/17 - 07:14   

5/15(月)の予定
  [カレンダー]

経済指標
・5月ニューヨーク連銀指数 (08:30)
・5月住宅市場指数(HMI) (10:00)
・3月対米証券投資 (16:00)

エネルギー
・ガソリン・ディーゼル小売価格 (17:00)

農産物
・USDA輸出検証高 (11:00)
・4月NOPA大豆圧搾高 (12:00)
・4月全米コーヒー生豆在庫 (15:00)
・USDAクロップレポート (16:00)

Posted by 松    5/15/17 - 07:07   

2017年05月12日(金)

ブラジル・サンパウロ州無水アルコール価格は前週から2.87%下落
  [エタノール]

ブラジルサンパウロ州アルコール価格指数
出所:サンパウロ州立大Cepea、単位:ブラジルレアル/リットル

期間 無水アルコール 前週比 前年比 含水アルコール 前週比 前年比
5/8〜 5/12 1.6119 ↓ 2.87% ↑ 5.64% 1.4192 ↓ 2.73% ↑ 3.24%
5/1〜 5/5 1.6596 ↓ 0.22% ↑ 8.28% 1.4591 ↓ 2.56% ↑ 9.14%
4/24〜 4/28 1.6632 ↑ 0.18% ↑ 7.54% 1.4974 ↓ 0.01% ↑ 11.31%
4/17〜 4/20 1.6602 ↑ 1.61% ↑ 6.34% 1.4976 ↑ 1.66% ↑ 9.11%

Posted by 松    5/12/17 - 17:43   

債券:続伸、低調な経済指標背景に買い優勢
  [場況]

債権は続伸。朝方発表された4月の予想を下回る小売売上高、また消費者物価指数(CPI)の食品とエネルギーを除くコアが予想を下回る伸びだったほか、前年比で2%を下回る伸びだったのを受け、緩やかなペースの利上げにとどまるとの見方から買いが優勢となった。夜間取引で買いが先行し、相場は堅調に推移し、通常取引でも流れを継続。さらに、経済指標の発表に続いて買いのピッチが加速した。10年債利回りがほぼ一本調子で低下する格好となり、昼前に2.32%と3日以来の低水準を付けて一服。午後は2.3%台前半で推移した。

Posted by 直    5/12/17 - 17:31   

FX:ドル安、FRBの利上げ観測後退する中で売り膨らむ
  [場況]

ドル/円:113.37、ユーロ/ドル:1.0928、ユーロ/円:123.80 (NY17:00)

為替はドル安が進行。朝方発表された4月の小売売上高や消費者物価視指数が予想よりやや低い伸びにとどまったことを受け、FRBの利上げ観測が後退する中でドルに売りが膨らんだ。ドル/円は東京からロンドンにかけて、113円台後半のレンジ内でもみ合う展開。NY早朝には買い意欲が強まる場面も見られたが、114円台を回復することなく息切れ。その後は小売売上高や消費者物価指数の発表を受けて売りが加速、113円台前半まで一気に値を下げた。昼前に派売りも一服となったものの、押し目で積極的に買いを入れる向きもなく、午後に入っても同水準で上値の重い展開が続いた。

ユーロ/ドルは東京からロンドンにかけて、1.08ドル台半ばから後半にかけてのレンジ内で、上下を繰り返す展開。NYに入ると経済指標の発表を受けて買い意欲が強まり、1.09ドル台前半まで一気に値を伸ばした。中盤以降は買いも一服となったが、最後まで高値圏をしっかりと維持したまま取引を終了した。ユーロ/円は東京では123円台半ばから後半のレンジ内での小動き、ロンドン朝には売りに押される格好となったが、その後か意欲が強まり123円台後半までしっかりと値を伸ばした。NYに入ると買いも一服、123.80円を中心としたレンジ内で方向感悪上下を繰り返す展開、午後には動意も薄くなった。

Posted by 松    5/12/17 - 17:18   

株式;ダウ平均4日続落、米政治不透明感強まる中売り
  [場況]

ダウ工業平均:20,896.61↓22.81
S&P500:2,390.90↓3.54
NASDAQ:6,121.23↑5.27

NY株式市場で、ダウ平均が4日続落となり、4月24日以来の安値で引けた。米連邦捜査局(FBI)長官解任を背景に米国政治の不透明感が強まっており、売りの展開となった。小売決算が相次いで低調なことに加え、朝方発表された小売売上高が市場予想を下回ったのも投資家心理を冷やした。ただ、週末を控えて積極的な売りは手控え気味。ダウ平均は寄り付きから軟調な展開だったが、下げは比較的限られた。S&P500は3日連続で下落し、終値が4日以来の低水準。一方、ナスダックは上下に振れながら、最後に小反発。週ベースで、ダウ平均は4週連続、S&P500が2週連続でそれぞれ下落した一方、ナスダックは4週続伸となった。

セクター別では、小売関連の下落のほか、工業関連や金融が下がった。エネルギー、素材も軟調。ダウ銘柄では、ゼネラル・エレクトリック(GE)がアナリストの投資評価引き下げを受けたのが嫌気され、2.1%落ち込んだ。ゴールドマン・サックス(GS)、JPモルガン・チェース(JPM)も下落。シスコ・システムズ(CSCO)、インテル(INTC)、IBM(IBM)といったハイテク株が下げたものの、アップル(AAPL)は続伸し、しかも1.4%と前日以上の伸びとなった。百貨店のJCペニー(JCP)は既存店売上高が予想以上に減少したのが響いて14%下落。ノードストローム(JWN)も決算絡みで10.8%下がった。

Posted by 直    5/12/17 - 17:17   

ブラジルコーヒー輸出:12日現在54.83万袋と前月を10.9%上回る
  [コーヒー]

ブラジルコーヒー生豆輸出
出所:ブラジルコーヒー生豆輸出協会(CECAFE)、単位1,000袋(60kg)

5月12日 5月累計 前月(4/13) 前月比 前年比
輸出合計 84.836 548.267 494.555 ↑10.9% ↓37.7%
>アラビカ種 82.647 511.385 475.104 ↑7.6% ↓36.4%
>ロブスタ種 0.000 0.000 0.000 - -
>インスタント 2.189 36.882 19.451 ↑89.6% ↓42.0%

Posted by 松    5/12/17 - 17:05   

CFTC建玉報告
  [CFTC建玉報告]

CFTC建玉報告
出所:米商品先物取引委員会(CFTC)、NY15:30発表

5月9日 現在、 先物 + オプション サマリー

大口トレーダー(ノン・コマーシャル) ネット・ポジション 前週比
NYMEX-原油 △ 387606 ▼ 41613
NEMEX-RBOBガソリン △ 10352 ▼ 4000
NYMEX-暖房油 △ 29519 ▼ 11687
NYMEX-天然ガス △ 20325 ▼ 1063
COMEX-金 △ 141386 ▼ 43621
_
CBOT-小麦 ▼ 89812 △ 14408
CBOT-コーン ▼ 139057 ▼ 25982
CBOT-大豆 ▼ 22903 △ 10303
ICE US-粗糖 △ 40556 ▼ 13434
ICE US-コーヒー ▼ 2639 △ 1503
_
IMM-日本円 ▼ 34317 ▼ 7752
IMM-ユーロFX △ 24928 △ 31859
CBOT-DJIA (x5) △ 49315 ▼ 9153
CME-E-Mini S&P △ 96260 ▼ 2133

Posted by 松    5/12/17 - 15:32   

天然ガス:続伸、気温上昇予報支えにしっかりと買い集まる
  [場況]

NYMEX天然ガス6月限終値:3.424↑0.048

NY天然ガスは続伸。目先中西部から東部にかけて気温が上昇するとの予報が出る中、冷房需要の増加観測を支えにしっかりと買いが集まった。6月限は夜間取引ではポジション整理の売りが優勢、ややマイナス圏に入ったあたりを中心としたもみ合いとなった。朝方には3.30ドル台半ばまで値を下げたものの、通常取引開始後は一転して買い意欲が強まり、、3.40ドル台を回復。中盤以降はややペースが鈍ったものの、買いの勢いは衰えず、3.40ドル台前半まで値を切り上げた。

Posted by 松    5/12/17 - 15:23   

石油製品:小幅続伸、これまで流れ継いだ買い戻しが相場を主導
  [場況]

RBOBガソリン6月限:1.5761↑0.0139
暖房油6月限:1.4933↑0.0034

NY石油製品は小幅続伸。需給面で新たな材料が出た訳ではなかったが、これまでの流れを継いだテクニカルな買い戻しが下支えとなった。相場は夜間取引では売りが先行する場面も見られたが、朝方にかけては大きく買いが集まり週の高値を更新、通常取引開始後は原油の下落につれ安となり、暖房油はマイナス転落する場面も見られたが、中盤以降は再びしっかりと買いが集まった。

Posted by 松    5/12/17 - 15:17   

原油:ほぼ変わらず、中盤まで売りに押されるもその後値を回復
  [場況]

NYMEX原油6月限終値:47.84↑0.01

NY原油は前日からほぼ変わらず。中盤には売りに押される場面も見られたが、最後はしっかりと値を回復した。6月限は夜間取引から前日終値を中心に、方向感なく上下を繰り返す展開。朝方には48ドル台まで買い進まれる場面も見られたが、通常取引開始後は一転して売りに押される展開、株価の軟調さや弱気の経済指標が嫌気される中、47ドル台前半まで一気に値を崩した。その後は売りも一服、中盤から引けにかけてはジリジリと下げ幅を縮小する格好となり、最後は僅かながらもプラス圏に戻して取引を終了した。

Posted by 松    5/12/17 - 15:06   

大豆:続落、天候回復で作付ペース速まるとの見方が重石
  [場況]

CBOT大豆7月限終値:963-0↓3-1/4

シカゴ大豆は続落。中西部で天候が回復、作付作業のペースが速まるとの見通しが重石となる中、日中を通じて上値の重い展開が続いた。7月限は夜間取引から売りが優勢、960セント台前半までレンジを切り下げての推移となった。通常取引の開始後にはドル安やコーンの上昇につれて買い戻しが集まりプラス圏を回復したものの、早々に息切れ。中盤以降はややマイナス圏に入ったあたりで、ジリジリと値を切り下げる展開となった。

Posted by 松    5/12/17 - 14:46   

コーン:小幅反発、新年度の生産減少見通しが改めて下支え
  [場況]

CBOTコーン7月限終値:371-0↑1-3/4

シカゴコーンは小幅反発。10日の需給報告で新年度の生産が予想以上に減少するとの見通しが示されたことが改めて下支えとなる中、日中を通じて底堅い展開が続いた。7月限は夜間取引では売りが優勢、ややマイナス圏に入ったあたりでの推移が続いたものの、通常取引開始後は一転して買い意欲が強まり、370セント台まで値を回復。中盤には生産地で天候が回復、作付が遅れを取り戻すとの見方から売りに押される場面も見られたが、押し目では買い意欲強く、早々に下げ止まり。引けにかけては再び買いが優勢となり、プラス圏を回復して取引を終了した。

Posted by 松    5/12/17 - 14:42   

小麦:小幅反落、生産地の天候回復予報受けて上値の重い展開
  [場況]

CBOT小麦7月限終値:432-3/4↓1-0

シカゴ小麦は小幅反落。朝方には前日までの流れを継いだ買いが先行したものの、その後は生産地で天候が回復するのと見方が浮上する中で上値の重い展開となった。7月限は夜間取引では前日終値を中心としたレンジ内で上下を繰り返す展開。通常取引開始後には430セント台後半まで値を伸ばす場面も見られたが、早々に息切れ。中盤以降はややマイナス圏に入ったあたりを中心としたもみ合いが続いた。

Posted by 松    5/12/17 - 14:36   

金:小幅続伸、弱気の経済指標受けてFRBの利上げ観測後退
  [場況]

COMEX金6月限終値:1,227.7↑3.5

NY金は小幅続伸。朝方発表された消費者物価指数(CPI)や小売売上高がやや弱気の内容となり、FRBの利上げ観測が後退する中、長期金利の低下につれて投機的な買いが相場を主導した。6月限は夜間取引から買いが優勢、1,220ドル台後半までレンジを切り上げての推移となった。通常取引開始後はCPIや小売売上高の発表を受けて買いが加速、1,230ドル台前半まで上げ幅を拡大したが、それ以上の動きは見られず。中盤にかけては1,230ドルを挟んだレンジ内での推移となった。その後は改めて売りが優勢となったが、最後までプラス圏は維持したまま取引を終了した。

Posted by 松    5/12/17 - 14:11   

コーヒー:小幅反発、週末を前にポジション整理の買い戻し集まる
  [場況]

ICE-USコーヒー7月限終値:134.95↑0.70

NYコーヒーは小幅反発。需給面で新たな材料が出た訳ではなかったが、週末を前にポジション整理の買い戻しが集まった。7月限は夜間の時間帯は前日の終値近辺で方向感なくもみ合う展開。朝方にかけては売りが優勢となったが、NYに入ると一転して買い意欲が強まり、135セント台まで一気に値を回復した。中盤以降は値動きも落ち着き、ややプラス圏に入ったあたりを中心としたもみ合いが続いた。

Posted by 松    5/12/17 - 13:55   

インド、追加の砂糖輸入や小麦輸入関税引き上げの計画ない・農相
  [場況]

インドのパスワン食料相は11日のロイターとのインタビューで、4月に決めた以上の砂糖を輸入する計画はないと述べた。国内生産が2030万トンと、240万−2450万トンの消費を下回る見通しだが、前年から持ち越した在庫が770万トンあり、10月に2017/18年度が始まる時点で供給が需要を上回るためとコメント。政府は干ばつによる国内生産の不振を補うために50万トンの免税輸入を承認。しかし、ロイターによると、市場関係者の間で50万−100万トンの追加輸入の見方が出ている。

パスワン食料相はまた、小麦の輸入関税を一段と引き上げる予定はないとも述べた。3月に国内の収穫に先駆けて関税を10%引き上げたものの、南部の製粉所や菓子メーカーのほとんどは依然として価格面で輸入に意欲的と伝わっている。農相は、国内価格の下落を進めることなく、農家の収入も保証されている限り増税の必要なないという。

Posted by 直    5/12/17 - 13:50   

砂糖:続落、世界市場の供給過剰見通しが引き続き重石
  [場況]

ICE-US砂糖7月限終値:15.51↓0.12

NY砂糖は続落。主要生産国の増産で新年度の世界市場が供給過剰に転じるとの見通しが引き続き重石となる中、これまでの流れを継いだ売りが相場を主導した。7月限は夜間の時間帯はポジション整理の買い戻しが優勢、ややプラス圏に入ったあたりでの推移となった。朝方には15.80セント台まで値を伸ばす場面も見られたが、NYに入ると一転して売りに押し戻される展開。中盤にマイナス転落すると、そのまま最後までジリジリと下げ幅を拡大した。

Posted by 松    5/12/17 - 13:26   

米国内で稼動中のリグ(掘削機)は885基と前週から8基増加
  [エネルギー]

北米稼動リグ(掘削機)数
出所:ベーカーヒューズ社

5月12日 前週比 前年比 (%)
米国合計 885 ↑ 8 ↑ 479 ↑117.98%
>陸上油田 860 ↑ 7 ↑ 478 ↑125.13%
>湖沼(内陸部) 4 ↓ 1 ↑ 2 ↑100.00%
>海上 21 ↑ 2 ↓ 1 ↓4.55%
>>メキシコ湾 20 ↑ 2 ↓ 1 ↓4.76%
カナダ 80 ↓ 2 ↑ 37 ↑86.05%
北米合計 965 ↑ 6 ↑ 516 ↑114.92%

続きを読む

Posted by 松    5/12/17 - 13:06   

アルジェリア、約47万トンの製粉用小麦買い付け
  [穀物・大豆]

アルジェリアが12日に約47万トンの製粉用小麦を買い付けたとほじられた。関係者によると、黒海周辺国からの輸入とみられ、価格レンジは1トン197.50−199ドル。7月に出荷の予定という。

Posted by 直    5/12/17 - 11:31   

インド主要給水所の貯水量、雨期入り近付く中前年や平年上回る
  [天候]

インドの水資源省によると、91ヶ所ある主要給水所の貯水量は5月11日時点で最大能力の24%になった。前年同期の19%から上がり、過去10年平均の23%も僅かに上回る。東部で37%と最も高く、やはり前年や平均以上となった。ウッタルプラデシュ州などの中部とマハラシュトラ州を含む西部、北部も前年比プラスだが、平年との比較ではまちまち。また、給水所の数が31と最も多い南部では8%にとどまり、前年の12%や過去10年平均の19%を下回った。南部にはカルナタカやタミルナドゥ、アンドラプラデシュといった州などがある。

インドの気象局は、15日前後にモンスーンがアンダマン海やニコバル諸島に到達するとの見通しを示している。モンスーンは通常、アンダマン海に入ってから約10日後に南部のケララ州に到達する。

インドの給水所は、飲用にもちろん、国内で灌漑農地が約半分しかないことから、大豆やコーン、砂糖きびなどの作付や生育に欠かせず、また、秋の作付の鍵も握る。

Posted by 直    5/12/17 - 11:15   

モロッコ穀物輸入、国内生産の改善背景に17%減少見通し・FAO
  [穀物・大豆]

国連食糧農業機関(FAO)によると、モロッコの2017/18年度穀物輸入は前年から17%減少して756万6000トンにとどまる見通しとなった。2017年の国内生産が1007万1000トンと、前年の2倍近くに膨らみ、輸入需要がやや下向くとみられるのが背景にある。

チュニジアでも、2017年の穀物生産が前年のほぼ2倍になる245万1000トンの見通しで、2017/18年度の輸入は358万トンと前年から9%減少の予想となった。一方、アルジェリアの穀物生産は前年比18%増の390万6000トン、2017/18年度の輸入が前年と同じ830万トンの見通しである。

Posted by 直    5/12/17 - 10:47   

3月企業在庫は前月から0.22%増加、予想上回る
  [経済指標]

企業在庫・在庫率
出所:米国勢調査局、NY10:00発表、季節調整値、単位100万ドル

17年3月 前月比 17年2月 市場予想
企業在庫 1840832 ↑0.22% ↑0.14% ↑0.1%
在庫率 1.353 ↑0.003 1.350

続きを読む

Posted by 松    5/12/17 - 10:11   

5月ロイター/ミシガン大消費者指数は97.7に上昇、予想も上回る
  [経済指標]

ロイター/ミシガン大消費者指数
出所:ロイター/ミシガン大学、NY10:00発表

17年5月 17年4月 市場予想
消費者指数速報値 97.7 97.0 96.5

続きを読む

Posted by 松    5/12/17 - 10:01   

ロシア春穀物・豆類作付、5月11日時点で37.9%終了
  [穀物・大豆]

ロシア農務省によると、国内の2017年春穀物・豆類の作付は5月11日時点で2000万ヘクタールになり、事前予想の37.9%終了した。前年同期の2290万ヘクタールからはダウン。穀物だけで1180万ヘクタールとなり、前年の1370万ヘクタールを下回った。小麦の作付は250万ヘクタールで、18.8%終わり、前年の350万ヘクタールを下回る。一方、コーンの作付が事前見通しの67.2%に当たる210万ヘクタールで、前年の190万ヘクタールを上回った。大豆は35.1%終了して79万4400ヘクタール、前年の56万5700ヘクタールからアップ。このほか、冬穀物で作付されたうちの76.5%である1330万ヘクタールで追肥が行われたことも明らかにした。

Posted by 直    5/12/17 - 09:26   

4月の消費者物価指数(CPI)0.17%上昇、コア上昇率は0.07%
  [経済指標]

消費者物価指数(CPI)
出所:米労働省、NY8:30発表、季節調整値、1982-84年=100

前月比 17年4月 17年3月 市場予想
消費者物価指数 ↑0.17% ↓0.29% ↑0.2%
コア(エネルギー・食品除く) ↑0.07% ↓0.12% ↑0.2%

続きを読む

Posted by 直    5/12/17 - 08:35   

4月小売売上高は前月から0.39%増加、予想は下回る
  [経済指標]

小売売上高
出所:米国勢調査局、NY8:30発表、季節調整値、単位100万ドル

17年4月 前月比 17年3月 市場予想
小売売上高 474948 ↑0.39% ↑0.12% ↑0.6%
>自動車除く 377805 ↑0.30% ↑0.28% ↑0.5%

続きを読む

Posted by 松    5/12/17 - 08:31   

アルゼンチン大豆収穫見通し、100万トン引き上げ・BA取引所
  [穀物・大豆]

アルゼンチンのブエノスアイレス穀物取引所は11日付けのクロップレポートで、2016/17年度大豆生産見通しを5750万トンと、従来の5650万トンから引き上げた。収穫はこれまでに66.5%終了。降雨にもかかわらず、前週比で17.5ポイント進み、前年同期を15.3ポイント上回った。イールドは前週から0.1トン下がって3.3トンとなるも、北東部やエントレリオス州中央東部では過去最高、ほかの地域でも記録的な水準と指摘。この結果、生産見通しの上方修正に至ったという。

Posted by 直    5/12/17 - 08:18   

アルゼンチンコーン生産見通し、200万トン上方修正・BA取引所
  [穀物・大豆]

アルゼンチンのブエノスアイレス穀物取引所は11日付けクロップレポートで、2016/17年度コーン生産見通しを3700万トンから3900万トンに引き上げた。収穫が順調に進んでおり、高イールドが見込まれているためという。また、作付推定も20万ヘクタール引き上げたとしている。収穫はこれまでに31.8%終了し、前週から2.8ポイントアップ。前年同期も約3ポイント上回る。

Posted by 直    5/12/17 - 08:18   

11日のOPECバスケット価格は48.37ドルと前日から1.06ドル上昇
  [エネルギー]

OPECバスケット価格
出所:石油輸出国機構(OPEC)、単位:ドル/バレル

日付 バスケット価格 前日比
5/11 (木) 48.37 ↑ 1.06
5/10 (水) 47.31 ↑ 0.48
5/9 (火) 46.83 ↓ 0.04
5/8 (月) 46.87 ↑ 0.31
5/5 (金) 46.56 ↓ 0.88

Posted by 松    5/12/17 - 07:12   

5/12(金)の予定
  [カレンダー]

経済指標
・4月消費者物価指数(CPI) (08:30)
・4月小売売上高 (08:30)
・5月ロイター/ミシガン大消費者指数速報値 (10:00)
・3月企業在庫・在庫率 (10:00)

エネルギー・メタル
・北米稼動リグ(掘削機)数 (13:00)

農産物
・ブラジルサンパウロ州アルコール価格指数

・CFTC建玉報告 (15:30)

納会日
・穀物・大豆・大豆製品 5月限納会

Posted by 松    5/12/17 - 07:01   

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

WEB会員
メールマガジン
Okato20170826




当ウェブサイト上で提供している内容は、信頼に値すると判断した情報を基に作成されていますが、
あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。
投資の決断は、投資家自身の判断に基いて下してください。
先物取引はリスクの高い取引であり、多大な損失をもたらす場合があります。
投資を行う前には 十分な考慮が必要です。

Copyright © 2017-2019   Yosoukai Global Investors, Inc.,  All rights reserved
無断転載、引用は固くお断りします

会社概要サービス広告掲載 プライバシーポリシーお問い合わせ