ホーム 無責任トーク 予想 データ ニュース 相場ひとひねり よそうかい横丁 リンク サイト案内

はやみみニュース アップデート



10月

2018


  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      


カテゴリーリスト

検索




最近のはやみみ


2018年10月12日(金)

FX:ドル高、株高の進行好感する中でしっかりと買い集まる
  [場況]

ドル/円:112.17、ユーロ/ドル:1.1557、ユーロ/円:129.61 (NY17:00)

為替はドル高が進行。週末を前に株にポジション調整の買い戻しが入ったことを好感、ドルにしっかりと買いが集まる展開となった。ドル/円は東京から買いが優勢、午後にかけて112円台半ばまでジリジリと値を切り上げる展開となった。その後は買いも一服、ロンドンでは112円台前半まで値を切り下げての推移。NYに入ると株に改めて売り圧力が強まるのにつれて下落に転じ、昼過ぎには112円を割り込むまでに値を下げたものの、午後からはしっかりと値を回復。112円台前半まで戻して越週となった。

ユーロ/ドルは東京では買いが優勢、1.16ドル台を回復するまでに値を切り上げての推移となった。午後からは一転して売りに押される格好となり、ロンドンでは1.15ドル台後半まで反落。NYに入ると1.15ドル台前半まで下げ幅を拡大した。その後は売りも一服、中盤以降は動意も薄くなり1.15ドル台半ばのレンジ内での推移が続いた。ユーロ/円は東京から買いが先行、午後には130円台半ばまで値を伸ばした。その後は一転して売り圧力が強まり、ロンドンでは130円割れを試すまでに反落。NYに入っても売りの勢いは衰えず、昼には129円台半ばまで値を下げた。午後遅くには株価の回復につれて買いが集まり、129円台後半まで値を戻した。

Posted by 松    10/12/18 - 17:28   

債券:小反落、日中買い入るも株価反発受けて売り出る展開
  [場況]

債券は小反落。株式相場が取引終盤に下げから回復し、大きく上昇したのを受け、債券には売りが出る展開となった。夜間取引では売りが先行したが、朝方にはペースも鈍り、10年債利回りは3.1%台後半に上昇の後前日の水準に戻した。株価が弱含むのを追う形で一時、買いに弾みが付き、10年債は低下。3.1%台前半に下がった。しかし、引けにかけて株価反発を背景に改めて売りが膨らみ、上昇に転じた。

Posted by 直    10/12/18 - 17:21   

株式:大幅反発、割安感強まる中で週末を前に買い戻し集まる
  [場況]

ダウ工業平均:25,339.99↑287.16
S&P500:2,767.13↑38.76
NASDAQ:7,496.89↑167.83

NY株式は大幅反発。ここまでの急落で割安ぎ感が高まる中、週末を前にポジション調整の買い戻しが集まった。ダウ平均は寄り付きから大きく買いが先行、早々に300ポイントを大きく超えるまで値を伸ばした。中盤にかけては一転して売りに押し戻される格好となり、昼過ぎには小幅ながらマイナス転落する場面も見られたが、押し目では買い意欲も強く、しっかりと下げ止まり。引けにかけては改めて買い意欲が強まった。

セクター別では、通信やコンピューター関連、バイオテクノロジーなどが大きく値を伸ばしたほか、一般消費財や半導体も上昇。一方で保険関連や金関連は軟調、朝方発表された大手金融機関の決算が予想を上回ったにも関わらず、銀行株も上値が重かった。ダウ銘柄では、ビサ(V)が4.73%の上昇となったほか、ウォルグリーン(WBA)やシスコ・システムズ(CSCO)、アップル(AAPL)、マイクロソフト(MSFT)も3%を超える上昇を記録した。一方JPモルガン・チェース(JPM)は1.09%の下落、シェブロン(CVX)、トラベラーズ(TRV)、エクソン・モービル(XOM)の計4銘柄は値を下げた。

Posted by 松    10/12/18 - 16:46   

大豆:続伸、USDA需給報告を引き続き手掛かりに買い進む
  [場況]

CBOT大豆11月限終値:867-1/2↑9-1/4

シカゴ大豆は続伸。前日発表されたUSDA需給報告を引き続き手掛かりに買いが進んだ。11月限夜間取引で買いが優勢となり、860セント台に上昇した。朝方に買いのペースが鈍る場面があったが、通常取引に入って860セント割れに近付いたところで改めて買いに弾みが付いた。868-0セントまで上昇し、いったん伸び悩んでから、取引終盤に改めて本日の高値圏に強含んだ。

Posted by 直    10/12/18 - 16:38   

コーン:続伸、前日のUSDA需給報告が再び買いを支援
  [場況]

CBOTコーン12月限終値:373-3/4↑4-1/2

シカゴコーンは続伸。前日の強気のUSDA需給報告が再び買いを支援した。夜間取引でやや買いが進み、12月限は370Zを超える上昇となった。朝方にいったん値を消し、しばらく前日の終値近辺でもみ合い。しかし、通常取引に入ってピッチの速い買いにより強含んだ。しっかりと値を伸ばし、引け近くには374-0Zと8月21日以来の高値を更新した。

Posted by 直    10/12/18 - 16:36   

小麦:反発、週末控えポジション調整の買い優勢
  [場況]

CBOT小麦12月限終値:517-1/4↑9-1/4

シカゴ小麦は反発。週末を控え、ポジション調整の買いが優勢となった。12月限は夜間取引で買いが先行し、510セント台に上昇した。通常取引開始時に伸び悩む場面があったが、節目を下回ると改めて買いに弾みが付き、ピッチの速い上昇にシフト。519-0セントと前日の高値近くに上がってから買いも一服となり、その後は510セント台後半でもみ合った。

Posted by 直    10/12/18 - 16:31   

CFTC建玉報告
  [CFTC建玉報告]

CFTC建玉報告
出所:米商品先物取引委員会(CFTC)、NY15:30発表

10月9日 現在、 先物 + オプション サマリー

大口トレーダー(ノン・コマーシャル) ネット・ポジション 前週比
NYMEX-原油 △ 538782 ▼ 27226
NEMEX-RBOBガソリン △ 48330 △ 420
NYMEX-暖房油 △ 111201 ▼ 3662
NYMEX-天然ガス ▼ 6056 △ 21673
COMEX-金 ▼ 56998 ▼ 21797
_
CBOT-小麦 ▼ 7957 ▼ 2657
CBOT-コーン △ 20492 △ 16764
CBOT-大豆 ▼ 42835 △ 1773
ICE US-粗糖 ▼ 25737 △ 57363
ICE US-コーヒー ▼ 76238 △ 12659
_
IMM-日本円 ▼ 117731 ▼ 1186
IMM-ユーロFX ▼ 18727 ▼ 12013
CBOT-DJIA (x5) △ 44915 ▼ 9720
CME-E-Mini S&P △ 243186 △ 30134

Posted by 松    10/12/18 - 15:35   

ハリケーンによるメキシコ湾の石油、天然ガス生産の回復続く
  [場況]

米BSEE(安全環境局)が13日に発表したデータによると、ハリケーン「マイケル」の影響で、NY時間12:30現在、メキシコ湾のプラットフォーム9ヶ所から職員が避難、前日の報告で59ヶ所だったのから一気に減少した。これに伴い日量55万313バレルの石油生産と、3億3,400万立方フィートの天然ガス生産が停止している。それぞれメキシコ湾における生産全体の32.4%、13.5%に相当、前日の68万107バレル、7億4,400万立方フィートからどちらも生産停止が縮小した。

Posted by 松    10/12/18 - 15:21   

天然ガス:続落、前日の弱気の在庫統計が改めて売り呼び込む
  [場況]

NYMEX天然ガス11月限終値:3.161↓0.061

NY天然ガスは続落。前日の在庫統計が予想をやや上回る大幅な積み増しとなったのが重石となる中、ポジション整理の売りが相場を主導する展開となった。11月限は夜間取引から買いが優勢、3.20ドル台後半まで値を切り上げての推移となった。朝方にかけては改めて売りに押される格好となり、あっさりとマイナス転落。通常取引開始後には売り圧力が強まり、3.10ドル台半ばまで一気に下げ幅を拡大した。その後は一旦買い戻しが集まったものの、中盤以降は再び売りが優勢、安値近辺まで値を下げて取引を終了した。

Posted by 松    10/12/18 - 15:09   

石油製品:ガソリンが反発する一方、暖房油は続落
  [場況]

RBOBガソリン11月限:1.9420↑0.0093
暖房油11月限:2.3213↓0.0109

NY石油製品はガソリンが反発する一方、暖房油は続落。相場は夜間取引では買いが先行、ここまでの下落で売られ過ぎ感が高まる中、ポジション整理の動きが相場を主導した。朝方からは改めて売りに押し戻される格好となり、あっさりとマイナス転落。昼にかけて下げ幅を拡大した後、再び買い戻しが集まる展開。ガソリンはプラス転換したが、暖房油はマイナス圏のまま取引を終了した。

Posted by 松    10/12/18 - 15:02   

原油:反発、売られ過ぎ感高まる中でしっかりと買い集まる
  [場況]

NYMEX原油11月限終値:71.34↑0.37

NY原油は反発。ここまでの下落で売られ過ぎ感が高まる中、ポジション整理の買い戻しが相場を主導する展開となった。イランの生産減少など、目先の需給逼迫に対する懸念も改めて下支えとなった。11月限は夜間取引から買いが先行、71ドル台後半まで値を戻しての推移となった。通常取引開始後は改めて売りに押し戻される格好となり、昼前には71ドルを割り込むまで値を下げたものの、この水準では買い意欲も強く、しっかりと下げ止まり。引けにかけて71ドル台前半まで値を回復した。

Posted by 松    10/12/18 - 14:54   

金:反落、前日の急伸の反動から手仕舞い売りに押される
  [場況]

COMEX金12月限終値:1,222.0↓5.6

NY金は反落。前日の急伸の反動から、ポジション整理の売りに押される展開となった。株に買いが先行したことも弱気に作用した。12月限は夜間取引から売りが先行、一時1,220ドルを割り込むまで値を下げる場面も見られた。早朝からは一転して買い意欲が強まり、通常取引開始後には1,220ドル台後半まで値を回復。その後は再び売りに押される展開、不安定な上下を繰り返しながらも、1,220ドル台前半まで値を下げた。中盤以降は値動きも一服、同水準でのもみ合いが続いた。

Posted by 松    10/12/18 - 14:06   

コーヒー:続伸、材料難の中で投機的な買いが相場を主導
  [場況]

ICE-USコーヒー12月限終値:116.55↑3.65

NYコーヒーは続伸。需給面で新たな材料が出た訳ではなかったが、ここまでの流れを継いだ投機的な買いが相場を主導、期近終値ベースで6月11日以来の高値を更新した。12月限は夜間の時間帯から買いが優勢、113セント台までレンジを切り上げての推移となった。NYに入ると改めて騰勢を強める格好となり、中盤には115セント台まで上げ幅を拡大。その後は買いの勢いは衰えず、引け間際には116セント台後半まで値を伸ばして取引を終了した。

Posted by 松    10/12/18 - 13:52   

フランス砂糖ビートイールド、病害で引き下げの可能性・地元紙
  [砂糖]

フランスの砂糖ビートイールドが病害によって引き下げの可能性があると報じられた。地元農業新聞Le Betteravierによるお、褐斑病菌.の被害が背景にある。フランス農務省は、2018年砂糖ビート生産推定をイールドの下方修正を反映して前月時点での4110万トンから4040万トンに引き下げたが、さらなる下方修正も懸念されるという。調査機関ITBの幹部は同紙に対し、朝方は気温が低く、湿度も高め、午後には気温が上昇と病害が広がりやすい環境にあると述べ、生産地各地で被害がみられるという。

Posted by 直    10/12/18 - 13:48   

ロシア砂糖ビート収穫、10月11日時点で64.4%終了
  [砂糖]

ロシア農務省によると、2018年砂糖ビートの収穫は10月11日時点で2540万トンとなった。面積にして71万4000ヘクタールで、事前予想の64.4%終了。イールドが35.56トンという。

Posted by 直    10/12/18 - 13:38   

ロシア冬穀物作付、10月11日時点で92.5%終了・農務省
  [穀物・大豆]

ロシア農務省によると、2019年に収穫となる冬穀物の作付は10月11日時点で1590万ヘクタールとなった。事前予想の92.5%終了で、前年同期の1520万ヘクタールを上回る。

Posted by 直    10/12/18 - 13:38   

2018年ロシア穀物・豆類収穫、11日時点で1.079億トン・農務省
  [穀物・大豆]

ロシア農務省によると、国内の2018年穀物・豆類収穫が10月11日時点で1憶790万トンと、前年同期の1億2990万トンを下回った。面積にして4230万ヘクタールで、前年の4350万ヘクタールからダウン、イールドも2.55トンになり、前年の2.99トンを下回った。冬小麦と春小麦あわせて2580万ヘクタールから7210万トンが収穫済み、イールドが2.79トンとなった。またコーンの収穫が130万ヘクタールから550万トン、イールドは4.32トンである。

Posted by 直    10/12/18 - 13:37   

17/18年ブラジルMT州コーン生産推定、5回連続の上方修正
  [穀物・大豆]

ブラジル・マットグロッソ州の農業経済研究所(IMEA)は、同州の2017/18年度コーン生産推定を2758万2418トンと、8月の前回報告での2739万194トンから引き上げた。昨年11月に発表した初回予測の2474万1947トンから今年2月、3月、5月、8月に続いて5回連続の上方修正。生育期の降雨がイールドを押し上げたのが背景にあるという。

生産は前年の過去最高に比べると9.42の減少だが、過去2番目に大きな規模である。作付推定を前年比2.56%減の461万7580ヘクタールで据え置いた。イールドは98.9袋から99.6袋に上方修正。前年比で7.04%ダウンになる。

Posted by 直    10/12/18 - 13:31   

2018/19年度ブラジルMT州大豆生産、3年ぶりの減少見通し
  [穀物・大豆]

ブラジル・マットグロッソ州の農業経済研究所(IMEA)は、同州の2018/19年度大豆生産が3245万4131トンと、前年から0.22%減少する見通しを示した。小幅ながらも、3年ぶりのマイナス転落をみている格好になる。

作付は961万9692ヘクタールで、前年から1.64%増加。国際需要の増加を背景に栽培意欲が高まったという。しかし、イールドが前年の過去最高の57.28袋から56.23袋に低下するのを見越す。

Posted by 直    10/12/18 - 13:30   

砂糖:続伸、材料難の中でこれまでの流れ継いだ買いが先行
  [場況]

ICE-US砂糖3月限終値:13.07↑0.15

NY砂糖は続伸。ブラジル市場が祝日で休み、需給面で新たな材料も見当たらない中、これまでの流れを継いだ投機的な買いが相場を主導する展開となった。3月限は夜間の時間帯から買いが優勢、13セントの節目を回復してのもみ合いが続いた。NYに入ると改めて買い意欲が強まり、中盤には13.285セントの日中高値まで上げ幅を拡大。その後は一転して売りに押し戻される格好となったものの、13セント台はしっかりと維持したまま取引を終了した。

Posted by 松    10/12/18 - 13:28   

中国の9月原油輸入は前月から0.18%増加・税関総局
  [エネルギー]

中国税関総局が12日に明らかにしたデータによると、同国の9月の原油輸入は3,721万トン(日量9079.16万バレル)と8月の日量907.50万バレルから0.18%増加した。前年比では3.69%の増加となる。年初来の累計では3億3,640万6,000トン(日量903.24万バレル)と、前年同期を5.85%上回っている。石油製品の輸入は291.7万トンと、前月の270.4万トンから7.88%増加、前年の229.6万トンからは27.05%増加した。年初来の累計では2,458万9,000トンと、前年同期を9.75%上回っている。

Posted by 松    10/12/18 - 13:21   

米国内で稼動中のリグ(掘削機)は1,063基と前週から11基増加
  [エネルギー]

北米稼動リグ(掘削機)数
出所:ベーカーヒューズ社

10月12日 前週比 前年比 (%)
米国合計 1063 ↑ 11 ↑ 135 ↑14.55%
>陸上油田 1037 ↑ 11 ↑ 130 ↑14.33%
>海上 23 →0 ↑ 3 ↑15.00%
>>メキシコ湾 22 →0 ↑ 2 ↑10.00%
カナダ 195 ↑ 13 ↓ 17 ↓8.02%
北米合計 1258 ↑ 24 ↑ 118 ↑10.35%

続きを読む

Posted by 松    10/12/18 - 13:06   

10月ロイター/ミシガン大消費者指数は99.0に低下、予想も下回る
  [経済指標]

ロイター/ミシガン大消費者指数
出所:ロイター/ミシガン大学、NY10:00発表

18年10月 18年9月 市場予想
消費者指数速報値 99.0 100.1 100.0

10月のロイター/ミシガン大消費者指数は99.0と、前月の100.1から低下した。市場予想も下回った。現状指数は115.2から114.4、6ヶ月後を占う期待指数は90.5から89.1にそれぞれ下がった。

1年後のインフレ見通しは2.8と、前月の2.7から上昇した。一方、5年後は2.5から2.3に低下、2016年12月以来の低水準となった。

Posted by 松    10/12/18 - 10:00   

輸出成約高:小麦、コーン、大豆共に前週から減少
  [穀物・大豆]

USDA輸出成約高
出所:米農務省、NY8:30発表、単位1,000トン

10/4/18 今年度 次年度 合計 前週比 市場予想 繰り越し 17/18年
小麦 339.0 0.0 339.0 ↓22.1% 300.0 〜600.0 - -
コーン 1006.7 0.0 1006.7 ↓29.7% 1000.0 〜1500.0 - -
大豆 439.7 4.6 444.3 ↓70.9% 800.0 〜1300.0 - -
大豆ミール 348.2 0.0 348.2 ↓26.0% 150.0 〜450.0 665.0 3.0
大豆油 11.4 0.0 11.4 ↓34.1% 0.0 〜26.0 65.0 0.7

Posted by 松    10/12/18 - 08:45   

9月輸入物価指数は前月から0.47%上昇
  [経済指標]

輸入・輸出物価指数
出所:米労働省、NY8:30発表、2000年=100

18年9月 前月比 前年比 18年8月
輸入物価指数 128.2 ↑0.47% ↑3.47% ↓0.39%
>非燃料 117.4 →0.00% ↑0.60% ↓0.17%
輸出物価指数 127.2 →0.00% ↑2.66% ↓0.16%

続きを読む

Posted by 松    10/12/18 - 08:36   

18/19年度パラグアイ大豆作付、前年比横ばい見通し
  [穀物・大豆]

パラグアイ穀物・油糧作物輸出協会(CAPECO)によると、同国の2018/19年度大豆作付は350万ヘクタールウと、前年比横ばいの見通しになった。生産予想が約1000万トン。協会のデータは、作付はこれまでのところ70%ほど終了。一部では水分過剰なところもあるが、作業は基本的に順調という。パラグアイは規模に開きこそあるものの、ブラジルとアルゼンチンに次いで南米3番目に大豆の生産規模が大きく、また近年は増加基調にあると伝わっている。

Posted by 直    10/12/18 - 08:25   

9月の中国大豆輸入、前年から1.2%減少・税関総局
  [穀物・大豆]

中国税関総局の暫定データによると、9月の大豆輸入は801万トンと、前年同月から1.2%減少した。年初から9月まであわせて7001万トンになり、前年同期を2.0%下回る。

Posted by 直    10/12/18 - 08:14   

2018/19年度アルゼンチンコーン作付、10日時点で26.9%終了
  [穀物・大豆]

アルゼンチンのブエノスアイレス穀物取引所のクロップレポートによると、2018/19年度コーン作付は10日時点で26.9%終了した。前週から7.4ポイントアップ、前年同期にほぼ22%だったのを上回る。この一週間作業は主に中部や南部に拡大。土壌水分はまずまずという。取引所は作付見通しを580万ヘクタールで据え置いた。

Posted by 直    10/12/18 - 08:08   

アルゼンチン北西部と北東部小麦収穫開始、イールドに水不足の影響
  [穀物・大豆]

アルゼンチンのブエノスアイレス穀物取引所のレポートによると、北西部と北東部で登熟期の水不足の影響がイールドに出ている中2018/19年度小麦の収穫が始まった。9月初めの寒波も当時出穂期にあったブエノスアイレス州北部と南部のイールドに悪影響を及ぼす可能性も示唆。ただ、サンタフェ州やエントレリオス州東部中央、ブエノスアイレス州の中部と南部ではこの1週間の降雨により、小麦が作付された農地の土壌水分も十分になったともいう。

Posted by 直    10/12/18 - 08:07   

IEA、世界石油需要見通しを前月から下方修正
  [エネルギー]

国際エネルギー機関(IEA)は12日に発表した月報で、2018年度の世界石油需要の伸びを前年比で日量130万バレルと推定、前月から11万バレル下方修正した。2019年度の伸びも日量140万バレルと、11万バレルの引き下げとなった。修正は石油価格の高騰や中国のデータ修正により、世界経済見通しが弱気修正されたことによるもの。この内OECD諸国の需要は1-3月期の需要が好調だったことや米国の成長を背景に、2018年は前年から30万バレル増加、2019年には13万バレルに伸びが鈍化する。非OECD諸国の伸びは2018年が日量100万バレル、中国とインドの伸びが全体の60%を占めている。

続きを読む

Posted by 松    10/12/18 - 07:39   

11日のOPECバスケット価格は80.14ドルと前日から2.46ドル下落
  [エネルギー]

OPECバスケット価格
出所:石油輸出国機構(OPEC)、単位:ドル/バレル

日付 バスケット価格 前日比
10/11 (木) 80.14 ↓2.46
10/10 (水) 82.60 ↓0.57
10/9 (火) 83.17 ↑1.29
10/8 (月) 81.88 ↓1.36
10/5 (金) 83.24 ↓0.85

Posted by 松    10/12/18 - 06:53   

10/12(金)の予定
  [カレンダー]

経済指標
・9月輸入・輸出物価指数 (08:30)
・10月ロイター/ミシガン大消費者指数速報値 (10:00)
・9月財政収支 (14:00)

エネルギー
・国際エネルギー機関(IEA)月報
・北米稼動リグ(掘削機)数 (13:00)

農産物

・USDA輸出成約高 (08:30)

・CFTC建玉報告 (15:30)

納会日

・大豆製品 10月限納会

Posted by 松    10/12/18 - 06:49   

2018年10月11日(木)

ブラジル・サンパウロ州無水アルコール価格は前週から2.22%上昇
  [エタノール]

ブラジルサンパウロ州アルコール価格指数
出所:サンパウロ州立大Cepea、単位:ブラジルレアル/リットル

期間 無水アルコール 前週比 前年比 含水アルコール 前週比 前年比
10/8〜 10/11 1.9619 ↑ 2.22% ↑ 21.67% 1.8211 ↑ 1.77% ↑ 20.18%
10/1〜 10/5 1.9193 ↑ 3.24% ↑ 19.52% 1.7894 ↑ 4.63% ↑ 19.15%
9/24〜 9/28 1.8591 ↑ 1.40% ↑ 17.46% 1.7102 ↑ 1.51% ↑ 17.16%
9/17〜 9/21 1.8335 ↑ 0.10% ↑ 16.03% 1.6848 ↑ 1.25% ↑ 16.68%

Posted by 松    10/11/18 - 19:18   

債券:続伸、予想下回るCPIや株価大幅下落背景に買い優勢
  [場況]

債券は続伸。朝方発表された消費者物価指数(CPI)が予想を下回ったことや、株式相場が再び大きく下げたのを背景に買いが優勢となった。夜間取引から朝方にかけて方向感に欠ける展開だったが、その後は買いが集まった。10年債利回りは3.2%近くまで上昇の場面もあったが、下げに転じ、午後には3.12%と3日以来の低水準を付けた。

Posted by 直    10/11/18 - 17:44   

FX:対ユーロ中心にドル安、米株の下落嫌気し売り膨らむ
  [場況]

ドル/円:112.15、ユーロ/ドル:1.1593、ユーロ/円:130.03 (NY17:00)

為替は対ユーロを中心にドル安が進行。米株の下落が加速する中、リスク回避の売りがドルに集まった。朝方発表された消費者物価指数が予想を下回る伸びにとどまり、米長期金利の上昇が一服したことも、ドルに弱気に作用した。ドル/円は東京からロンドンにかけて、112円台前半の狭いレンジ内でもみ合う展開。NY朝には買い意欲が強まり112円台半ばまで値を伸ばしたものの、早々に息切れ。中盤にかけては一転して売りに押し戻される格好となり、午後には111円台後半まで値を下げた。売り一巡後には112円台まで値を回復したものの、それ以上の動きは見られなかった。

ユーロ/ドルは東京から買いが先行、ブレグジットがスムーズに進むとの期待が下支えとなる中、早々に1.15ドル台半ばまで値を伸ばした。その後は売りに押し戻される格好となり、ロンドン朝には1.15ドル半ばで値を下げたものの、押し目では買い意欲も強く、NY朝には1.16ドルを試すまでに上げ幅を拡大。中盤にかけて再び売りが優勢となったが、午後遅くには1.15ドル台後半まで値を伸ばした。ユーロ/円は東京から買いが優勢、129円台後半まで値を切り上げての推移となった。ロンドンでは129円台半ばから後半のレンジ内での推移、NY朝にかけては再び買い意欲が強まり、130円台を回復した。その後は上値が重くなったものの、130円の節目近辺の水準をしっかりと維持しての推移が続いた。

Posted by 松    10/11/18 - 17:31   

ブラジルコーヒー輸出:11日現在75.66万袋と前月を7.0%上回る
  [コーヒー]

ブラジルコーヒー生豆輸出
出所:ブラジルコーヒー生豆輸出協会(CECAFE)、単位1,000袋(60kg)

10月11日 10月累計 前月(9/13) 前月比 前年比
輸出合計 369.933 756.579 707.412 ↑7.0% ↑113.5%
>アラビカ種 344.883 702.430 572.759 ↑22.6% ↑116.3%
>ロブスタ種 6.850 22.499 81.206 ↓72.3% ↓17.1%
>インスタント 18.200 31.650 53.447 ↓40.8% ↑16.7%

Posted by 松    10/11/18 - 17:17   

大豆:反発、USDA需給報告で生産など予想下回り買いの展開
  [場況]

CBOT大豆11月限終値:858-1/4↑6-0

シカゴ大豆は反発。USDA需給報告で生産などが予想を下回ったのを受け、買いの展開になった。夜間取引では売りが膨らみ、11月限は840セント台に下落、一時は前日安値も下回った。ただ、847-0セントと1日以来の安値を更新してから売りも細り、下げ幅縮小。通常取引では需給報告を前に売り買い交錯となって上下に振れ、報告発表に続いて買いが進んで一気に、860セント台前半に上昇した。その後伸び悩み、850セント台後半で引けた。

Posted by 直    10/11/18 - 17:03   

株式:大幅続落、インフレや金利上昇に対する懸念払拭されず
  [場況]

ダウ工業平均:25,052.83↓545.91
S&P500:2,728.37↓57.31
NASDAQ:7,329.06↓92.99

NY株は大幅続落。インフレ圧力の高まりや米長期金利の更なる上昇に対する懸念が完全には払拭されない中、前日の流れを継いだポジション調整の売りが相場を主導した。ダウ平均は朝方発表された消費者物価指数が予想を下回る伸びにとどまり、長期金利の上昇が一服したことを好感、寄り付き後しばらく買いが優勢となる場面も見られた。しかし買いの勢いは長続きせず、中盤にかけては大きく売りに押される展開。昼には下げ渋る場面も見られたが、午後からは改めて売りが加速、一時下げ幅が700ポイントに迫る場面も見られた。

セクター別では、金関連が金価格の上昇につれて大きく買い進まれた以外、全てのセクターが下落。中でもエネルギー関連や保険、金融株、薬品株などの下落が目立った。ダウ銘柄は、前日に続いて30種全てが下落。マイクロソフト(MSFT)が0.24%の下落にとどまったほか、ダウデュポン(DWDP)とナイキ(NKE)はそれぞれ0.57%と、比較的小幅な下げとなった。一方でファイザー(PFE)は3.82%の下落、エクソン・モービル(XOM)は3.45%、シェブロン(CVX)が3.40%など、合計で8銘柄が3%以上の下げを記録した。


Posted by 松    10/11/18 - 17:02   

コーン:反発、強気サプライズのUSDA需給報告背景に買い優勢
  [場況]

CBOTコーン12月限終値:369-1/4↑6-1/2

シカゴコーンは反発。USDA需給報告が強気のサプライズだったのを背景に買いが優勢となった。12月限は夜間取引で売りに押されて小安くなり、通常取引に入って360セント割れ目前まで下落の場面もあった。需給報告の発表に続いて活発に買いが進み、一気に370セント台に上昇。373-0セントと8月22日以来の高値を付けた。ただ、買いが一服するのも早く、その後は360セント台後半で推移した。

Posted by 直    10/11/18 - 16:59   

小麦:続落、USDA需給報告手掛かりに買いの後売りに転じる
  [場況]

CBOT小麦12月限終値:508-0↓2-1/2

シカゴ小麦は続落。USDA需給報告で期末在庫が予想を下回ったことなどを手掛かりに買いの場面があったが、低調な米産需要の見方が根強いことなどから売りに転じた。12月限は夜間取引で売りが先行し、500セント台後半に下落してから、朝方に持ち直した。通常取引に入っても値動きに方向感の乏しい展開。需給報告の発表直後にはピッチの速い買いによって520セントを超えるまで上昇し、すぐに値を消した。マイナス圏に戻し、取引終盤には506-1/2セントと2日以来の安値を更新した。

Posted by 直    10/11/18 - 16:55   

ハリケーンによるメキシコ湾の石油、天然ガス生産停止が縮小
  [エネルギー]

米BSEE(安全環境局)が11日に発表したデータによると、ハリケーン「マイケル」の影響で、NY時間12:30現在、メキシコ湾のプラットフォーム59ヶ所から職員が避難、前日の報告で89ヶ所だったのから減少した。これに伴い日量68万107バレルの石油生産と、7億4,400万立方フィートの天然ガス生産が停止している。それぞれメキシコ湾における生産全体の40.0%、29.1%に相当、前日の72万8,877、8億1,200万立方フィートからどちらも生産停止が縮小した。

Posted by 松    10/11/18 - 15:25   

天然ガス:反落、買われ過ぎ感高まる中で手仕舞い売りが加速
  [場況]

NYMEX天然ガス11月限終値:3.222↓0.062

NY天然ガスは反落。ここまでの急伸で買われ過ぎ感が高まる中、ポジション整理の売りが相場を主導する展開となった。ハリケーン「マイケル」の被害が限定的なものにとどまるとの見方や、在庫が予想をやや上回る大幅積み増しとなったことも、弱気に作用した。11月限は夜間取引から売りが優勢、ややマイナス圏に入ったあたりでのもみ合いとなった。朝方からは改めて売り圧力が強まる格好となり、昼には3.10ドル台半ばまで一気に下げ幅を拡大。その後は売りも一服、3.20ドル台まで買い戻される格好となったものの、プラス圏を回復するには至らなかった。

Posted by 松    10/11/18 - 15:20   

石油製品:大幅続落、株や原油の急落につれて売りが加速
  [場況]

RBOBガソリン11月限:1.9327↓0.0877
暖房油11月限:2.2322↓0.0627

NY石油製品は大幅続落。株や原油の急落が嫌気される中、投機的な売りが加速した。相場は夜間取引から売りが先行、通常取引開始後は改めて売り圧力が強まる格好となり、一気に下げ幅を拡大した。在庫統計発表後には一旦買い戻しが集まる場面も見られたが、午後からは株が下げ足を速めるのにつれて再び売り圧力が強まる展開、最後まで下落の流れが止まることはなかった。

Posted by 松    10/11/18 - 15:16   

原油:大幅続落、株安や弱気の在庫統計嫌気し売りが加速
  [場況]

NYMEX原油11月限終値:70.97↓2.20

NY原油は大幅続落。株価の下落が大きな重石となる中、投機的な売りが先行する展開となった。在庫統計で原油が予想を上回る大幅積み増しとなったことも弱気に作用した。11月限は夜間取引から売りが優勢、72ドルをやや割り込むあたりまで値を切り下げての推移となった。通常取引開始後には改めて売り圧力が強まり、71ドル台半ばまで下げ幅を拡大、在庫統計発表後には71ドル台前半まで一気に値を崩した。その後は一旦買い戻しが集まったものの、引けにかけては改めて売り圧力が強まった。

Posted by 松    10/11/18 - 15:08   

金:大幅続伸、株価下落への懸念高まる中で安全資産の買い集まる
  [場況]

COMEX金12月限終値:1,227.6↑34.2

NY金は大幅続伸。株価の更なる下落に対する懸念が高まる中、安全資産としての需要がしっかりと相場を押し上げる展開となった。12月限は夜間取引から買いが先行、1,200ドルの節目を回復しての推移となった。通常取引開始後には1,210ドル台まで上げ幅を拡大。しばらくは動きも鈍かったが、中盤以降は改めて騰勢を強める格好となり、昼前には1,220ドル台まで一気に値を伸ばした。その後も買いの勢いは衰えず、最後は1,220ドル台後半で取引を終了した。

Posted by 松    10/11/18 - 14:24   

コーヒー:反発、朝方まで軟調に推移もその後買い集まる
  [場況]

ICE-USコーヒー12月限終値:112.90↑1.00

NYコーヒーは反発。朝方までは軟調な値動きとなったが、その後はこれまでの流れを継いだ投機的な買いがしっかりと相場を押し上げた。12月限は夜間の取引開始時から大きく売りが先行、早々に110セントの節目を割り込むまでに値を崩した。その後は売りも一服となったものの、安値近辺で上値の重い展開が継続。NYに入ると一転して買い意欲が強まり、中盤にはプラス圏を回復、113セント台前半まで一気に上げ幅を拡大した。買い一巡後も高値水準はしっかりと維持、113セントの節目を挟んだレンジ内でのもみ合いとなった。

Posted by 松    10/11/18 - 14:00   

砂糖:反発、朝方まで売り先行もその後しっかりと値を回復
  [場況]

ICE-US砂糖3月限終値:12.92↑0.07

NY砂糖は反発。朝方まではポジション整理の売りが相場を主導する展開となったが、その後はこれまでの大きな流れを継いだ買いが加速、しっかりと値を回復した。3月限は夜間の時間帯は売りが先行、ジリジリと値を切り下げる展開となった。早朝には売りも一服、NYに入るとまとまった買いが断続的に入る格好となり、中盤には13セントの節目を回復。しかし前日の高値を試すまでの勢いもなく、最後は再び売りに押され13セントを割り込んで取引を終了した。

Posted by 松    10/11/18 - 13:20   

30年債入札リ・オープン、応札倍率は2.42
  [金融・経済]

30年債入札
出所:米財務省、単位100万ドル (Re-Opening)

30年債 応札額 発行額 応札倍率 前回(9/13)
合計 36292.1 15000.0 2.42 2.34
競争入札分 36290.1 14998.0 2.42 2.34
顧客注文比率(外国中銀含む) 64.41% 61.71%
最高落札利回り(配分比率) 3.344% (5.26%) 3.088%

Posted by 直    10/11/18 - 13:11   

USDA需給:砂糖期末在庫は前月から引き下げ
  [砂糖]

USDA需給報告・砂糖
出所:米農務省、NY12:00発表、単位1,000トン

砂糖 18/19年 修正 前年比 17/18年 修正 16/17年
生産 9262 ↓ 66 ↑ 0.15% 9248 ↓ 7 8969
ビート糖 5236 ↓ 107 ↓0.17% 5245 →0 5103
砂糖きび糖 4026 ↑ 41 ↑ 0.55% 4004 ↓ 7 3866
輸入 2801 ↑ 25 ↓15.51% 3315 ↓ 51 3244
>輸入枠内 1564 ↑ 25 ↓6.01% 1664 ↓ 63 1611
食用消費 12250 →0 ↑ 1.24% 12100 →0 12102
期末在庫 1587 ↓ 100 ↓21.20% 2014 ↓ 58 1876
在庫率 12.71% ↓ 0.80 - 16.21% ↓ 0.47 15.14%

Posted by 松    10/11/18 - 12:47   

USDA需給:世界在庫は小麦が引き下げ、コーンと大豆は引き上げ
  [穀物・大豆]

USDA需給報告・世界
出所:米農務省、NY12:00発表、単位100万トン

18/19年 修正 前年比 市場予想 17/18年 修正 市場予想
小麦
生産 730.92 ↓ 2.08 ↓3.67% - 758.74 ↑ 0.47 -
消費 745.60 ↓ 0.46 ↑ 0.60% - 741.15 ↑ 0.14 -
期末在庫 260.18 ↓ 1.11 ↓5.34% 261.10 274.85 ↑ 0.49 274.50
コーン
生産 1068.31 ↓ 0.69 ↑ 3.30% - 1034.23 ↑ 0.59 -
消費 1107.17 ↑ 1.05 ↑ 4.08% - 1063.81 ↓ 3.51 -
期末在庫 159.35 ↑ 2.32 ↓19.61% 159.20 198.21 ↑ 4.06 195.00
大豆
生産 369.48 ↑ 0.16 ↑ 9.49% - 337.45 ↑ 0.63 -
消費 353.01 →0.00 ↑ 4.81% - 336.80 ↓ 0.20 -
期末在庫 110.04 ↑ 1.78 ↑ 13.85% 109.40 96.65 ↑ 1.91 95.40

続きを読む

Posted by 松    10/11/18 - 12:44   

USDA需給:小麦とコーン国内在庫は予想下回る、大豆は予想以上
  [穀物・大豆]

USDA需給報告
出所:米農務省、NY12:00発表、単位:100万ブッシェル、イールドはブッシェル/エーカー

小麦 18/19年 修正 前年比 市場予想 17/18年 修正
>イールド 47.6 ↑ 0.2 ↑ 2.81% - 46.3 →0.0
>生産 1884 ↑ 7 ↑ 8.28% - 1740 ↓ 1
期末在庫 956 ↑ 21 ↓13.01% 1027 1099 ↓ 1
コーン 18/19年 修正 前年比 市場予想 17/18年 修正
>イールド 180.7 ↓ 0.6 ↑ 2.32% 181.8 176.6 →0.0
>生産 14778 ↓ 49 ↑ 1.19% 14851 14604 →0
期末在庫 1813 ↑ 39 ↓15.28% 1932 2140 ↑ 138
大豆 18/19年 修正 前年比 市場予想 17/18年 修正
>イールド 53.1 ↑ 0.3 ↑ 7.71% 53.4 49.3 ↑ 0.2
>生産 4690 ↓ 3 ↑ 6.33% 4733 4411 ↑ 19
期末在庫 885 ↑ 40 ↑ 102.05% 860 438 ↑ 43

続きを読む

Posted by 松    10/11/18 - 12:20   

EIA在庫:原油は598.7万バレルの積み増し、予想大きく上回る
  [エネルギー]

EIA石油在庫統計
出所:米エネルギー省情報局(EIA)、NY10:30発表、単位1,000バレル

10月5日現在 前週比 市場予想 API発表(前日)
原油在庫 409951 ↑ 5987 ↑ 1542 ↑ 9750
ガソリン在庫 236172 ↑ 951 ↑ 200 ↑ 3400
留出油在庫 133465 ↓ 2666 ↓ 1708 ↓ 3500
製油所稼働率 88.81% ↓ 1.56 ↓ 0.57 -
原油輸入 7397 ↓ 568 - -

続きを読む

Posted by 松    10/11/18 - 11:09   

天然ガス在庫は900億立方フィートの積み増し、予想やや上回る
  [エネルギー]

天然ガス在庫統計
出所:米エネルギー省情報局(EIA)、NY10:30発表、単位10億立方フィート

天然ガス在庫 10月5日 前週比 市場予想 前年比 過去5年平均比
全米(48州) 2956 ↑ 90 ↑ 89 ↓17.77% ↓16.83%

続きを読む

Posted by 松    10/11/18 - 10:49   

仕向け先不明で14万トンのコーン輸出成約報告・USDA
  [穀物・大豆]

米農務省(USDA)は11日、民間業者から仕向け先不明で14万トンの2018/19年度産コーン輸出成約報告を受けたことを発表した。USDAは輸出業者に対し、10万トン以上の成約について翌日までの報告を義務付けている。

Posted by 直    10/11/18 - 09:44   

ブラジルIBGE、大豆とコーンメインクロップの生産推定引き上げ
  [穀物・大豆]

ブラジルIBGE農産物生産推定
出所:ブラジル地理統計局(IBGE) 、単位:1,000トン

2018年 生産 前月からの修正 前年比 イールド
大豆 117255.7 ↑0.42% ↑1.98% 3367
コーン 81022.1 ↑0.00% ↓18.61% 4955
>メインクロップ 26310.8 ↑1.39% ↓15.30% 5164
>サブクロップ 54711.2 ↓0.65% ↓20.11% 4861
小麦 5849.7 ↓0.51% ↑37.91% 2864

続きを読む

Posted by 松    10/11/18 - 09:12   

ブラジルIBGE、砂糖きび生産推定を前月から下方修正
  [砂糖]

ブラジルIBGE砂糖きび生産推定
出所:ブラジル地理統計局(IBGE) 、単位:1,000トン

2018年 生産 前月からの修正 前年比 イールド
砂糖きび 672857.5 ↓2.02% ↓2.17% 73280

続きを読む

Posted by 松    10/11/18 - 09:12   

ブラジルIBGE、コーヒー生産推定を前月から小幅引き下げ
  [コーヒー]

ブラジルIBGEコーヒー生産推定
出所:ブラジル地理統計局(IBGE)、 単位:1,000袋(60kg)

2018年 生産 前月からの修正 前年比 イールド
コーヒー 57393.5 ↓0.11% ↑24.02% 30.10

続きを読む

Posted by 松    10/11/18 - 09:11   

ロシアの金及び外貨準備高は前週から19億ドル減少
  [メタル]

ロシア中銀が11日に発表した週次データによると、同国の金及び外貨準備高は10月5日時点で4,692ドルと、前週から19億ドル減少した。年初の4,327億ドルからは、265億ドルの増加となる。

Posted by 松    10/11/18 - 09:02   

ブラジルCONAB18/19年度生産、大豆はやや減少、コーンは増加
  [穀物・大豆]

ブラジル商品供給公社(CONAB)生産推定
出所:ブラジル農務省商品供給公社(CONAB) 単位1,000トン

18/19年度 生産 前年比 前年
大豆 117049.7 〜119427.5 ↓1.87% 〜↑ 0.12% 119281.7
コーン 89734.4 〜91084.4 ↑ 11.08% 〜↑ 12.75% 80786.0
小麦 5393.9 ↑ 26.55% 4262.1

続きを読む

Posted by 松    10/11/18 - 08:57   

9月消費者物価指数(CPI)は前月から0.06%上昇、予想下回る
  [経済指標]

消費者物価指数(CPI)
出所:米労働省、NY8:30発表、季節調整値、1982-84年=100

前月比 18年9月 18年8月 市場予想
消費者物価指数 ↑0.06% ↑0.22% ↑0.2%
コア(エネルギー・食品除く) ↑0.12% ↑0.08% ↑0.2%

続きを読む

Posted by 松    10/11/18 - 08:36   

失業保険新規申請件数は21.4万件に増加、予想も上回る
  [経済指標]

失業保険新規申請件数
出所:米労働省、NY8:30発表、季節調整値、単位1,000件

10月6日 前週比 9月29日 市場予想
新規申請件数 214.00 ↑ 7.00 207.00 205.00
4週平均 209.50 ↑ 2.50 207.00 -
継続受給件数 1660.00 NA

続きを読む

Posted by 松    10/11/18 - 08:30   

9月ベトナムコーヒー輸出、前月から21.3%減少・税関局
  [コーヒー]

ベトナム税関局によると、9月のコーヒー輸出は12万665トンとなり、前月から21.3%減少した。統計局の推定13万トンも下回る。年初からの輸出は9月まであわせて144万7000トンで、前年同期を18.8%上回った。

Posted by 直    10/11/18 - 08:20   

18/19年仏軟質小麦生産見通し、1%下方修正・FranceAgriMer
  [穀物・大豆]

フランス政府機関FranceAgriMerは月次レポートで、同国の2018/19年度(7-6月)生産を3419万2000トンと見通し、前月に発表した初回予測の3455万1000トンから35万9000トン、1%引き下げた。前年比にして6.5%の減少。イールドを7.02トンから6.97トンに下方修正した。輸出は前年比4.1%減の1679万8000トン。ただ、従来の1667万2000トンからはやや引き上げた。域外向けを850万トンから875万トンに上方修正したのが背景にある。一方、欧州連合(EU)向けは805万7000トンから793万2000トンに引き下げた。期末在庫は240万4000トンの見通しで、246万1000トンから下方修正、前年の推定297万1000トン(修正値)から縮小になる。

FranceAgriMerはまた、2018/19年度(7-6月)のコーン生産見通しを1167万6000トンから1149万8000トンに引き下げた。前年との比較で15.3%減少。イールドが8.85トンから8.78トンに下方修正、前年の推定10.22トン(修正値)を下回る。輸出は435万3000トンの見通しを維持した。前年から15.3%減少する。EU向けで前年比16.1%減の411万3000トン、域外向けでは15.4%減って12万トンにとどまる見通しで、いずれも修正なし。期末在庫を196万2000トンとみており、従来の252万5000トンから引き下げ、前年からは23.0%の減少になる。

Posted by 直    10/11/18 - 08:15   

OPEC、世界石油需要見通しを前月から引き下げ
  [エネルギー]

OPEC月報
出所:石油輸出国機構(OPEC)、単位100万バレル

2019年 修正 2018年 修正 18年4Q 18年3Q 2017年
世界需要合計 100.15 ↓ 0.08 98.79 ↓ 0.03 100.08 99.35 97.25
非OPEC石油生産合計 61.89 ↑ 0.18 59.77 ↑ 0.21 60.59 59.92 57.56

続きを読む

Posted by 松    10/11/18 - 08:07   

オーストラリア砂糖きび圧搾、10月7日時点で75.9%終了
  [砂糖]

オーストラリアの砂糖製造業者協議会(ASMC)によると、国内の2018年砂糖きび圧搾は6月に始まってから10月7日時点で2505万3491トンと、事前予想の75.9%終了した。圧搾は7日までの一週間で140万5454トンになり、7月上旬以来の低水準になった。ASMCは2018年の砂糖きび圧搾が最終的に3302万6000トンになると見通しており、前週時点での3304万6000トンから修正。シーズン初めの予想は3426万4500トンだった。

Posted by 直    10/11/18 - 07:57   

10日のOPECバスケット価格は82.60ドルと前日から0.57ドル下落
  [エネルギー]

OPECバスケット価格
出所:石油輸出国機構(OPEC)、単位:ドル/バレル

日付 バスケット価格 前日比
10/10 (水) 82.60 ↓0.57
10/9 (火) 83.17 ↑1.29
10/8 (月) 81.88 ↓1.36
10/5 (金) 83.24 ↓0.85
10/4 (木) 84.09 ↑0.45

Posted by 松    10/11/18 - 07:35   

10/11(木)の予定
  [カレンダー]

経済指標
・失業保険新規申請件数 (08:30)
・9月消費者物価指数(CPI) (08:30)
・30年債入札 (Re-Opening) (13:00)
・9月財政収支 (14:00)

エネルギー
・石油輸出国機構(OPEC)月報
・EIA天然ガス在庫統計 (10:30)
・EIA石油在庫統計 (11:00)

農産物
・ブラジル農産物生産推定
・USDA需給報告 (12:00)
・USDA需給報告・世界 (12:00)

Posted by 松    10/11/18 - 06:34   

2018年10月10日(水)

債券:続伸、物価統計や入札結果背景に売りの後株安下支えに買い
  [場況]

債券は続伸。物価統計や入札結果を背景に売りに押される場面があったが、株安の進行が下支えになって買いに転じた。夜間取引で売りが先行し、通常取引でも流れを継続。朝方発表された生産者物価指数が予想通りの上昇、食品とエネルギー、貿易サービスを除いた最終需要は1月以来の高い伸びになったことが重石となり、10年債利回りは3.24%まで上がった。ただ、この水準では売りが鈍って上昇一服。3.2%台前半に戻した。

3年債と10年債の入札結果が低調と受け止められたこともあり、午後に改めて売りが進んだが、やはり本日のレンジ上限でブレーキがかかった。その後はほぼ一本調子で前日の水準まで戻し、さらに3.2%を割り込んだ。

Posted by 直    10/10/18 - 17:31   

FX:円高、米株が全面安の展開となる中で安全資産の買い集まる
  [場況]

ドル/円:112.26、ユーロ/ドル:1.1519、ユーロ/円:129.31 (NY17:00)

為替は円高が進行。米株が全面安の展開となり、投資家のリスク回避の動きが強まる中、安全資産としての円に買いが集まる展開となった。ドル/円は東京では113円を挟んだレンジ内でもみ合う展開、ロンドンに入ると買い意欲が強まり、113円台前半まで値を切り上げた。NYに入ると流れが一転、株価が値を崩すのにつれて売りが膨らみ、112円台後半まで反落。中盤にはしばらく下げ渋る場面も見られたが、午後からは改めて売り圧力が強まり、112円台前半まで下げ幅を拡大した。

ユーロ/ドルは、東京では1.15ドルをやや上回ったあたりを中心としたもみ合い、ロンドンに入ると売りが優勢となり、1.14ドル台後半まで値を下げた。NY朝からは改めて買い意欲が強まり、中盤には1.15ドル台半ばまで値を回復。午後には再び上値が重くなり、1.15ドル台前半での推移となった。ユーロ/円は、東京では130円をやや上回ったあたりでの小動き、ロンドンに入っても同水準での推移が続いた。NY朝には130円台半ばまで買い進まれる場面も見られたが、その後は米株の下落を嫌気する形で130円を割り込むまで反落。午後からは売り圧力が強まり、129円台前半まで下げ幅を拡大した。

Posted by 松    10/10/18 - 17:30   

株式:全面安、長期金利の上昇嫌気される中で2月以来の下げ幅
  [場況]

ダウ工業平均:25,598.74↓831.83
S&P500:2,785.68↓94.66
NASDAQ:7,422.05↓315.97

NY株式は全面安の展開、ダウ工業平均は2月以来の大幅な下げを記録した。。長期金利の上昇が嫌気される中、日中を通じてポジション調整の売り一色の展開となった。米中の貿易戦争に対する懸念など、従来からの懸念材料にも改めて注目が集まった。ダウ平均は寄り付きから売り一色の展開、中盤には2万6,000ポイントの節目手前でやや下げ渋る場面も見られたが、午後からは改めて売りが加速、最後は800ポイントを超えるまで下げ幅を拡大した。

セクター別では、金関連が上昇した以外は、ほぼ全てのセクターが下落。エネルギー関連や半導体、運輸株、コンピューター関連、バイオテクノロジーなどの下げがきつくなった。ダウ銘柄は、30種全てが下落。1%を下回る下げにとどまったのは、マクドナルド(MCD)とプロクター・アンド・ギャンブル(PG)の2銘柄のみ、一方でナイキ(NKE)は6.81%、マイクロソフト(MSFT)は5.43%の大幅下落、ビサ(V)やボーイング(BA)、アップル(AAPL)も4%を超える下げとなった。

Posted by 松    10/10/18 - 17:03   

大豆:続落、USDA需給報告控えて利食い売り膨らむ
  [穀物・大豆]

CBOT大豆11月限終値:852-1/4↓10-3/4

シカゴ大豆は続落。明日にUSDA需給報告の発表を控え、利食い売りが膨らんだ。11月限は夜間取引から弱含んだ。860セントを割り込んでいったん下げ渋ったが、朝方に改めて売りに押されて節目を下抜け。通常取引では売りのピッチも速まって、840セント台に下落した。847-1/4セントと1日以来の安値を付けてから一服となったが、850セント台前半に下げ幅を縮めるのにとどまった。

Posted by 直    10/10/18 - 16:57   

コーン:続落、USDA需給報告で生産引き上げるとの見方が重石
  [場況]

CBOTコーン12月限終値:362-3/4↓1-3/4

シカゴコーンは続落。明日に発表のUSDA需給報告で生産が引き上げられるとの見方が重石となった。夜間取引では売り買い交錯の中、12月限はもみ合い。朝方に売り圧力が強まり、値を下げる展開にシフトした。通常取引に入っても軟調な値動きを続け、362-0セントと1日以来の水準まで下落し、そのまま引けまで安値圏で推移した。

Posted by 直    10/10/18 - 16:54   

小麦:反落、USDA需給報告前にポジション調整の売り
  [場況]

CBOT小麦12月限終値:510-1/2↓4-1/2

シカゴ小麦は反落。USDA需給報告の発表を前にポジション調整の売りが優勢となった。12月限は夜間取引で買いが先行して上昇したが、510セント台後半に上げてから早々に伸び悩んだ。朝方には前日終値を割り込み、そのまま510セント台前半に下落。通常取引に入って510-1/4セントと2日以来の水準まで下がった。一時、下げ渋っても、売りの流れが切れることもなく、引け近くには本日の安値水準に押し戻された

Posted by 直    10/10/18 - 16:47   

API在庫:原油は975万バレルの積み増し、予想大きく上回る
  [エネルギー]

API石油在庫統計
出所:全米石油協会(API)、NY16:30発表、単位1,000バレル

10月5日現在 前週比 市場予想
原油在庫 ↑ 9750 ↑ 1542
>オクラホマ州クッシング ↑ 2200 -
ガソリン在庫 ↑ 3400 ↑ 200
留出油在庫 ↓ 3500 ↓ 1708

続きを読む

Posted by 松    10/10/18 - 16:40   

天然ガス在庫は890億立方フィートの積み増し予想
  [エネルギー]

天然ガス在庫統計市場予想
11日 NY10:30発表、単位10億立方フィート、ダウジョーンズ社集計

予想平均 予想レンジ
天然ガス在庫 ↑ 89.0 ↑ 74.0 〜 ↑ 96.0
>前週 ↑ 98.0
>前年 ↑ 87.0
>過去5年平均 ↑ 91.8

Posted by 松    10/10/18 - 16:23   

ハリケーンの影響でメキシコ湾の石油、天然ガス生産停止更に拡大
  [エネルギー]

米BSEE(安全環境局)が10日に発表したデータによると、ハリケーン「マイケル」の影響で、NY時間12:30現在、メキシコ湾のプラットフォーム89ヶ所から職員が避難している。前日の報告では75ヶ所だった。これによって日量72万8,877バレルの石油生産と、8億1,200万立方フィートの天然ガス生産が停止している。それぞれメキシコ湾における生産全体の42.3%、31.7%に相当、前日の67万831バレル、7億2,600万立方フィートから生産停止が拡大した。

Posted by 松    10/10/18 - 15:28   

天然ガス:小幅続伸、ハリケーンへ懸念から買い先行も上げ幅縮小
  [場況]

NYMEX天然ガス11月限終値:3.284↑0.018

NY天然ガスは小幅続伸。ハリケーン「マイケル」による生産停止が拡大していることを受けて投機的な買いが先行したものの、その後は上陸で材料出尽くしとの見方が強まる中でポジション整理の売りが膨らみ上げ幅を縮小した。11月限は夜間取引から買いが先行、朝方にかけて3.30ドル台半ばまで値を切り上げての推移となった。通常取引開始後は一転して売りに押し戻される格好となり、昼過ぎにはマイナス転落。その後は売りも一服、ややマイナス圏に入ったあたりでのもみ合いが続いたが、最後は買いが集まりプラス転換して取引を終了した。

Posted by 松    10/10/18 - 15:18   

石油製品:大幅安、株や原油の急落につれて売りが加速
  [場況]

RBOBガソリン11月限:2.0204↓.0570
暖房油11月限:2.3949↓0.0289

NY石油製品は大幅安。株や原油の急落につれ、ポジション整理の売りが加速した。相場は夜間取引では前日終値近辺でもみ合う展開、早朝にかけてはプラス圏で推移する場面も見られた。その後は一転して売りに押される展開、通常取引開始後は下げ足を速め、昼にかけて一気に値を崩した。その後は売りも一服となったものの、最後まで上値の重いまま取引を終了した。

Posted by 松    10/10/18 - 15:14   

原油:反落、株価の下落重石となる中で手仕舞い売りが加速
  [場況]

NYMEX原油11月限終値:73.17↓1.79

NY原油は反落、株価の下落が重石となる中でポジション整理の売りが加速した。ハリケーン「マイケル」による生産への影響が限定的なものにとどまるとの見方も、弱気に作用した。11月限は夜間取引から売りが優勢、ややマイナス圏に入ったあたりを中心としたもみ合いが続いた。早朝からは徐々に売りに押される展開、通常取引開始後は下げ足を速め、73ドル台前半まで一気に値を崩した。中盤以降は売りも一服となったものの、押し目で積極的に買いを入れる向きもなく、最後まで安値近辺に張り付いたままの推移となった。

Posted by 松    10/10/18 - 15:02   

金:小幅続伸、金利上昇嫌気されるも安全資産の需要が下支え
  [場況]

COMEX金12月限終値:1,193.4↑1.9

NY金は小幅続伸。米長期金利の上昇が嫌気されたものの、株価の急落を受けて投資家のリスク回避の動きが強まる中で安全資産としての需要が下支えとなった。12月限は夜間取引から買いが先行、1,190ドル台半ばまで値を切り上げての推移となった。ロンドン時間には売りに押し戻される格好となり、マイナス転落したものの、1,190ドルの節目あたりではしっかりと下げ止まり。通常取引開始後は改めて買い意欲が強まり、ジリジリと値を回復。最後は小幅ながらもプラス圏に戻して取引を終了した。

Posted by 松    10/10/18 - 14:07   

コーヒー:反落、レアル高一服で手仕舞い売りに押される
  [場況]

ICE-USコーヒー12月限終値:111.90↓1.25

NYコーヒーは反落。対ドルでのレアル高の進行が一服したこともあり、ポジション整理の売りが相場を主導する展開となった。12月限は夜間の時間帯はこれまでの流れを継いだ買いが優勢、114セントの節目を回復する場面も見られた。NYに入ると一転して売りに押し戻される格好となり、111セントまで一気に反落。中盤にかけては改めて買い戻しが集まったものの、プラス圏を回復することなく息切れ。引けにかけては再び上値が重くなった。

Posted by 松    10/10/18 - 13:50   

砂糖:反落、レアルが下落に転じる中で手仕舞い売り膨らむ
  [場況]

ICE-US砂糖3月限終値:12.85↓0.12

NY砂糖は反落。ここまでの上昇の勢いも一服、ブラジルレアルが下落に転じたことを嫌気する形でポジション整理の売りが膨らんだ。3月限は夜間の時間帯から売りが優勢、ややマイナス圏に入ったあたりを中心としたもみ合いが続いた。NYに入ると改めて買い意欲が強まり、13セント台前半まで値を伸ばしたものの、早々に息切れ。その後まとまった売りが出ると、12セント台後半まで一気に値を崩した。中盤以降は値動きも落ち着き、同水準でのもみ合いが続いた。

Posted by 松    10/10/18 - 13:26   

10年債入札リ・オープン、応札倍率は2.39、最高利回り3.225%
  [金融・経済]

10年債入札
出所:米財務省、単位100万ドル (Re-Opening)

10年債 応札額 発行額 応札倍率 前回(9/12)
合計 54885.8 23000.0 2.39 2.58
競争入札分 54860.2 22974.4 2.39 2.58
顧客注文比率(外国中銀含む) 64.46% 63.92%
最高落札利回り(配分比率) 3.225% (45.89%) 2.957%

Posted by 松    10/10/18 - 13:06   

EIA、WTI原油価格見通しを前月から引き上げ、需要は小幅修正
  [エネルギー]

EIAアウトルック
出所:米エネルギー省情報局(EIA)、単位100万バレル(日量)

2019年 修正 2018年 修正 2017年
世界需要合計 101.56 ↓ 0.01 100.07 ↓ 0.03 98.55
世界供給合計 101.84 ↑ 0.19 99.87 ↑ 0.20 97.71
価格見通し 2019年 修正 2018年 修正 2017年
WTI原油 $69.56 ↑ 2.20 $68.46 ↑ 1.43 $50.79
レギュラーガソリン小売 $2.85 ↑ 0.03 $2.79 ↑ 0.03 $2.42

続きを読む

Posted by 松    10/10/18 - 12:21   

3年債入札、応札倍率は2.56、最高利回りは2.989%
  [金融・経済]

3年債入札
出所:米財務省、単位100万ドル

3年債 応札額 発行額 応札倍率 前回(9/11)
合計 92303.1 36000.1 2.56 2.68
競争入札分 92006.7 35703.6 2.58 2.69
顧客注文比率(外国中銀含む) 46.90% 46.28%
最高落札利回り(配分比率) 2.989% (32.31%) 2.821%

Posted by 松    10/10/18 - 11:36   

18/19年ブラジル中南部砂糖きび圧搾、9月後半は31.68%減少
  [砂糖]

ブラジル砂糖きび生産者協会(Unica)が発表した国内中南部の砂糖きび収穫報告によると、9月後半の2018/19年度砂糖きび圧搾高は2764万3000トンと前年同期から31.68%減少した。9月に入って再び前年割れとなり、しかも前半の15.31%より大きなマイナス幅である。年初からの圧搾高は10月1日時点で4億5793万3000トンと、前年同期を2.31%下回った。

9月後半の砂糖生産は128万6000トンとなり、前年から55.01%落ち込んだ。5月から前年比マイナスを続け、また、減少幅は前半の31.57%以上。エタノールは16億3400万リットルと前年比にして36.69%減少と、4月に2018/19年度に入って初めて前年割れとなった。無水エタノールが44.91%ダウンで前月以上の落ち込み、含水エタノーが0.09%の減少に転じた。2018/19年度の砂糖生産は10月1日時点で前年から24.08%減少して2227万3000トン、エタノールは243億8600万リットルで25.05%増加した。

10月1日時点での砂糖きび1トンあたりの糖分含有量(ATR)は140.34キログラムと、前年同期の136.13キログラムを上回った。砂糖きびの消費比率は砂糖生産が前年同期の48.25%から36.37%に低下、エタノール生産は51.75%から63.63%に上昇した。

Posted by 直    10/10/18 - 10:58   

2018年フランス砂糖ビート生産推定、70万トン下方修正・農務省
  [砂糖]

フランス農務省は、同国の2018年砂糖ビート生産推定を4040万トンと、前月時点での4110万トンから70万トン引き下げた。イールドの下方修正が背景にあるという。生産は前年比にして12.7%の減少になるが、過去5年平均は8.8%上回る。

Posted by 直    10/10/18 - 10:11   

ウクライナ砂糖ビート収穫、10月9日時点で37%終了
  [砂糖]

ウクライナ農務省によると、2018年砂糖ビートの収穫は10月9日時点で490万トンとなった。面積にして10万2000ヘクタールで、事前予想の37%終了。イールドが47.8トンという。

Posted by 直    10/10/18 - 10:05   

2018年ウクライナコーン収穫、9日時点で1040万トン・農務省
  [穀物・大豆]

ウクライナ農務省によると、国内の2018年コーン収穫は10月9日時点で1040万トンとなった。面積にして170万ヘクタール、イールドは6.22トンという。

Posted by 直    10/10/18 - 10:05   

ウクライナ冬穀物作付、9日時点で79%終了・農務省
  [穀物・大豆]

ウクライナ農務省によると、2019年に収穫となる冬穀物の作付は、10月9日時点で570万ヘクタールとなった。事前予想の79%終了。このうち冬小麦が500万ヘクタールで、82%終わったという。

Posted by 直    10/10/18 - 10:04   

8月卸売在庫は前月から1.00%増加、予想上回る
  [経済指標]

卸売在庫・在庫率
出所:米国勢調査局、NY10:00発表、季節調整値、単位100万ドル

18年8月 前月比 18年7月 市場予想
卸売在庫 642706 ↑1.00% ↑0.57% ↑0.8%
卸売在庫率 1.257 ↑0.002 1.255

続きを読む

Posted by 松    10/10/18 - 10:02   

2018年ロシア穀物・豆類収穫、10月9日時点で1.068億トン・農務省
  [穀物・大豆]

ロシア農務省によると、国内の2018年穀物・豆類収穫が10月9日時点で1憶680万トンと、前年同期の1億2890万トンを下回った。面積にして4180万ヘクタールで、前年の4300万ヘクタールからダウン、イールドも2.56トンになり、前年の3.0トンを下回った。冬小麦と春小麦あわせて2540万ヘクタールから7140万トンが収穫済み、イールドが2.81トンとなった。またコーンの収穫が100万ヘクタールから410万トン、イールドは3.9トンである。

Posted by 直    10/10/18 - 10:00   

ロシア冬穀物作付、10月9日時点で91.4%終了・農務省
  [穀物・大豆]

ロシア農務省によると、2019年に収穫となる冬穀物の作付は10月9日時点で1570万ヘクタールとなった。事前予想の91.4%終了で、前年同期の1490万ヘクタールを上回る。

Posted by 直    10/10/18 - 10:00   

2019年ブラジル大豆生産、初回見通しは前年比横ばい・Abiove
  [穀物・大豆]

ブラジルの油種加工業協会(Abiove)は、同国の2019年大豆生産が1億1950万トンになるとの初回見通しを発表した。2018年度の推定を1億1880万トンから1億1950万トンに引き上げたため、2019年は前年比横ばい予想になる。

Abioveは2018年の輸出を7610万トンから7700万トンに上方修正した。前年との比較で13%の増加。一方、2019年には7190万トンに減少を見越す。期末在庫に関すると、2017年を146万5000トンの従来推定を維持、前年から72.2%縮小になり、2019年には376万5000トンに膨らむ見通しを示した。

Posted by 直    10/10/18 - 09:12   

9月生産者物価指数(PPI)は前月から0.17%上昇、ほぼ予想通り
  [経済指標]

生産者物価指数(PPI)
出所:米労働省、NY8:30発表、季節調整値、1982年=100

前月比 18年9月 18年8月 市場予想
最終需要 ↑0.17% ↓0.09% ↑0.2%
コア(エネルギー・食品除く) ↑0.17% ↓0.09% ↑0.2%

続きを読む

Posted by 松    10/10/18 - 08:33   

18/19年ブラジルコーン生産見通し据え置き、前年から16.6%増加
  [穀物・大豆]

米農務省(USDA)アタシェによると、ブラジルの2018/19年度コーン生産見通しは9500万トンで据え置きとなった。前年比にして16.6%の増加。価格上昇がサフリーニャコーンの作付増加に寄与し、またイールドの改善も手伝い、前年の不作から回復する格好になる。

2018/19年度の輸出は3000万トンの予想で、従来の3200万トンから引き下げだが、前年からは42.9%増加する。生産増加、またレアル安によって競争力が高まったことも輸出を押し上げるとの見方である。ただ、為替レートに関しては10月の大統領選の結果次第で、また輸送費も輸出を左右する可能性を示唆した。消費は6350万トンから6550万トンに上方修正、前年との比較で4.8%の増加見通しになった。

ブラジルの2018/19年度小麦生産見通しは520万トンで、従来の550万トンから引き下げとなった。2大生産地のパラナ州とリオグランデ・ド・スル州で乾燥が続き、また降霜がみられたことが背景にある。それでも悪天候から落ち込んだ前年との比較にすると22%の増加。

Posted by 直    10/10/18 - 08:22   

MBA住宅ローン申請指数は前週から1.67%低下
  [経済指標]

住宅ローン申請指数
出所:米モーゲージ・バンカーズ協会(MBA)、NY7:00発表、季節調整値

10月5日 前週比 前年比 9月28日
総合指数 346.7 ↓1.67% ↓14.44% ↑0.03%
新規購入指数 238.0 ↓1.12% ↑2.06% ↑0.12%
借り換え指数 921.2 ↓2.61% ↓32.22% ↓0.10%

Posted by 松    10/10/18 - 07:02   

9日のOPECバスケット価格は83.17ドルと前日から1.29ドル上昇
  [エネルギー]

OPECバスケット価格
出所:石油輸出国機構(OPEC)、単位:ドル/バレル

日付 バスケット価格 前日比
10/9 (火) 83.17 ↑1.29
10/8 (月) 81.88 ↓1.36
10/5 (金) 83.24 ↓0.85
10/4 (木) 84.09 ↑0.45
10/3 (水) 83.64 ↑0.36

Posted by 松    10/10/18 - 06:50   

10/10(水)の予定
  [カレンダー]

経済指標
・住宅ローン申請指数 (07:00)
・9月生産者物価指数(PPI) (08:30)
・8月卸売在庫・在庫率 (10:00)
・3年債入札 (11:30)
・10年債入札 (Re-Opening) (13:00)

エネルギー
・EIAアウトルック (12:00)
・API石油在庫統計 (16:30)

Posted by 松    10/10/18 - 06:45   

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

C-fes
WEB会員




当ウェブサイト上で提供している内容は、信頼に値すると判断した情報を基に作成されていますが、
あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。
投資の決断は、投資家自身の判断に基いて下してください。
先物取引はリスクの高い取引であり、多大な損失をもたらす場合があります。
投資を行う前には 十分な考慮が必要です。

Copyright © 2017-2019   Yosoukai Global Investors, Inc.,  All rights reserved
無断転載、引用は固くお断りします

会社概要サービス広告掲載 プライバシーポリシーお問い合わせ