ホーム 無責任トーク 予想 データ ニュース 相場ひとひねり よそうかい横丁 リンク サイト案内

はやみみニュース アップデート



3月

2020


1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        


カテゴリーリスト

検索




最近のはやみみ


2020年03月27日(金)

ブラジル・サンパウロ州無水アルコール価格は前週から7.28%下落
  [エタノール]

ブラジルサンパウロ州アルコール価格指数
出所:サンパウロ州立大Cepea、単位:ブラジルレアル/リットル

期間 無水アルコール 前週比 前年比 含水アルコール 前週比 前年比
3/23〜 3/27 1.8748 ↓ 7.28% ↑ 1.94% 1.5137 ↓ 9.47% ↓ 7.32%
3/16〜 3/20 2.0221 ↓ 6.20% ↑ 8.77% 1.6721 ↓ 13.97% ↓ 5.46%
3/9〜 3/13 2.1558 ↓ 5.11% ↑ 14.30% 1.9437 ↓ 7.79% ↑ 4.88%
3/2〜 3/6 2.2718 ↓ 0.18% ↑ 18.34% 2.1078 ↓ 1.29% ↑ 12.75%

Posted by 松    3/27/20 - 17:49   

債券:新型コロナウィルスによる影響懸念から買い集まる
  [場況]

債券は上昇。米国の新型コロナウィルス感染者数が世界最多となり、経済活動への影響を懸念する空気が強まり、安全資産とされる債券に買いが集まった。朝方発表されたミシガン大消費者指数の下方修正もプラスに作用した。

夜間取引から買いが優勢となり、10年債利回りはまず0.7%台に低下した。通常取引でも買いの流れを維持。0.7%台前半いったん下げ止まったが、取引終盤に0.7%を割り込み、0.66%と今月中旬以来の低水準を付けた。

Posted by 直    3/27/20 - 17:13   

FX:対ドル中心に円高、COVID-19や景気減速懸念改めて高まる
  [場況]

ドル/円:107.97、ユーロ/ドル:1.1143、ユーロ/円:120.31 (NY17:00)

為替は対ドルを中心に円高が先行。COVID-19の感染悪大や世界的な景気減速に対する懸念が改めて高まる中、安全資産としての円に大きく買いが集まった。ドル/円は東京から売りが先行、108円台前半まで値を切り下げての推移となった。午後には買い戻しが集まり、ロンドンでは108円台後半まで値を戻してのもみ合い。NYに入ると改めて売り圧力が強まる格好となり、108円割れを試すまで値を下げて越週となった

ユーロ/ドルは東京午前には1.10ドル台後半まで買い進まれる場面も見られたものの、その後は一転して売り圧力が強まり、ロンドンでは1.10ドル割れを試すまでに反落。NYに入っても売りの勢いは衰えず、1.09ドル台半ばまで値を下げたが、中盤にかけては一転して買い一色の展開となり午後には1.11ドル台半ばまで一気に値を回復した。ユーロ/円は東京朝から売りが先行、120円の節目を割り込むまで値を切り下げた。売り一巡後は120円をやや上回ったあたりを中心にもみ合い展開、ロンドンに入っても特に新たな動きは見られなかった。NYにはいると改めて売り圧力が強まり、118円台後半まで下げ幅を拡大。昼前からは一転して買い一色の展開となり、120円台前半まで値を回復した。

Posted by 松    3/27/20 - 17:11   

大豆:小幅上昇、アルゼンチンの供給不安が下支え
  [場況]

CBOT大豆5月限終値:881-1/2↑1-1/4

シカゴ大豆は小幅上昇。アルゼンチンの新型コロナウィルス絡みの供給不安が下支えになった。夜間取引で買いが先行し、5月限は強含み。朝方に880セント台後半に上昇してから、買いも一服となり、値を消していった。通常取引に入って売りに弾みが付いて下落、870セント台半ばまで下がった。しかし、取引終盤に改めて買いが集まり、前日終値を超えて小高く引けた。

Posted by 直    3/27/20 - 16:46   

株式:大幅反落、景気対策法案の成立も下支えとならず
  [場況]

ダウ工業平均:21,636.78↓915.39
S&P500:2,541.47↓88.60
NASDAQ:7,502.38↓295.16

NY株式は大幅反落。COVID-19の感染拡大やそれに伴う景気減速に対する懸念が改めて重石となる中、日中を通じて売りに押される展開となった。午後には下院で総額2兆ドルにおよぶ景気対策法案が可決されたが、既に織り込み済みということもあり、市場の反応は限定的なものにとどまった。ダウ平均は寄り付きから大きく売りが先行、早々に1000ポイントを超える急落となった。その後は売りも一服となり、中盤にかけてジリジリと値を回復。午後にはマイナス200ポイント台まえ下げ幅を縮小する場面も見られたが、引けにかけてまとまった売りが出ると、日中安値近辺まで一気に値を崩して取引を終了した。

セクター別では、公益株が上昇した以外、ほぼすべてのセクターが下落。金鉱株やエネルギーが大きく値を下げたほか、半導体やコンピューター関連、運輸株も下げが目立った。ダウ銘柄では、プロクター・アンド・ギャンブル(PG)が2.60%の上昇、トラベラーズ(TRV)が1.30%の上昇となった以外、28銘柄が下落。中でもボーイング(BA)は10.27%の下落、シェブロン(CVX)やウォルト・ディズニー(DIS)、ユナイテッド・テクノロジーズ(UTX)、JPモルガン。チェース(JPM)も下げが大きくなった。

Posted by 松    3/27/20 - 16:46   

コーン:下落、エタノール需要の先行き不透明感なお強く売り出る
  [場況]

CBOTコーン5月限終値:346-0↓2-3/4

シカゴコーンは下落。週末を控え、エタノール需要の先行き不透明感がなお強いことから、売りが出た。夜間取引で売りが膨らみ、5月限は下落となった。通常取引でも売りの流れを続けて軟調に推移。340セント台前半まで値を下げてから、取引終盤に下げ渋った。

Posted by 直    3/27/20 - 16:43   

小麦:反発、ロシアの輸出制限の可能性伝わり買い入る
  [場況]

CBOT小麦5月限終値:571-1/4↑2-1/4

シカゴ小麦は反発。ロシアの輸出制限の可能性が伝わり、買いが入った。ドル安もプラスに作用。夜間取引ではまず前日の売りの流れを引き継ぎ、5月限は560セント台前半まで下落したが、比較的早くに売りも一服となり、その後は前日終値を挟んでもみ合った。朝方にかけて買いが進み上昇にシフト。570セント台でしっかりと値を伸ばし、580セントを超え、通常取引開始後には587-0セントと1月22日以来の高値を付けた。ただ、上値では利食い売りもあってその後は伸び悩み。引け近くには570セントを下回る場面があった。

Posted by 直    3/27/20 - 16:39   

仕向け先不明で11万4048トンのコーン輸出成約報告・USDA
  [穀物・大豆]

米農務省(USDA)は27日、民間業者から仕向け先不明で11万4048トンの2019/20年度産コーン輸出成約報告を受けたことを発表した。USDAは輸出業者に対し、10万トン以上の成約について翌日までの報告を義務付けている。

Posted by 直    3/27/20 - 16:25   

メキシコ向けで16万3290トンの大豆輸出成約報告・USDA
  [穀物・大豆]

米農務省(USDA)は27日、民間業者からメキシコ向けで16万3290トンの2019/20年度産大豆輸出成約報告を受けたことを発表した。USDAは輸出業者に対し、10万トン以上の成約について翌日までの報告を義務付けている。

Posted by 直    3/27/20 - 16:24   

CFTC建玉報告
  [CFTC建玉報告]

CFTC建玉報告
出所:米商品先物取引委員会(CFTC)、NY15:30発表

3月24日 現在、 先物 + オプション サマリー

大口トレーダー(ノン・コマーシャル) ネット・ポジション 前週比
NYMEX-原油 △ 431008 ▼ 6842
NEMEX-RBOBガソリン ▼ 17061 ▼ 2848
NYMEX-暖房油 △ 89952 △ 6762
NYMEX-天然ガス ▼ 111115 △ 13367
COMEX-金 △ 312762 △ 36449
_
CBOT-小麦 △ 26341 △ 22975
CBOT-コーン ▼ 79815 ▼ 18646
CBOT-大豆 △ 24360 △ 26386
ICE US-粗糖 △ 49359 ▼ 11746
ICE US-コーヒー △ 15861 △ 6984
_
IMM-日本円 △ 19614 ▼ 11531
IMM-ユーロFX △ 55734 △ 24649
CBOT-DJIA (x5) △ 2420 ▼ 6444
CME-S&P 500 ▼ 55978 ▼ 19684

Posted by 松    3/27/20 - 15:33   

天然ガス:続落、原油の下落重石となる中で軟調に推移
  [場況]

NYMEX天然ガス5月限終値:1.671↓0.018

NY天然ガスは続落。原油の下落が重石となる中、日中を通じて軟調な相場展開が続いた。5月限は夜間取引では買いが先行したものの、ロンドン時間に入ってまとまった売りが出ると、あっさりとマイナス転落。朝方にかけては改めて売り圧力が強まり、1.60ドル台半ばまで下げ幅を拡大した。通所取引開始後は買い意欲が強まり、1.60ドル台後半まで値を回復。中盤には小幅ながらプラス転換する場面も見られたが、早々に息切れ。昼からは改めて売りが優勢となり、ややマイナス圏に入ったあたりでの推移が続いた。

Posted by 松    3/27/20 - 15:27   

石油製品:反発、売られ過ぎ感高まる中で買い戻し集まる
  [場況]

RBOBガソリン5月限:0.6136↑0.0156
暖房油5月限:1.0685↑0.0180

NY石油製品は反発、ここまでの下落で売られ過ぎ感が高まる中、週末を控えてポジション整理の買い戻しが集まった。原油や株の下落も重石とはならなかった。相場は夜間取引から買いが先行、プラス圏での推移が続いた。朝方にはガソリンを中心に売りが膨らむ場面も見られたが、押し目ではしっかりと買いが集まり、早々に値を回復。中盤以降もしっかりと値を切り上げる展開が続いた。

Posted by 松    3/27/20 - 15:27   

原油:続落、需給の弱さ重石となる中で改めて売りが加速
  [場況]

NYMEX原油5月限終値:21.50↓1.09

NY原油は続落。世界的な景気減速や産油国の増産によって目先市場が大幅な供給過剰に陥るとの懸念が重石となる中、これまでの大きな流れを継いだ売りに改めて押される展開となった。5月限は夜間取引ではポジション整理の買い戻しが先行、23ドル台を回復して推移する場面も見られた。早朝にかけては徐々に売りに押し戻される格好となり、あっさりとマイナス転落。その後も売りの勢いは衰えず、通常取引開始後には21ドル台前半まで値を切り下げた。中盤にかけては売りも一服、21ドル台半ばを中心としたレンジ内でのもみ合いが継続、引け間際には21ドルを割り込むまで値を崩す場面も見られたが、最後は21ドル台まで買い戻されて取引を終了した。

Posted by 松    3/27/20 - 15:26   

19/20年ウクライナコーン輸出、25日時点で前年17%上回る
  [穀物・大豆]

ウクライナ政府によると、同国の2019/20年度(7-6月)コーン輸出は3月25日時点で2244万トンと、前年同期を17%上回った。小麦が1754万トンで、前年から33%アップ。

Posted by 直    3/27/20 - 14:16   

金:反落、手仕舞い売り先行も株安の進行支えに下げ幅縮小
  [場況]

COMEX金6月限終値:1,654.1↓6.2

NY金は反落。週前半の急伸によって短期的に買われ過ぎ感が高まる中、週末を控えてポジション整理の売りが相場を主導する展開となったが、一方では株価の下落を受けた安全資産としての需要も強く、最後は下げ幅を大きく縮小した。6月限は夜間取引から売りが先行、朝方には1,630ドル台まで値を切り下げての推移となった。通常取引開始後は一転して買い意欲が強まり、早々に1,650ドル台まで値を回復。中盤以降は買いの勢いは衰えず、引け間際には小幅ながらプラス転換する場面も見られたが、最後は再び売りに押された。

Posted by 松    3/27/20 - 13:54   

コーヒー:大幅続落、レアル安嫌気される中で手仕舞い売りが加速
  [場況]

ICE-USコーヒー5月限終値:115.85↓8.80

NYコーヒーは大幅続落。対ドルでのブラジルレアル安の進行などが嫌気される中、週末を控えてポジション整理の売りが加速した。5月限は夜間の時間帯から売りが先行、120セントの節目近辺まで値を切り下げての推移となった。NYに入ると改めて売り圧力が強まり、中盤には118セントを割り込むまでに下げ幅を拡大。その後は売りも一服となったかに見えたが、引けにかけてまとまった売りが出ると、116セントを割り込むまでに値を崩した。

Posted by 松    3/27/20 - 13:52   

砂糖:続落、原油安の進行重石となる中で投機的な売りに押される
  [場況]

ICE-US砂糖5月限終値:11.10↓0.23

NY砂糖は続落。需給面で新たな材料が出た訳ではなかったが、原油安の進行が重石となる中でこれまでの大きな流れを継いだ投機的な売りが相場を主導した。5月限は夜間の取引開始時から売りが先行、11.10セント台まで値を下げたものの、すぐに買い戻しが集まり11.40セント台まで値を回復。朝方にかけてはややプラス圏に入ったあたりでのもみ合いが続いた。その後は改めて売り圧力が強まり、NYに入るとマイナス転落。中盤にはひとまず売りも一服、11.20セント台を中心としたレンジ内でのもみ合いが続いたが、引けにかけては改めて売り圧力が強まり、一時11.10セントを割り込むまで下げ幅を拡大した。

Posted by 松    3/27/20 - 13:25   

米国内で稼動中のリグ(掘削機)は728基と前週から44基減少
  [エネルギー]

北米稼動リグ(掘削機)数
出所:ベーカーヒューズ社

3月27日 前週比 前年比 (%)
米国合計 728 ↓ 44 ↓ 278 ↓27.63%
>陸上油田 710 ↓ 41 ↓ 271 ↓27.62%
>海上 18 ↓ 1 ↓ 5 ↓21.74%
>>メキシコ湾 18 ↓ 1 ↓ 5 ↓21.74%
カナダ 54 ↓ 44 ↓ 34 ↓38.64%
北米合計 782 ↓ 88 ↓ 312 ↓28.52%

続きを読む

Posted by 松    3/27/20 - 13:07   

3月ロイター/ミシガン大消費者指数は89.1に下方修正、予想下回る
  [経済指標]

ロイター/ミシガン大消費者指数
出所:ロイター/ミシガン大学、NY10:00発表

20年3月 3月速報値 20年2月 市場予想
消費者指数修正値 89.1 95.9 101.0 95.7

続きを読む

Posted by 松    3/27/20 - 10:01   

20/21年度南アコーン生産、前年から21%減少見通し・USDA
  [穀物・大豆]

米農務省(USDA)アタシェによると、南アフリカの2020/21年度コーン生産は1264万トンと、前年から20.9%減少の見通しになった。2019/20年度の方策に続いて国内価格が下落し、2020年の作付に影響するとの見方である。作付は230万ヘクタール前後の見通しで、前年比にして11%ダウン。っ平均的な天候になることを前提に、生産がお21%近く減少するという。輸出は80万トンと、前年から63.6%落ち込む見通しとなった。

Posted by 直    3/27/20 - 09:33   

19/20年アルゼンチン大豆収穫、25日時点で4.6%終了・BA取引所
  [穀物・大豆]

アルゼンチンのブエノスアイレス穀物取引所のクロップレポートによると、2019/20年度大豆収穫は25日時点で4.6%終了した。雨にもかかわらず、作業ペースが速まったとコメント。収穫は前年同期を3ポイント上回る。一方、イールドが事前予想に近いか予想以下で、今後の情勢次第では生産見通しを5200万トンから引き下げる可能性があるという。

Posted by 直    3/27/20 - 09:17   

19/20年アルゼンチンコーン収穫、25日時点で15.8%終了・BA取引所
  [穀物・大豆]

アルゼンチンのブエノスアイレス穀物取引所のクロップレポートによると、2019/20年度コーン収穫は25日時点で作付された630万ヘクタールの15.8%終了した。前週から2.2ポイントアップ、前年同期も3ポイント以上上回る。ただ、中部の生産地帯では作業が遅れているとコメント。また、ブエノスアイレス州やサンタフェ州の一部では最近の降雨で農地がぬかるんでおり、作業に支障を期待しているともいう。生産見通しは前年比1.2%減の5000万トンを維持した。

Posted by 直    3/27/20 - 09:16   

2月個人所得は前月から0.56%増加、個人消費支出は0.19%増加
  [経済指標]

個人所得・個人消費支出
出所:米商務省、NY8:30発表、季節調整値、単位:10億ドル

20年2月 前月比 市場予想
個人所得 19095.1 ↑0.56% ↑0.4%
個人消費支出 14908.8 ↑0.19% ↑0.2%
貯蓄率 8.21% ↑0.32
個人消費価格指数(PCE) 110.784 ↑0.09% ↑0.1%
PCEコア 112.917 ↑0.16% ↑0.2%

続きを読む

Posted by 松    3/27/20 - 08:32   

26日のOPECバスケット価格は26.04ドルと前日から0.90ドル下落
  [エネルギー]

OPECバスケット価格
出所:石油輸出国機構(OPEC)、単位:ドル/バレル

日付 バスケット価格 前日比
3/26 (木) 26.04 ↓0.90
3/25 (水) 26.94 ↑0.41
3/24 (火) 26.53 ↑1.81
3/23 (月) 24.72 ↓3.85
3/20 (金) 28.57 ↑1.84

Posted by 松    3/27/20 - 06:13   

3/27(金)の予定
  [カレンダー]

経済指標
・2月個人所得・個人消費支出 (08:30)
・3月ロイター/ミシガン大消費者指数修正値 (10:00)

エネルギー
・北米稼動リグ(掘削機)数 (13:00)

農産物
・ブラジルサンパウロ州アルコール価格指数

・CFTC建玉報告 (15:30)

納会日
・メタル 3月限納会
・天然ガス 4月限納会

Posted by 松    3/27/20 - 06:10   

2020年03月26日(木)

FX:ドル安、米株が大幅高となる中でもドル売り圧力強まる
  [場況]

ドル/円:109.59、ユーロ/ドル:1.1030、ユーロ/円:120.86 (NY17:00)

為替はドル安が進行。米上院で2兆ドルに上す景気対策法案が成立、足元の景気の落ち込みが一時的なものにとどまるとの見方が支えとなる中で米株が大きく値を伸ばしたにも関わらず、ドルには売り圧力が強まった。ドル/円は東京から売りが先行、110円台半ばまで値を切り下げての推移となった。ロンドンに入ると改めて売り圧力が強まり、110円を割り込むまで下げ幅を拡大。NYに入っても軟調な流れが継続、午後には109円台前半まで値を崩す展開となった。

ユーロ/ドルな東京から買いが先行、1.09ドル台を回復してのもみ合いが続いた。ロンドンに入ると改めて買い意欲が強まり、1.09ドル台後半まで上げ幅を拡大。NYに入っても買いの勢いは衰えを見せず、午後には1.10ドル台半ばまで値を伸ばした。ユーロ/円は東京では120円台後半のレンジ内でのもみ合い。午後からは徐々に売り圧力が強まり、ロンドンでは120円台前半まで値を切り下げた。NYに入ると一転して買い意欲が強まり、昼には121円に迫るまで値を回復。午後からは買いも一服となったものの、121円をやや割り込んだあたりの水準をしっかりと維持してのもみ合いが続いた。

Posted by 松    3/26/20 - 17:34   

債券:新型コロナウィルス背景に景気不安高まって買い集まる
  [場況]

債券は上昇。新型コロナウィルスの感染拡大を背景に景気不安が高まっており、買いが集まった。朝方発表された週間失業保険申請件数は328万3000件に急増し、雇用悪化に着目する格好になった。ただ、大型経済対策の成立が予想されていることや、株高で、日中は買いのペースもスローダウンした。

10年債利回りは夜間取引から低下となり、通常取引では失業保険申請件数を受けて0.76%と17日以来の低水準を付けた。しかし、その後は下げ足も鈍り、0.8%台前半に戻した。午後に改めて節目を割り込んでも、長続きし長かった。

Posted by 直    3/26/20 - 17:31   

株式:大幅続伸、大型景気回復法案への期待が改めて買い呼び込む
  [場況]

ダウ工業平均:22,552.17↑1351.62
S&P500:2,630.07↑154.51
NASDAQ:7,797.54↑413.24

NY株式は大幅続伸。2兆ドルに上す景気対策法案が上院で可決されたことが好感される中、投機的な買い戻しがしっかりと相場を押し上げる展開となった。朝方発表された失業保険申請件数が300万件を超えるまでに急増、今後の雇用の悪化に対する懸念が高まったが、ほとんど材料視されることはなかった。ダウ平均は寄り付きから大きく買いが先行、中盤には1000ポイントを超えるまでに上げ幅を拡大した。買い一服後はやや上値が重くなったものの、高値圏はしっかりと維持してのもみ合いが継続。引け間際にまとまった買いが入ると、日中高値を更に更新するまで値を伸ばした。

セクター別では金鉱株が軟調に推移した以外、ほぼすべてのセクターが上昇。中でも銀行株や公益株は大きく値を伸ばしたし、エネルギーや工業株、通信や半導体も大きく上昇した。ダウ銘柄では、ダウ(DOW)が2.30%の下落となった以外、30銘柄中29銘柄が上昇。ボーイング(BA)が13.75%の上昇となったほか、シェブロン(CVX)やウォルグリーン(WBA)も10%を越える上昇を記録。ユナイテッド・ヘルス(UNH)やユナイテッド・テクノロジーズ(UTX)、インテル(INTC)も大きく値を伸ばした。

Posted by 松    3/26/20 - 17:03   

大豆:小幅下落、引き続き買い一服感が上値重くする
  [場況]

CBOT大豆5月限終値:880-1/4↓1-1/4

シカゴ大豆は小幅下落。引き続き買い一服感が上値を重くした。5月限は夜間取引で売りに押されて870セント台前半まで下落した。朝方にいったん売りにブレーキがかかって下げ幅を縮小。通常取引開始後には強気の週間輸出成約高が下支えになって小高くなる場面もあった。しかし、すぐに上値で売り圧力が強まり、870セント台後半に弱含んだ。

Posted by 直    3/26/20 - 16:51   

コーン:ほぼ横ばい、エタノール需要不安の一方輸出データ下支え
  [場況]

CBOTコーン5月限終値:348-3/4↑0-1/4

シカゴコーンはほぼ横ばい。エタノール需要不安がなお強い一方で、週間輸出成約高がしっかりした内容だったことが下支えになった。夜間取引で売りが膨らみ、5月限は下落。通常取引開始には一段安の場面もあったが、その後は徐々に下げ幅を縮めていった。引け近くに買いに弾みが付き、前日の終値水準に持ち直した。

Posted by 直    3/26/20 - 16:46   

小麦:反落、前日に買い進んだ反動で利食い売りに押される展開
  [場況]

CBOT小麦5月限終値:569-0↓11-0

シカゴ小麦は反落。前日に買いが進んだ反動で利食い売りに押される展開となった。夜間取引で売りが先行し、7月限は早々に570セント台前半に下落した。売りが一巡してじりじりと下げ渋り、朝方には強気の週間輸出成約高を手掛かりに買いが入り、前日終値を超える場面もあった。しかし、通常取引で改めて売りが膨らんで急速に値を下げ、570セントを下抜け。取引終盤に560セント台半ばまで下げて売りも一服となった。

Posted by 直    3/26/20 - 16:44   

天然ガス:続落、足元の需要低迷重石となる中で売りが優勢
  [場況]

NYMEX天然ガス5月限終値:1.689↓0.025

NY天然ガスは続落。足元の需要の伸び悩みが引き続き大きな重石となる中、日中を通じて売りに押される軟調な展開が続いた。5月限は夜間取引から売りが優勢、ロンドン時間の朝方にまとまった買いが入り1.70ドル台半ばまで急反発する場面も見られたものの、早々に息切れ。その後も不安定な上下を繰り返しながらも徐々に値を切り下げる展開となり、朝方にはマイナス転落。通常取引開始後も売りの流れは止まらず、中盤には1.60ドル台後半まで下げ幅を拡大。最後まで上値は重いまま取引を終了した。

Posted by 松    3/26/20 - 14:51   

石油製品:反落、原油安嫌気し暖房油中心に売り膨らむ
  [場況]

RBOBガソリン5月限:0.5980↓0.0074
暖房油5月限:1.0505↓0.0490

NY石油製品は反落、原油安の進行が重石となる中、暖房油中心に売り圧力が強まった。相場は夜間取引ではガソリンが前日終値近辺で推移する一方、暖房油には売りが先行。通常取引開始後にはガソリンはプラス転換するまで買い戻されたものの、暖房油は上値の重い展開が継続。午後からは原油が値を崩すにつれて売り圧力が改めて強まり、暖房油もマイナス転落して取引を終了した。

Posted by 松    3/26/20 - 14:51   

原油:反落、需要の落ち込みやサウジの増産が改めて重石
  [場況]

NYMEX原油5月限終値:22.60↓1.89

NY原油は反落。世界的な景気減速に伴う需要の落ち込みやサウジの生産増によって、市場が大幅な供給過剰に陥るとの懸念が改めて材料視される中で大きく売りに押される展開となった。5月限は夜間取引から売りが優勢、朝方にかけて23ドル台後半を中心としたレンジまで値を切り下げての推移となった。通常取引開始後も売りの勢いは衰えず、不安定な上下を繰り返しながらも徐々に値を切り下げていく格好となり、中盤には23ドル台前半まで下げ幅を拡大。米株が大きく上昇する中でも売りの勢いは衰えず、午後には22ドル台半ばまで一気に値を崩した。

Posted by 松    3/26/20 - 14:51   

金:反発、将来的な雇用の悪化が懸念される中で買われる
  [場況]

COMEX金4月限終値:1,651.2↑17.8

NY金は反発。週初にFRBが量的緩和策を無制限に進める意向を示したことが依然として大きな下支えとなる中、しっかりと買いが集まる展開となった。失業保険申請件数が300万件を超える大幅増となり、雇用の急速な悪化に対する懸念が高まったことも下支えとなった。4月限は夜間取引から買いが先行、通常取引開始後は改めて騰勢を強める格好となり、1,670ドル台まで一気に値を伸ばした。その後は買いも一服、中盤には1,640ドル台まで値を切り下げたものの、押し目では買い意欲も強く、しっかりと下げ止まり。引けにかけては改めて買いが集まった。

Posted by 松    3/26/20 - 14:01   

コーヒー:反落、買われ過ぎ感高まる中で手仕舞い売りに押される
  [場況]

ICE-USコーヒー5月限終値:124.65↓5.30

NYコーヒーは反落。ここまでの上昇の勢いもひとまず一服、買われ過ぎ感が高まる中でポジション整理の売りが相場を主導した。5月限は夜間の時間帯から売りが優勢、朝方には127セント台まで値を切り下げての推移となった。NYに入ると再び買い意欲が強まり、中盤には小幅ながらプラス転換する場面も見られたものの、それ以上の動きは見られず。引けにかけては売りが加速、124セント台まで一気に値を崩した。

Posted by 松    3/26/20 - 13:53   

砂糖:反落、リスク回避の売りが改めて相場を主導
  [場況]

ICE-US砂糖5月限終値:11.33↓0.08

NY砂糖は反落。ここまでのポジション整理の買い戻しも一服、COVID-19の感染拡大に対する懸念を背景としたリスク回避の売りが改めて相場を主導する展開となった。5月限は夜間の時間帯は買いが優勢、朝方には11.59セントの高値まで値を伸ばす場面も見られた。NYに入ると一転して売りに押し戻される格好となり、中盤にはマイナス転落。その後も売りの勢いは衰えず、昼過ぎには一時11.20セント台まで下げ幅を拡大した。

Posted by 松    3/26/20 - 13:25   

7年債入札、応札倍率は2.76と前回上回る、最高利回り0.680%
  [金融・経済]

7年債入札
出所:米財務省、単位100万ドル

7年債 応札額 発行額 応札倍率 前回(2/27)
合計 88260.1 32000.2 2.76 2.49
競争入札分 88254.0 31994.1 2.76 2.49
顧客注文比率(外国中銀含む) 62.35% 62.96%
最高落札利回り(配分比率) 0.680% (86.95%) 1.247%

Posted by 松    3/26/20 - 13:05   

米景気後退でもウィルス感染拡大収まれば力強い回復・FRB議長
  [要人発言]

米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長は26日のテレビ番組とのインタビューで、米景気が後退局面にある可能性を認識した。ただ、新型コロナウィルスの感染拡大に伴いビジネスの閉鎖や外出禁止など経済活動の停止を余儀なくされている状況にあることを指摘し、通常の景気減速とは違うと強調。2月まで景気が良好だったことも取り上げ、感染拡大が収まれば、力強い回復になると予想した。感染拡大の抑制がまず優先であるという。

また、景気がしっかりと回復するためにも低金利政策、大規模な資金供給を行っていると述べた。当局に対応手段が尽きることはないとコメント。追加策を検討する意向も示した。

FRB議長がテレビ番組に出演するは極めて珍しく、パウエル議長はFRBの政策が景気回復に重要と述べた。

Posted by 直    3/26/20 - 12:30   

20/21年南アコーン期末在庫見通し小幅上方修正、前年比28.6%増
  [穀物・大豆]

南アフリカの穀物・油種需給推定委員会は月次需給報告で、国内の2020/21年度(5-4月)コーン期末在庫が139万1993トンと、前年から28.6%増加すると見通した。前回報告で発表した初回予想の138万9803トンから小幅上方修正。飼料用のイエローコーン見通しを58万4878トンから57万9928トン、食用となるホワイトコーンは80万4925トンから81万2065トンにそれぞれ修正。前年比にしてイエローが34.4%増加、ホワイトが24.4%の増加になる。

委員会はこのほか、2019/20年度(10-9月)小麦期末在庫見通しを45万4554トンから42万2754トンに若干引き下げた。前年との比較で35.1%減少。

Posted by 直    3/26/20 - 11:26   

20/21年度世界小麦生産、前年から0.7%増加見通し・IGC
  [穀物・大豆]

国際穀物理事会(IGC)は3月26日付けの世界穀物需給報告で、世界の2020/21年度小麦生産が7億6800万トンと、前年の7億6300万トンから0.7%増加するとの見通しを発表した。消費は前年比0.9%増の7億6000万トンと予想。

2020/21年度貿易は1億8000万トンと見通す。前年との比較にして2.3%の増加。期末在庫は前年の2億7500万トンから2億8300万トンに膨らむ見通しを示した。

Posted by 直    3/26/20 - 10:59   

20/21年度世界コーン生産、前年から3.7%増加見通し・IGC
  [穀物・大豆]

国際穀物理事会(IGC)は3月26日付けの世界穀物需給の月次報告で、2020/21年度コーン生産が11億5700万トンと、前年から3.7%増加する見通しを発表した。なお2019/20年度の推定は11億1200万トンから11億1600万トンに上方修正。

2020/21年度消費は11億7300万トンの予想で、前年からは2%増加する。貿易は前年比1.2%増の1億7000万トンの見通し。期末在庫に関すると、2019/20年度を2億8400万トンから2億8900万トンに引き上げたが、前年比にすると10.%縮小。一方、2020/21年度には2億7400万トンに膨らむと見通しを示した。

Posted by 直    3/26/20 - 10:58   

20/21年世界大豆生産、前年から7.3%増加見通し・IGC
  [穀物・大豆]

国際穀物理事会(IGC)は3月26日付けの世界穀物需給報告で、2020/21年度の大豆生産が3億6600万トンと、前年の3億4100万トンから7.3%増加するとの見通しを発表した。なお、前年の生産んは前月時点での3億4500万トンから小幅下方修正しした。

2020/21年度消費予想は前年比2.0%増の3億6600万トンとした。貿易を1億5700万トンとみており、前年との比較で2.6%の増加。期末在庫は4000万トンの見通しとした。前年の3800万トン(修正値)から積み増しに転じる見方である。

Posted by 直    3/26/20 - 10:58   

天然ガス在庫は290億立方フィートの取り崩し、予想やや上回る
  [エネルギー]

天然ガス在庫統計
出所:米エネルギー省情報局(EIA)、NY10:30発表、単位10億立方フィート

天然ガス在庫 3月20日 前週比 市場予想 前年比 過去5年平均比
全米(48州) 2005 ↓ 29 ↓ 27 ↑ 81.12% ↑ 18.14%

続きを読む

Posted by 松    3/26/20 - 10:31   

ロシアの金及び外貨準備高は前週から298億ドル減少
  [メタル]

ロシア中銀が26日に発表した週次データによると、同国の金及び外貨準備高は3月20日時点で5,512億ドルと、前週から298億ドル減少した。昨年末時点の5,544億ドルからは、32億ドルの減少となる。

Posted by 松    3/26/20 - 09:47   

輸出成約高:小麦、コーン、大豆ともに前週から増加
  [穀物・大豆]

USDA輸出成約高
出所:米農務省、NY8:30発表、単位1,000トン

3/19/20 今年度 次年度 合計 前週比 市場予想
小麦 740.0 366.4 1106.4 ↑129.5% 240.0 〜650.0
コーン 1814.3 82.9 1897.2 ↑97.5% 900.0 〜1900.0
大豆 904.3 0.5 904.8 ↑29.0% 400.0 〜900.0
大豆ミール 251.2 16.0 267.2 ↑107.0% 100.0 〜350.0
大豆油 55.9 0.0 55.9 ↑167.5% 8.0 〜30.0

Posted by 松    3/26/20 - 09:20   

2月貿易収支(モノ)速報値は598.9憶ドルの赤字に縮小
  [経済指標]

貿易収支(モノ-Goods)速報値
出所:米商務省、NY8:30発表、季節調整値、単位100万ドル、▲赤字

20年2月 前月比 20年1月
貿易収支 (Goods-Census Basis) ▲59885 ↓9.12% ▲65897
輸出 136546 ↑0.50% 135861
輸入 196431 ↓2.64% 201759

続きを読む

Posted by 松    3/26/20 - 08:57   

10-12月期GDP確定値前期比2.13%増に小幅上方修正、予想と一致
  [経済指標]

実質国内総生産(GDP)確定値
出所:米商務省、NY8:30発表、季節調整値、年率、単位10億ドル

19年4Q 改定値 速報値 19年3Q 市場予想
実質国内総生産 ↑2.13% ↑2.10% ↑2.08% ↑2.10% ↑2.1%
個人消費 ↑1.83% ↑1.73% ↑1.77% ↑3.15%
国内投資 ↓6.04% ↓6.02% ↓6.09% ↓0.99%
物価指標
>GDPデフレーター ↑1.27% ↑1.26% ↑1.42% ↑1.82% ↑1.3%
>個人消費支出(PCE) ↑1.36% ↑1.31% ↑1.55% ↑1.49% NA
>>コア ↑1.28% ↑0.86% ↑1.32% ↑2.11%

続きを読む

Posted by 松    3/26/20 - 08:46   

10-12月期企業収益は前期比3.93%の増加
  [経済指標]

企業収益
出所:米商務省、NY8:30発表、季節調整値、単位10億ドル

19年4Q 前期比 19年3Q
企業収益(在庫・資本磨耗分調整前) 2126.5 ↑3.93% ↓1.87%
>税引後収益 1903.8 ↑3.66% ↓1.24%
ネット・キャッシュフロー 2489.3 ↑1.85% ↑1.66%

続きを読む

Posted by 松    3/26/20 - 08:44   

失業保険新規申請件数は328.3万件に急増、COVID-19の影響で
  [経済指標]

失業保険新規申請件数
出所:米労働省、NY8:30発表、季節調整値、単位1,000件

3月21日 前週比 3月14日 市場予想
新規申請件数 3283.00 ↑ 3001.00 282.00 525.00
4週平均 998.25 ↑ 765.75 232.50 -
継続受給件数 1803.00 NA

続きを読む

Posted by 松    3/26/20 - 08:32   

25日のOPECバスケット価格は26.94ドルと前日から0.41ドル上昇
  [エネルギー]

OPECバスケット価格
出所:石油輸出国機構(OPEC)、単位:ドル/バレル

日付 バスケット価格 前日比
3/25 (水) 26.94 ↑0.41
3/24 (火) 26.53 ↑1.81
3/23 (月) 24.72 ↓3.85
3/20 (金) 28.57 ↑1.84
3/19 (木) 26.73 ↓0.58

Posted by 松    3/26/20 - 06:07   

3/26(木)の予定
  [カレンダー]

経済指標
・失業保険新規申請件数 (08:30)
・10-12月期企業収益 (08:30)
・10-12月期GDP確定値 (08:30)
・2月貿易収支(モノ-Goods)速報値 (08:30)
・7年債入札 (13:00)

エネルギー
・EIA天然ガス在庫統計 (10:30)

農産物
・USDA輸出成約高 (08:30)

納会日
・メタル 4月限OP 納会
・石油製品・天然ガス 4月限OP 納会

Posted by 松    3/26/20 - 06:04   

2020年03月25日(水)

FX:ドル安、買われ過ぎ感高まる中ポジション調整のドル売り優勢
  [場況]

ドル/円:111.20、ユーロ/ドル:1.0881、ユーロ/円:121.00 (NY17:00)

為替はドル安が進行。ここまでの上昇でドルに買われ過ぎ感が高まる中、ポジション調整の売りが全体を主導した。米株の上昇も下支えとはならなかった。ドル/円は東京朝には111円を割り込むまで売りに押される場面も見られたが、その後買いが集まり111円台半ばまで値を回復。ロンドンでは再び売りが優勢となり、111円台前半まで値を下げた。NYに入ると改めて騰勢を強める格好となり、111円台後半まで値を伸ばしたものの、昼からは一転して売りに押し戻される展開、111円台前半での推移となった。

ユーロ/ドルは東京から買いが優勢、朝方には1.07ドル台後半での推移だったが、その後徐々に買いが集まり、ロンドンでは1.08ドル台前半まで値を切り上げた。NYに入ると再び売りが優勢となり、1.08ドル割れを試すまでに値を下げたが、昼からは一転して買い一色の展開となり、午後遅くには1.09ドル台をうかがうまでに値を伸ばした。ユーロ/円は東京から買いが優勢、ロンドンでは120円台後半まで値を伸ばした。NYに入ると一旦は120円台前半まで値を下げたものの、中盤以降はしっかりと買いが集まる展開となり、121円台前半まで上げ幅を拡大した。

Posted by 松    3/25/20 - 17:49   

債券:ほぼ変わらず、国債増発シナリオ重石も売り一巡後は様子見
  [場況]

債券はほぼ変わらず。ホワイトハウスと上院民主党が2兆ドル相当の経済対策を合意し。国債発行の増加かシナリオが重石となったが、売り一巡後には様子見の空気が強まった。夜間取引から通常取引の速い段階では買いが集まり、10年債利回りは低下。買い一巡後に売りが膨らみ、午後には上昇が進んだ。しかし、取引終盤には前日の水準近くでもみ合った。

Posted by 直    3/25/20 - 17:46   

ブラジルコーヒー輸出:25日現在163.37万袋と前月を35.3%上回る
  [コーヒー]

ブラジルコーヒー生豆輸出
出所:ブラジルコーヒー生豆輸出協会(CECAFE)、単位1,000袋(60kg)

3月25日 3月累計 前月(2/26) 前月比
輸出合計 173.805 1633.668 1207.199 ↑35.3%
>アラビカ種 170.611 1510.842 1062.493 ↑42.2%
>ロブスタ種 0.000 41.073 49.290 ↓16.7%
>インスタント 3.194 81.753 95.416 ↓14.3%

Posted by 松    3/25/20 - 17:08   

株式:ダウ平均とS&P500続伸の一方、ナスダックは反落
  [場況]

ダウ工業平均:21,200.55↑495.64
S&P500:2,475.56↑28.23
NASDAQ:7,384.30↓33.56

NY株式はダウ工業平均とS&P500種が続伸となる一方、ナスダック総合指数は反落。トランプ政権と上院が2兆ドルに上る景気支援策で基本合意に達したことなどを好感、前日の流れを継いだ買いが先行した。ダウ平均は寄り付きから買いが先行、その後売りに押し戻されマイナス転落する場面も見られたものの、押し目では積極的に買いが集まり、早々に値を回復。午後にかけてしっかりと騰勢を強める格好となり、一時1,300ポイントを越える上昇となった。その後は買いも一服、しばらく高値圏でのもみ合いが続いたあと、最後はまとまった売りが出て上げ幅を縮小した。

セクター別では、工業株やエネルギーが大きく値を伸ばしたほか、金鉱株や公益株もしっかりと上昇。一方でコンピューター関連や半導体は下落、通信も値を下げた。ダウ銘柄では、ボーイング(BA)が24.32%の急伸となったほか、ユナイテッド・テクノロジーズ(UTXも10.9%の上昇。ナイキ(NKE)やアメリカンエクスプレス(AXP)も大きく値を伸ばした。

Posted by 松    3/25/20 - 17:04   

大豆:反落、このところ買い続いた反動で売りの展開
  [場況]

CBOT大豆5月限終値:881-1/2↓5-1/4

シカゴ大豆は反落。このところ買いが続いた反動で売りの展開になった。夜間取引ではまず買いが先行、5月限は890セント台に上昇した。しかし、897-0せと6日以来の高値を更新して買いも一服、じりじりと値を消した。通常取引ではまず前日の終値前後でもみ合い、その後売りに押されて880せ台前半に下落となった。

Posted by 直    3/25/20 - 17:04   

コーン:小幅上昇、小麦上昇や仕向け先不明の輸出成約報告下支え
  [場況]

CBOTコーン5月限終値:348-1/2↑1-1/4

シカゴコーンは小幅上昇。小麦の上昇やUSDAが仕向け先不明で輸出成約報告を受けたのが下支えになった。5月限は夜間取引で350セント台前半に上昇してから、朝方にペースも鈍り始め、340セント台後半に伸び悩んだ。通常取引では350セントを挟んで上下に振れる展開。引け近くに一気に前日終値を割り込む場面があったが、最後は小じっかりと引けた。

Posted by 直    3/25/20 - 17:00   

小麦:上昇、改めてパンや麺類の需要に着目し買いに拍車掛かる
  [場況]

CBOT小麦5月限終値:580-0↑18-1/2

シカゴ小麦は上昇。改めてパンや麺類などの需要に着目し、買いに拍車が掛かった。夜間取引で売りに押される場面があったが、長続きせず、5月限は下げから持ち直した。じりじりと値を伸ばして、朝方に560セント台後半に上昇。通常取引開始後には買いのピッチが速まってほぼ一本調子で上がり、取引終盤に583-1/4セントと1月22日以来の高値を付けた。その後は高値圏でもみ合いながら引けた。

Posted by 直    3/25/20 - 16:57   

天然ガス:小幅続伸、原油や株の上昇につれ買い戻し集まる
  [場況]

NYMEX天然ガス4月限終値:1.659↑0.006

NY天然ガスは小幅続伸。需給面で新たな材料が出たわけではなかったが、原油や株の上昇につれる形で投機的な買い戻しが集まった。4月限は夜間取引から買いが先行、早々に1.70ドル台前半まで値を伸ばす場面も見られた。早朝にかけては一転して売りに押し戻される格好となり、あっさりとマイナス転落。通常取引開始後も売りの勢いは衰えず、1.64ドル台まで下げ幅を拡大した。中盤以降は売りも一服、午後からは値動きも落ち着き、ややプラス圏に入ったあたりを中心としたレンジ内でのもみ合いが続いた。

Posted by 松    3/25/20 - 14:53   

石油製品:続伸、株や原油の上昇好感しガソリン中心に買い集まる
  [場況]

RBOBガソリン4月限:0.5468↑0.1031
暖房油4月限:1.0978↑0.0175

NY石油製品は続伸、株や原油の上昇を好感する形で、ガソリンを中心にポジション整理の買い戻しが集まった。相場は夜間取引から買いが優勢、早朝にかけては売りに押され、ガソリンはマイナス転落する場面も見られたが、通常取引開始後は改めて騰勢を強める格好となり、しっかりと値を回復。中盤以降買いの勢いは衰えず、大きく値を伸ばして取引を終了した。

Posted by 松    3/25/20 - 14:53   

原油:続伸、米政府の大型景気対策好感し米株の上昇につれ高
  [場況]

NYMEX原油5月限終値:24.49↑0.48

NY原油は続伸。米上院で総額2兆ドルに及ぶ大型景気対策が合意に至ったことが好感される中、米株の上昇につれてポジション整理の買い戻しが集まった。5月限は夜間取引から買いが先行、25ドル台まで値を回復してのもみあいが続いた。早朝にかけては一転して売りに押される展開となり、23ドル台半ばまで反落。通常取引開始後には改めて売り圧力が強まり、23ドルを割り込むまでに値を崩した。在庫統計発表後は一転して買い意欲が強まり、午後には25ドルに迫るまで一気に値を回復。最後はやや上値が重くなった。

Posted by 松    3/25/20 - 14:52   

天然ガス在庫は270億立方フィートの取り崩し予想
  [エネルギー]

天然ガス在庫統計市場予想
26日 NY10:30発表、単位10億立方フィート、ダウジョーンズ社集計

予想平均 予想レンジ
天然ガス在庫 ↓ 27.0 ↓ 33.0 〜 ↓ 20.0
>前週 ↓ 9.0
>前年 ↓ 36.0
>過去5年平均 ↓ 31.2

Posted by 松    3/25/20 - 14:20   

金:反落、前日までの急伸の反動からポジション整理の売り膨らむ
  [場況]

COMEX金4月限終値:1,633.4↓27.4

NY金は反落。前日までの急伸で短期的に買われ過ぎ感が強まる中、ポジション整理の売りに押される展開となった。4月限は夜間の時間帯から買いが先行、早々に1,700ドルの節目をうかがう水準まで値を伸ばした。その後は買いも一服、朝方にかけてじりじりと売りに押し戻される格好となり、1,630ドル近辺まで反落。通常取引開始後には一旦1,650ドル台まで値を戻したものの、売りの勢いは衰えず、中盤以降は再び上値が重くなった。

Posted by 松    3/25/20 - 13:59   

コーヒー:続伸、材料難の中ながら投機的な買い戻しが加速
  [コーヒー]

ICE-USコーヒー5月限終値:129.95↑4.35

NYコーヒーは続伸。需給面で新たな材料が出たわけではなかったが、これまでの流れを継いだポジション整理の買い戻しがしっかりと相場を押し上げる展開となった。5月限は夜間の時間帯は売りが優勢、早朝には122セント台まで値を切り下げる場面も見られた。その後は売りも一服、NYに入るとしっかりと買いが集まる格好となり、早々にプラス圏を回復。中盤にかけては前日終値近辺で方向感なくもみ合う展開が続いたが、昼からは改めて買いが加速、130セントの節目に迫るまで一気に値を伸ばした。

Posted by 松    3/25/20 - 13:56   

砂糖:続伸、材料難の中でポジション整理の買い戻しが相場を主導
  [場況]

ICE-US砂糖5月限終値:11.41↑0.14

NY砂糖は続伸。需給面で特に新たな買い材料が出たわけではなかったが、これまでの流れを継いだポジション整理の買い戻しが相場を主導した。5月限は夜間の取引開始時から買いが先行、走行には11.68セントの日中高値まで一気に値を伸ばす展開となった。買い一巡後は11.40セント台まで値を切り下げての推移。NYに入ると改めて売りに押される格好となり、昼には11.30セント台まで下げ幅を拡大したが 、プラス圏はしっかりと維持したまま取引を終了した。

Posted by 松    3/25/20 - 13:18   

5年債入札、応札倍率は2.53と前回上回る、最高利回り0.535%
  [金融・経済]

5年債入札
出所:米財務省、単位100万ドル

5年債入札 応札額 発行額 応札倍率 前回(2/26)
合計 103750.4 41000.0 2.53 2.46
競争入札分 103737.3 40986.9 2.53 2.46
顧客注文比率(外国中銀含む) 52.06% 61.54%
最高落札利回り(配分比率) 0.535% (6.14%) 1.150%

Posted by 松    3/25/20 - 13:06   

2年変動金利債(FRN)入札リ・オープン、応札倍率は2.91
  [金融・経済]

2年変動金利債(FRN)入札
出所:米財務省、単位100万ドル (Re-Opening)

2年変動金利債(FRN) 応札額 発行額 応札倍率 前回(2/26)
合計 52376.5 18000.1 2.91 2.49
競争入札分 40715.0 17995.6 2.26 2.26
顧客注文比率(外国中銀含む) 62.32% 28.57%
最高割引マージン(配分比率) 0.220% (74.97%) 0.160%

Posted by 松    3/25/20 - 11:48   

19/20年ブラジル中南部砂糖きび圧搾、3月前半は前年比88.01%増
  [砂糖]

ブラジル砂糖きび生産者協会(Unica)が発表した国内中南部の2019/20年度(4-3月)砂糖きび収穫報告によると、3月前半の圧搾高は299万2000トンと前年同期から88.01%増加した。昨年10月以来のプラス転換となった。2019/20年度の圧搾高は3月16日時点で5億8292万2000トン、前年同期を2.98%上回った。

3月前半の砂糖生産は4万1000トンで、前年同期の4.5倍に膨らんだ。エタノールの生産は2憶4400万リットルになり、71.79%の増加。2019/20年度の砂糖生産は16日時点で前年比0.61%増の2653万2000トン。エタノールは327億9900万リットルと、前年から7.29%増加した。

3月16日時点の砂糖きび1トンあたりの糖分含有量(ATR)は138.94キログラムと、前年同期の138.36キログラムから増加した。砂糖生産には34.38%の砂糖きびがあてられており、前年同期の35.34%から低下した。エタノール生産向けは、64.66%から65.62%に上昇した。

Posted by 直    3/25/20 - 11:35   

EIA在庫:原油は162.3万バレルの積み増し、予想は下回る
  [エネルギー]

EIA石油在庫統計
出所:米エネルギー省情報局(EIA)、NY10:30発表、単位1,000バレル

3月20日現在 前週比 市場予想 API発表(前日)
原油在庫 455360 ↑ 1623 ↑ 3330 ↓ 1247
ガソリン在庫 239282 ↓ 1537 ↓ 950 ↓ 2622
留出油在庫 124442 ↓ 678 ↓ 1550 ↓ 1901
製油所稼働率 87.29% ↑ 0.93 ↓ 0.27 -
原油輸入 6117 ↓ 422 - -

続きを読む

Posted by 松    3/25/20 - 10:37   

2020年南アコーン生産見通し上方修正、前年比31.4%増加・CEC
  [穀物・大豆]

南アフリカの穀物推定委員会(CEC)は、2020年のコーン生産見通しを1480万9350トンと、前月に発表した初回予想の1456万160トンから引き上げた。前年比にして31.4%の増加。食用となるホワイトコーンを828万6825トンから852万3465トン、主に飼料用のイエローコーンを627万3335トンから628万5885トンにそれぞれ上方修正。ホワイトは前年との比較で53.7%増加、イエローが9.7%の増加になる。

作付推定は前年比13.5%増の261万800ヘクタールで、前月時点での259万9800ヘクタールから修正した。ホワイトコーンを159万6900へクタールから161万6300へクタールに小幅の上方修正、前年からは24.%増加する。一方、イエローコーンは100万3500ヘクタールから99万4500へクタールに僅かに下方修正し、前年と比べて0.8%減少の見方にシフトとなった。

Posted by 直    3/25/20 - 09:59   

仕向け先不明で13.8万トンのコーン輸出成約報告・USDA
  [穀物・大豆]

米農務省(USDA)は25日、民間業者から仕向け先不明で13万8000トンの2019/20年度産コーン輸出成約報告を受けたことを発表した。USDAは輸出業者に対し、10万トン以上の成約について翌日までの報告を義務付けている。

Posted by 直    3/25/20 - 09:05   

韓国向けで2万トンの大豆油輸出成約報告・USDA
  [穀物・大豆]

米農務省(USDA)は25日、民間業者から韓国向けで2万トンの2019/20年度産大豆油輸出成約報告を受けたことを発表した。USDAは輸出業者に対し、10万トン以上の成約(大豆油は2万トン)について翌日までの報告を義務付けている。

Posted by 直    3/25/20 - 09:04   

1月米連邦住宅金融庁(FHFA)住宅価格指数は前月から0.33%上昇
  [経済指標]

米連邦住宅金融庁(FHFA)住宅価格指数
出所:米連邦住宅金融庁(FHFA)、 NY9:00発表、1991年=100

月ベース 20年1月 前月比 前年比 19年12月 修正前
全米 284.40 ↑0.33% ↑5.20% ↑0.72% ↑0.61%

続きを読む

Posted by 松    3/25/20 - 09:03   

2月耐久財受注は前月から1.16%増加、予想は大幅減少
  [経済指標]

耐久財受注
出所:米国勢調査局、NY8:30発表、季節調整値、単位100万ドル

20年2月 前月比 20年1月 市場予想
耐久財受注 249409 ↑1.16% ↑0.07% ↓1.4%
>運輸除く(ex-Trans) 162455 ↓0.58% ↑0.58% ↓0.2%
>防衛除く(ex-Defence) 232214 ↑0.08% ↑3.64%

続きを読む

Posted by 松    3/25/20 - 08:31   

3月1日時点のウクライナ穀物在庫、前年295万トン下回る
  [穀物・大豆]

ウクライナ統計局によると、3月1日時点の国内穀物在庫は1788万2000トンになった。前年同期を294万6000トン下回る。このうち小麦が470万6000トン、コーンは1067万トン。ウクライナの2019年穀物生産は7400万トンと過去最高を記録した。

Posted by 直    3/25/20 - 08:22   

MBA住宅ローン申請指数は前週から29.36%低下

住宅ローン申請指数
出所:米モーゲージ・バンカーズ協会(MBA)、NY7:00発表、季節調整値

3月20日 前週比 前年比 3月13日
総合指数 758.4 ↓29.36% ↑78.62% ↓8.40%
新規購入指数 237.4 ↓14.64% ↓11.25% ↓0.93%
借り換え指数 3809.3 ↓33.76% ↑195.41% ↓10.41%

Posted by 松    3/25/20 - 07:01   

24日のOPECバスケット価格は26.53ドルと前日から1.81ドル上昇
  [エネルギー]

OPECバスケット価格
出所:石油輸出国機構(OPEC)、単位:ドル/バレル

日付 バスケット価格 前日比
3/24 (火) 26.53 ↑1.81
3/23 (月) 24.72 ↓3.85
3/20 (金) 28.57 ↑1.84
3/19 (木) 26.73 ↓0.58
3/18 (水) 27.31 ↓3.05

Posted by 松    3/25/20 - 05:48   

3/25(水)の予定
  [カレンダー]

経済指標
・住宅ローン申請指数 (07:00)
・2月耐久財受注(速報値) (08:30)
・1月米連邦住宅金融庁(FHFA)住宅価格指数 (09:00)
・2年変動金利債(FRN)入札 (Re-Opening) (11:30)
・5年債入札 (13:00)

エネルギー
・EIA石油在庫統計 (10:30)

Posted by 松    3/25/20 - 05:46   

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

新著




当ウェブサイト上で提供している内容は、信頼に値すると判断した情報を基に作成されていますが、
あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。
投資の決断は、投資家自身の判断に基いて下してください。
先物取引はリスクの高い取引であり、多大な損失をもたらす場合があります。
投資を行う前には 十分な考慮が必要です。

Copyright © 2020-2025   Yosoukai Global Investors, Inc.,  All rights reserved
無断転載、引用は固くお断りします

会社概要サービス広告掲載 プライバシーポリシーお問い合わせ