ホーム 無責任トーク 予想 データ ニュース 相場ひとひねり よそうかい横丁 リンク サイト案内

はやみみニュース アップデート



10月

2018


  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      


カテゴリーリスト

検索




最近のはやみみ


2018年10月10日(水)

18/19年ブラジルコーン生産見通し据え置き、前年から16.6%増加
  [穀物・大豆]

米農務省(USDA)アタシェによると、ブラジルの2018/19年度コーン生産見通しは9500万トンで据え置きとなった。前年比にして16.6%の増加。価格上昇がサフリーニャコーンの作付増加に寄与し、またイールドの改善も手伝い、前年の不作から回復する格好になる。

2018/19年度の輸出は3000万トンの予想で、従来の3200万トンから引き下げだが、前年からは42.9%増加する。生産増加、またレアル安によって競争力が高まったことも輸出を押し上げるとの見方である。ただ、為替レートに関しては10月の大統領選の結果次第で、また輸送費も輸出を左右する可能性を示唆した。

国内消費は6350万トンから6550万トンに上方修正、前年との比較で4.8%の増加見通しになった。期末在庫が836万9000トンから1331万9000トンに引き上げられ、前年の推定1301万9000トン(修正値)を上回る。

ブラジルの2018/19年度小麦生産見通しは520万トンで、従来の550万トンから引き下げとなった。2大生産地のパラナ州とリオグランデ・ド・スル州で乾燥が続き、また降霜がみられたことが背景にある。それでも悪天候から落ち込んだ前年との比較にすると22%の増加。

Posted by 直    10/10/18 - 08:22 

ページのトップへ ページのトップへ

WEB会員
okachi
投資戦略フェア




当ウェブサイト上で提供している内容は、信頼に値すると判断した情報を基に作成されていますが、
あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。
投資の決断は、投資家自身の判断に基いて下してください。
先物取引はリスクの高い取引であり、多大な損失をもたらす場合があります。
投資を行う前には 十分な考慮が必要です。

Copyright © 2017-2019   Yosoukai Global Investors, Inc.,  All rights reserved
無断転載、引用は固くお断りします

会社概要サービス広告掲載 プライバシーポリシーお問い合わせ